123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-12 (Sat)
今年の秋・冬航空券はサーチャージがないからかとってもお買い得。
予定は決まっているので、早いうちにチケット探しを始めた我家。
午前中仕事をして午後に出発&乗り継ぎは1回を条件で探していたので、ヒットしたのはエ○○ーツのみ。
価格は、他の超割安チケットよりも若干高かったけど、でも30キロの機内預かり荷物が保証されているのでエ○○ーツに決定!

と、ここまでは順調、と言うか普通に流れていました。

8月半ばに旅行会社から電話で、「そろそろ発券をしないと予約がキャンセルされちゃうので決めてください!」とのこと。

もう、どう考えても変わることはありえなかったので、OKを出そうとしたところ、値段が変わってる!!!
旅行会社「おかしいわね。同じクラスで予約に一切手を入れてなかったのに、なんで変わってるのかしら?エ○○ーツに確認するわ」

しばらくして
「本国で値段変更が決定したそうで、航空会社は発券していない限り、自由に値段を変えられるとか言ってるの。どうする?まだ同じクラスで空があるから、再度予約を入れて発券期限を先送りすることができるけど、また値段を上げるなんてことがあるかもしれないわ」

*****************************************************
後日旅行会社と話したときに分かったのですが、最近はいろんな航空会社でいきなり値段が変わるという事態がちょくちょく起こっているらしいのです。発券していなければ航空会社は自由に値段を変えれるということで。。。その値段が気に入らなければ発券しなくていいとなんとも上から目線。せめて、今日発券しないと明日から値段が変わるという一報があってもいいのに。。。
******************************************************


他の航空会社にするという選択もあったけど、そうなると時間を無駄にしてしまうし…
二人で200ユーロ変わるけど、でも貴重な里帰りの時間には変えられない。ということで、ちょっと腑に落ちないけど発券決定。

が、まだここで終らない。。。

>> ReadMore
| Viaggio - 旅行 | COM(18) | TB(0) |
2009-09-09 (Wed)
先日、まだまだ真夏日だった週末、山に行ってきました。
いつものお気に入りの宿、Val Bioisは廃業してしまったとのことで、行き先に悩む…
週末なので、あまり遠くなくって、でも涼しいところ…

と言うことで、ダーリンが5歳くらいの時に滞在したというCROCE D'AUNEに決定。
なんでも、ヴェネツィアから直行バスが通っているところだったので、当時はヴェネツィア人たちで賑わっていたらしい。
今はすっかり廃れてしまっているけど(汗)
ホテルも、私たちが泊まったところ(ダーリンが5歳の時に泊まったところ!!!)以外は、全部廃業しているし。。。

と、ホテルに行く前にまずは近くの町、FELTREを散策。

feltre5.jpg

なだらかな坂道をテクテク歩くのですが、途中の建物がとても絵になります。

feltre.jpg
feltre2_convert_20090904212736.jpg
feltre3_convert_20090904213155.jpg

全く観光情報が分からない私たち。本当に、ただ、歩くだけ(笑)
観光マップを得たときには既に、アペリティブモードに入っていた私たち。
また引き返して観光しなおすなんてことは毛頭なし。
それよりもどのエノテカにする?と言うことで頭が一杯(笑)

よさげなレストランもチョコチョコ見かけたし、なんだか雑貨屋さんが目についた街。
どのお店にも入りたかったけど、今のキッチンでは置き場がない(涙)
だったら、雑貨屋さんに入って、欲しいけど買えないという欲求不満になるよりは、ウィンドーショッピングもすることなく、家を変えたら新たに来るぞと誓ったのでした(笑)

一杯引っ掛けてフェルトレを後にし、目的のクローチェダウネへ。
何の変哲もないこじんまりした山ですが、気温がぐっと下がったのがありがたい。


croce daune1


が、翌日は一日中大雨で結局ホテルでずっと寝てました。。。
ま、目的は睡眠不足解消だったから、達成できたんだけどね。

チェックアウトの日もやっぱり悪天候。
雲がかなり低い位置まで降りて来てるし。。。
と言うことで、さっさと退散したのでした。。。

croce daune2

あまり特筆することはない山だったけど、週末旅行には合格の場所。(なんてたって、ホテルとレストランが安い!)我家の定宿になりそうです。
| Viaggio - 旅行 | COM(4) | TB(0) |
2009-08-05 (Wed)
ようやく旅の締めくくりのロードス島です。

初日はちょっと足を延ばして、旧市街からバスで15分くらいのKallitheaテルメに行ってきました。


rodi-symi27.jpg


rodi-symi30.jpg


温泉といっても、水源は深く掘った温泉水ではなく、岩からの湧き水とのこと。
騎士団がこの島にいたときから、このカリテア・テルメは有名で周辺の島々はもちろん、小アジアやアナトリア(黒海と地中海の間)からも来客があったそうです。
温泉は、オーソドックス、イスラム教徒、ユダヤ教徒の集いの場でもあったそうです。今となってはありえないことかも。

rodi-symi28.jpg

↑の写真、さらに下に下りていくとそこは海水浴場。温泉をチラッと見学して、そのあとは海に入ったりお昼寝したり(ってどんだけ寝るんだって?


