12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-06 (Tue)
tifone051007.jpg



台風15号が迫ってくる中、ペンションのオーナーからホテルに移ったほうがいいのじゃないかとの提案をうけました。
というのも、ログハウスの造りでは、実際に吹き飛ばされるようなことはないけど、騒音がすごいらしい。
ロフトの部分で眠るのですが、屋根瓦が全部飛びそうな音、怪獣が家をワシっと握ってゆすられているような感覚…
ちなみに、前回直撃した時に滞在したお客さんは皆さん一睡も出来なかったのだとか。

オーナーはダーリンにこの台風を経験させてあげたかったみたいだけど、怖がりの私の事を考えてホテルに移る様に案内してくれました。
ダーリンは最後の最後まで、ペンションに残って台風を見るのだって言ってはったけど…


台風直前に行った焼肉やさん。

yakiniku-yamamoto.jpg



本当は、いつも予約が一杯で入れないそうなのですが、台風でキャンセル続出で入ることが出来ました!ラッキーだったのかなんなのか…
石垣牛を使った焼肉はどの部位も最高!

tanshio.jpg


yakiniku051007.jpg



最後は泡盛でまったりと。

awamori.jpg



台風に備えて栄養補給完了!

さ、翌日はダーリンお待ちかねの台風!

hotel-tifone.jpg



移ったホテルでも、十分台風は味わえました。なんてったって、風で室内のベットが揺れるんですよ!

ガレージに止まっている車も、左右に揺れてるし。

tifone061007.jpg



お昼の11時くらいから停電。
この停電で何が辛かったって、エアコンがつかなくなったこと。
ホテルの小さなお部屋は、暑い暑い!
風がすごいので窓も開けれません。というか、開けちゃうと建物崩壊の可能性もあるので、台風時に窓を開けることは禁止されていました。

夕方になって暗くなっても停電は続きます。
部屋でのキャンドルは禁止されているので、ダーリンと二人ロビーに下りて、蝋燭の光で本を読みます。外を見ると、復旧作業の車両がホテル前を通っていきます!

でも、でも、いつまでたっても電気復旧せず。復旧作業の車を見かけて喜んでは落胆する。これって、無人島に取り残されて、飛行機や船を見かけて大喜びするけど、向こうは気づかずに通り過ぎていって、落胆するのに似ているかも。

でも、さすが日本!こんな台風の後でも12時間後には電気が復旧!
イタリアも見習ってくれないかな!(無理だろうけど…)
スポンサーサイト
| Viaggio - 旅行 | COM(8) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。