12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-09-28 (Sun)

日本では、運転する人は一滴でもお酒を飲むと、罰則対象ですよね。

でも、ここイタリアはもう少しゆるく、血液1リットルにつき、エチルアルコールが0.50グラム内であれば、運転することができます。

で、その0.50g/ℓって、基準が分かったようで分からないような...
ビール一杯とか言われるけど、でも空腹、満腹、性別、体重などいろんな要素があるから、同じものを同じ量飲んでも、人によって数値が変わってくるはず。

せっかくレストランに行っても、お酒を注文できない、もしくは注文しても大丈夫かなと思いながらだと、楽しみも半減。
ディスコなどには、アルコールチェッカーが置いてあったりするみたいだけど、普通のレストランにはそんなのないしねぇ...

そこで、長い間求めていたものをRicciaファミリーはようやくゲットしたのでした!

e-metro.jpg


アルコールチェッカー ETILOMETRO


使い方は簡単。

測定開始スイッチを押して10秒後に"Blow up"とでてくるので、3秒から5秒ほど息を吹きかけるだけ。

で、自宅での食事中にチェックしてみました。

すると、料理完成待ちの間に、アマローネを2口ほど飲んだだけで測ったら、すぐに0.2。

ちょっと、こんなんだったら、グラスワイン一杯でさえもだめだぁ...
知らなければよかった...

なーんて、ちょっと悲観してしまいましたが、そのあとは、自宅だし食事をしながらゴクゴク飲んで二人で一本空けたあと、再度チェック。

すると、0.50!!!
及第点です。

やっぱり食事をしながらだと、ずいぶんと吸収率が変わるものなんですね。

どこまで正確なのかはわからないけど、でもこうやって目安ができただけでもちょっと安心。
もし、アルコール度数が高い時には、車をすぐに出発させずにちょっと待ったりとか、自分たちで調整できますしね。
これからも、ほどほどの酒量で安全運転!

スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(18) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。