123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-12-12 (Wed)
今、イタリアは大変なことになっています

TIR(国際道路輸送協定)が10日からストを始めたことが原因。
10日から道路を封鎖しているのです。

確かに、このストをする理由も分かります。
でも、道路封鎖はいけない!

はじめは『ストか…。ま、遠出しないから関係ないっか』と他人事のように思っていた私。

甘かった…

だって、道路封鎖って事は、物流がないことで、そうすると、ほとんど全てをトラックによる輸送でまかなっているイタリア。もうパニック!

何がパニックって、ガソリンスタンドのガソリンがなくなったこと!

道路封鎖=ガソリン売り切れという図式、頭に浮かびます?
ガソリンスタンドがストをするときは、ガソリンの残りを気にしたりするけど、道路封鎖だから、そんなこと想像もしなかった。

で、今朝、出勤前にガソリンを入れに行くと…

はい、お約束、売り切れ御免

一応、今のところ五分の1ほどガソリンが残っているから、特に緊急を要してないけど、このスト、14日(金)の夜中まで続くって言うから、かなりギリギリ。
いつも買い出しに行くスーパーも、今週はやめて近所のところに変えないと。

食料品もガソリン然り。お店の棚から消えている商品もあるんだろうな…

このストで考えさせられたこと。
道路が封鎖されちゃうと、その影響が生活に重くのしかかってくる。
ガソリンも高くなってきたし、環境破壊のこともあるし、何か別の輸送手段、例えば貨物列車を復活させるとか、考える時期なのかも。

それは大きな、時間とお金を要するプロジェクトだから、まずは自分で出来ること。
近いところは車を使わず、歩いて、もしくは自転車で移動することから始めないといけないですね。
スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(14) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。