12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-10-15 (Sat)
フルタイムの仕事を始めてあきらめなければならなかった事、それは金曜日のメルカート。それぞれの町で週一回メルカートが開かれ、衣料品から食料品までいろいろなものがそろう。この町で開かれるメルカートが私のお気に入りで、衣料品とかは買った事がないが食材がなかなかいいレベルなのである。プーリア州出身のおじさんは地元のパン、チーズなどを運んできては売っている。他では買えない食材なのと、おじさんがいつ来るか分からない(毎週いるかと思うと2、3週続けて来なかったりするのだ)ので、おじさんがいるときにはまとめ買いしたものだった。でも、このメルカートも今年に入っていった事がない。ダーリンはちょくちょく行っては、ろんまとメルカート巡りしている。優雅なものだ。
プリエーゼもんのほかに、必ず買うものは新鮮生みたて卵。おばさんは卵を売る横で、鶏を売っている。生きた鶏か卵どちらがメイン商品か分からないけど。こんなに黄色い黄身は見た事がないという見事な卵だ。今日、ろんまから電話があって卵をかわりに買っておいてくれると言う。お言葉に甘えて10個の卵をお願いする。会社が終わってキリンを連れて公園で待ち合わせ。卵を受け取るときに、新鮮だったのでという事でしめさばと"Cape tonde"(丸い貝)を分けてくれた。このcape tondeは主にこのヴェネツィア地方で取れる貝である。生でも食べれるので、ろんまが食べ方(貝の開け方)を公園で実演してくれたのだが、ダーリンと私は生の貝が苦手である。そこで、夜はこれをダーリンがChioggia(ヴェネツィア郊外の町)風に料理してくれた。作り方は
タマネギとニンニクにみじん切りと唐辛子をオリーブオイルでいため、貝とパセリのみじん切りと白ワインを入れてふたをする。貝が開き始めたら、パン粉を入れて軽く混ぜて出来上がり。ポイントは食べるとき!手で食べて、残ったスープはパンを浸して完食する!これはアサリでもできるので、一度お試しあれ!

おなかがすいていて、がつがつ食べたので写真を撮るのを忘れてしまった。食べ物の写真を撮るのって難しい...

人気blogランキングにクリックで応援お願いしまーす!
スポンサーサイト
| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。