123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-09-13 (Tue)
今日は朝からとっても気分が悪い。そもそもの始まりは昨日から。
昨日、家に帰り、扉を開けると目を疑いたくなるような状態が私を待っていた。どんなだったかというと、まず、リビング一面に土が撒かれていて、土が入っていた薄いプラスティックの容器が噛まれて途切れ途切れになっていた。おしっこの水溜りがあり、足拭きカーペットは所定位置からかなり離れたところに。5cmのキューブのキャンドルは無残な姿に...もちろん、犯人はキリンである。とにかく、ドアを開けた瞬間、キャンキャンじゃれついてくるキリンをよそに私は固まったまま。
ダーリンに電話をすると、「昼間、庭の花を食いちぎったので、すっごい怒ったから、それでかな」という。ダーリンが怒るのはいいけど、その腹いせに部屋をぐちゃぐちゃにして、後片付けをするのは私。なんか、納得いかない。ま、まだまだ小さいからと自分に言い聞かせてお掃除開始。ダーリンも帰ってきて、夜は皆で仲良くお散歩をして一件落着。
そして、今朝のこと。私の興味を引こうといつも後ろから飛びついてきたり、軽く服を噛んだりする。でも、今日だけは違った。出社前のばたばたした時間、忙しく動き回る私。後ろから付きまとうキリン(ダーリンは、出社が10時なので遅くまで寝ているのだ)。ビリッといやな音が...そう、私のズボンに穴をあけてくれた。それも数えるほどしか着ていない服を。さすがに切れる。いつもは、ダーリンからもっと強い声でしかるようにといわれる私が、朝っぱらから大声をあげて叱ると、キリンは自分のベッドに行って縮こまって、わたしを見送った。
今日はどんな状態で私を待っているのか...
スポンサーサイト
| KIRIN | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。