そして、最終日、飛行機が出るまで、旧市街を散策。

rodi-symi33.jpg

旧市街はロードス島騎士団によって作られた石畳の町。
なんとも風情があります。

旧市街はぐるっと城壁で囲まれていて、車は通行禁止。

rodi-symi35.jpg

rodi-symi37.jpg



トルコの統治下にあった時代もあるので、モスクなんかもあります。

rodi-symi34.jpg

旧市街には、博物館もあるし、お店もたくさん。
オリーブでできたハンドクリーム、シミ島で買おうか迷っていたんだけど、ロードス島だと同じものが安く売られていたので、早速お土産用にゲット。その他にもサンダルを買ったり、しっかり観光客していました。

今回は、とてもすてきな旅の友ができ、本当に楽しい充実したバカンスとなりました。
いっぱい食べて、笑って、泳いで、スーパーリラックス。
次はどこに行こうかな、なんて今から既に夢を見ています。と、その前に働かねば。。。
| Viaggio - 旅行 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-01 (Sat)
まだまだ続く旅行記、もう少しお付き合いくださいね。

シミ島一周ツアーにも参加しました。

rodi-symi17.jpg

rodi-symi14.jpg

シミの港から出発して、ぐるっと反時計回りに島を一周するツアー。
途中、こんな洞窟の前に止まって、一泳ぎ。
ただ、ここって船を岸につけることができないので、船から飛び込んだりはしごを使って海に入ります。もちろん、足なんてつかない。
泳げるけど、足のつかないところでは泳げない私。
悩んだけど、船酔いするよりは…ということで、海に入りました。
が、ダーリンは途中足がつったりしたら怖いから、ということで、見学です(笑)

rodi-symi15.jpg

続いてのポイントは、PANORMITISの修道院。
こじんまりしていて、でも、開放感もあって、どこを撮っても絵になります。

rodi-symi18.jpg

rodi-symi19.jpg

rodi-symi21.jpg

rodi-symi20.jpg

ガイドブックも何もない私たちですので、修道院であることしか何も分かっていませんので、この修道院に関しての説明はなしです(爆)
ちなみに出るときに、
「修道院と言えば、おいしいビールとか作ってないのかなぁ」と、飲兵衛ダーリンが言ってました(笑)

そんな私たちのためか、船に戻るとギリシャの食前酒ウゾとシミ島のエビさんがスタンバイしていました(笑)

rodi-symi16.jpg

修道院を出たあとは、別のビーチにいって、そこでバーベキュー。ギリシャ料理前菜もたくさんあって、なかなか食べ応えのあるランチを頂きました。
そして、また移動して、最後はこれまた船でしかいけないビーチで海水浴。
おなか一杯になったせいか、写真はなし(笑)
とにかく、このツアーお勧めです!

きれいな夕日を見て、シミ島の最後の夜を迎えたのでした。。。


rodi-symi26.jpg

おまけ:
ロバさん御一行様

rodi-symi22.jpg
| Viaggio - 旅行 | COM(8) | TB(0) |
2009-07-29 (Wed)
ツーリストに案内されているビーチは7つほど。
私たちは、そのうちの3つのビーチに行きました。

symi-beach.jpg

まず、初日と4日目に行ったビーチ。
上の地図の黄色のポイント、Agios Nikolas

rodi-symi42.jpg


砂浜と石が混じったようなビーチで、ちょうどいい感じの広さ。
一番気に入ったビーチかも。
ダーリンたちもここが一番のお気に入り。
ここにあるバールのお姉ちゃんが、超かわいかったから(爆)


ピンク色で示したところは、Nanou Bay
ここは船でしか来れないビーチ。
ヤギで有名だと聞いていたけど、まさにその通り。
あまりの暑さにヤギも日陰に避難

rodi-symi8.jpg

ここで、ダーリン一言

Sopra la panca la capra campa
Sotto la panca la capra crepa


イタリア語の早口言葉で、その意味は:
「ベンチの上では、ヤギは生き延びる。
ベンチの下では、ヤギは死ぬ」。。。

思いっきり下なんですが(苦笑)


途中、ビーチでくつろいでいるところに来たり、レストランでは、まるでディズニーランドのキャラクターのように、テーブルサービスもしてくれたり。
その横で、ヤギ肉を食べるダーリン(汗)

rodi-symi11.jpg
rodi-symi12.jpg

最終日に行ったのは、赤色のNos beach。

rodi-symi43.jpg


ここは、ビーチも狭いし、町から近いのもあって、人が一杯。
無茶苦茶うるさいイタリア人親子が近くにいたせいで、お昼寝・スヤスヤタイムがイライラタイムに代わってしまったし(怒)
でも、レストランはグッドでした(笑)

どのビーチでも共通して言えたのは、水の透明度はもちろんだけど、水の冷たさ…
胸まで浸かるのに、かなり勇気と時間が要ります(笑)入ってしまえば、気持いいんだけどね。

私たち、日本女子は、結構すんなりと水に入れたのに、イタリア男子は、かなーり長いこと、ひどいときには私たちが泳ぎ飽きた頃にようやく泳ぎ始めるのでした(笑)
これって、男女の違いなのか、それともイタリア人と日本人の違いなのでしょうか???
| Viaggio - 旅行 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。