123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-12-20 (Tue)
イタリアのクリスマスのお菓子の定番はパネットーネとパンドーロ。
パネットーネはミラノが発祥の地と言われています。なんでもトニー(TONI)さんと言う人が(節によるとパン職人だったりコックだったり、ただのギャルソンだったりとその職業は様々です)から名前がきているそうです。
Pan del Toni (トニーのパン) → Panettone

panettone.jpg


一方のパンドーロ(Pandoroと書き、OROとは金のこと、黄金パンといったところでしょうか)は、卵を大量に使って作るため、色が金色のところからその名前がきています。
こちらの起源は明確でなく、1500年代のヴェネツィアの総督のテーブルに振舞われていたPan de Oroから発展したものだとか、または、クリスマスに用意されるヴェローナの古いデザート、nadalinから来ているのだとか。

pandoro.jpg


皆さんはどちらが御好みでしょうか?

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。