12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-10-31 (Mon)
orologio


この週末にダーリンと私の共通の友達、というよりキューピッドとなった友達のたけちゃんが日本からやってきました!みんなの思い出の地、ボローニャで再会。飲む、食べるの週末でかなり胃が疲れ気味。さすが食の町、ボローニャです。

ボローニャって、日本人には中田がプレイした意外ではそれほどなじみのある町ではないでしょう。でも、日本でも食べられているスパゲッティ ボロネーゼってこのボローニャから来ています。正式にはパスタはスパゲッティではなく手打ちの平べったいタリアテッレで頂くのですがね。その他にも、ラザニア、ひき肉をつめたパスタのトルテッリー二(正式にはボローニャとモデナの間のCastel Franco Emiliaで発明されたのですが、ボローニャではボローニャ名物になっています)、おいしいものがいっぱい!レストランもたくさんあって悩むところ。そんな中でも、今回はじもぴ-ネタで!

まずお昼。チェントロのMercato della Pescheriaゾーンにあるお店。レストランでもなく、トラットリアでもなく、バールでもありません。一応、タイトルはOsteria al Sole。オステリアとは居酒屋といったところでしょうか。でも、ここで出されるのはワインだけ。水もありません。ナイフ、フォークもないし、ナプキンもない。肝心の食べ物は?

それはですね、こういった↓お店で買って来て持ち込むのです!
negozio alimentare


よく旅先で食材店の前を通っては、食べたいけど、食べるところがなかったりであきらめざるを得なかった経験をしたのは私だけじゃないと思います。ここではそんな願いが(大げさ?)叶えられるのです!
パン、生ハム、モルタデッラといわれるボローニャ名産のハム、チーズなどが一般的。ずっと変わらないお店で、ネクタイでビシっときめたビジネスマンがシャンパンを飲んでいる横で、地元のおじいさんがカードで遊んでいたり、学生の街らしく若者が騒いでいたりと、客層はとっても幅が広い。営業時間はお昼の3時間だけ。家賃とか払っていると、この短時間で商売が成り立ってるのかちょっと心配してしまいますが...
osteria



そしてよるご飯。キノコ祭りに飛び入り!
キノコ祭りと言っても、ただ大きなテントの中でキノコ料理の数々を食べるだけど、言えば期間限定の移動レストランと言ったところでしょうか。あまり期待せずに行ったのですが、これがまたおいしかったこと!ただ、お昼に食べ過ぎ飲み過ぎたおかげで、全くおなかがすかず、そして、前菜のあとのこのきのこスープにやられてしまって、メインはオーダーしたもののギブアップ。そんな私の横でおいしそうに、前菜、スープ、メイン2皿をぺろっと食べている私のダーリンは恐るべし。
でも、このパンの中に入ったスープ、とってもおいしかったです。ちょっとというか、かなりぬるかったのをのぞいては...
来年体調を整えて、また行きたいな!
zuppa di funghi


ここをクリック! blogランキングに応援ありがとうございました!
スポンサーサイト
| Viaggio - 旅行 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。