123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-08-23 (Thu)
今日、8月23日は結婚記念日
おかげさまで、4回目を迎えることが出来ました。
ポンゴママからは、もうそんなになるのって驚かれちゃいましたが。
それって、いつまでも新婚さんのようにラブラブだからなのか、それとも、二人とも地に付いていないからなのか深く考えないようにするのが一番!


国際結婚と来ると、やっぱり両親の反対とかって結構普通にあると思います。うちも例に漏れず、両親大反対。どんな人か見る前に、外国に娘が永遠に行ってしまうって言うことがネックだったよう。

うちの母親、私がボローニャで働いている時に、
『どうしても体調が悪いから一年だけ日本に帰ってきて...』
なんて、とってもか弱い声で電話をしてきました。それを真に受けた私、親孝行なんてしょっちゅうできるもんでもないから、一年帰ろうと決意。
ダーリンは一年待つということで、日本に帰国。

空港に迎えに来てくれたお母ちゃん、元気なんですけど?

うちの母の最後の娘日本引き止め計画だったのです。

そんなことに負けない私、一年たったらきっかりイタリアに戻る気マンマンで戦闘態勢!

と、ごちゃごちゃやってるうちに、ダーリンが日本に遊びに来てくれました。

で、このチャンスを逃す手はないと、家族ご対面!

うちの母、強面で、ダーリンに接します。(父は入院中だったので不在)

そして、本命の質問:

母:あなた、うちの娘と結婚する気あるの?

ダーリン:はい、そのつもりです。

母:うちの娘のどこが気に入ったの?

ダーリン:うーん...それは... これから考えます。

もちろん、通訳は私。

この回答を本当に訳すんかいってダーリンに訴えましたが、ダーリン笑顔で訳してって言います。

訳す私...

母:ハハハハハッ。気に入った!実は私らも(娘の)どこがいいのかまだ分からへんのよね。

ヒェー、娘の立場は???

と、ここで、私の複雑な心境とは別に、雰囲気は和んで、ハッピーエンド

そのあとは、うちの母、
『なにぼやぼやなにしてんの?ハヨ、イタリア行き!』

なんておっしゃってくれる...


今では、ダーリン、母のお気に入りで、日本に帰るたびに、何かダーリンが食べれないものを食べさせようと計画しています。
でも、その度に、ダーリンなんでも『おいしい、おいしい』って食べるので作戦破れたり。この食べっぷりが、母には受けています。人間何がチャームポイントになるか分からないですよね(笑)

なんかまとまらない文章になってしまいましたが、今日4年目を迎えられたのは、両親はじめ周りの人の協力があってのこと。
この場をお借りして一言。
いつもありがとうございます。

いつまでも明るい家庭で、金婚式目指してがんばります!
スポンサーサイト
| AMORE - ダーリン | COM(22) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。