12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-03-05 (Mon)
ちょっとねた切れ気味のRiccia。
ここは、夫婦共同作業ということで、ダーリンの旅日記のご紹介…

Siamo arrivati alle 17.00 ora locale all'aereoporto della capitale. Avevamo tanta fame..... Ma era gia' partito l'ultimo volo interno per Las Terrenas, nostra destinazione finale. Il problema era: Ci trovavamo a 450km dal nostro albergo!!!
Quindi abbiamo pensato di trovare un modo alternativo per arrivarci, e, dopo non poche difficolta' abbiamo trovato un taxi disposto a fare il percorso. Ma non sapevamo cosa ci aspettava.....

現地時刻17時に首都の空港に到着。もうおなかがペコペコ…でも、僕たちの最終目的地、ラス テレナス行きの最後のフライトは既に出てしまっている。問題:僕たちが泊まるホテルはここから450キロメートルある!!!
そこで、他の交通手段を考えついた。それほど困らずに、そこまで行ってくれるタクシーをゲット!でも、このときは何が待ち受けているか、僕たちはには知る由もなかった…


Quasi 5 ore di viaggio attraverso strade quasi impraticabili, in piena notte, senza sapere quando e come avremmo raggiunto il sospirato riposo dopo trenta ore senza dormire.

深夜(と書いていますが、よく考えると全然深夜じゃない!多分、真っ暗と言いたかったのでしょう)、ほとんど通行不可能な道を、30時間睡眠をとっていない僕たちがいつ、どうやって念願の休息にたどり着けるのかも分からずに約5時間の移動が始まった

Finalmente, dopo turni di veglia di circa mezzora ciascuno, vediamo un cartello che ci indica che Las Terrenas si trova a 13km!!! Entusiasta, Pongo telefona agli amici che ci attendono per avvisarli del nostro prossimo arrivo, ma loro subito ci dicono che avrebbero comodamente cenato con calma prima del nostro arrivo. Da quel momento in poi la strada si inerpicava su per le montagne schivando fiumi frane e qualsiasi cosa venga in mente di difficile da superare. Alle 22.00, distrutti e affamati entriamo nel pueblo di Las Terrenas, con l'unico desiderio di appoggiare le nostre cose, riposarci e mangiare finalmente qualcosa. Il paese gode di pochissima illuminazione, il tassista ci dice che il nostro albergo e' davanti a noi.

交替で30分毎の見張り番を繰り返したあと、ようやく、『ラス テレナスまで13キロ』という標識を発見!興奮して、ポンゴは現地で待っている友達に電話をしたけど、僕たちの到着時刻までゆっくり夕食が食べれると即答される。この地点から山崩れ、川、克服困難と思われるものを避けつつの山越え。街はほんのわずかの照明で照らされていて、運転手がホテル到着を伝えた。

s.domingo-albergo.jpg

↑これがダーリンたちが滞在したホテル

Scendiamo dall'auto e ci viene incontro un uomo barbuto sorridente con in tasca una pistolona: E' il padrone del nostro albergo che, gentilmente ed educatamente, ci da il benvenuto e ci mostra le nostre stanze, in verita' molto belle e pulite. Ad una prima impressione tremenda, segue il sollievo di trovare un luogo molto accogliente.

車から降りると、ひげもじゃのにこやかな親父が、ポケットに大きな銃を携えて出てきた。彼はホテルのオーナーで、親切にまた礼儀正しく私たちを出迎えてくれ、ホテルの部屋を見せてくれた。清潔でとてもきれいな部屋だった。すごく怖い第一印象だったけど、くつろげる空間にほっとした。


サバイバルな旅の始まりです!


参加しています。クリックで応援を!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


犬のランキングなら? | わんこランキング

スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(3) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。