123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-01-16 (Tue)
我が家から車で40分も行くと、Abano Montegrottoという温泉町に着きます。
キリンが来てから温泉にはすっかり疎遠になってしまった私たち。でも、このAbanoなら、ポンゴの家も近いので、ポンゴの家にキリンを預けて温泉、またポンゴんちにもどって、一緒に晩ご飯を食べてキリンを連れて帰るというパターンが可能。

私たちのお気に入りは、ここ
Hotel Terme Preistoriche

abanoterme.jpg


朝の10時から夜の10時までオープンで、一日入場料は平日(月から土)は21ユーロ、日祝は26ユーロとちょっと割高。
でも、各自にレッティーノ(よくリゾートで見かける横になれるビーチチェア。なんていうのかな?)が与えられ、サウナにも入れるし、ちょっとしたバールもあって軽食なら食べれるので、一日いると元は取れるかな。
お昼寝したり、温泉に入ったりとのーんびりした一日を満喫できます。

以前他のアバノの温泉を試したときに、水温の低さに出たあと体調を崩したことがありますが、ここは、それぞれの場所で水温が違うので、自分にあった水温のところでゆっくりすることが可能なのがありがたい。

でも、ここはイタリア。他のところはどうか分かりませんが、今までの経験上、温泉に行くときに忘れてはならないもの。
1. 水着とスイミングキャップ、ビーチサンダル
この前、サウナから出てきたところ、カップルがおもむろに水着を脱ぎ始めます…親父のおしりを間近でみてしまった。ウゲー このカップル、トルコ式のタオルを巻いてサウナに入っていったのですが、それなら、サウナの待合室で取るんじゃなくって、脱衣所でとって欲しかった…

2. ロッカーに付けれる鍵。
ロッカーはありますが、鍵なんてついていない。なので、旅行かばんに付けるような鍵を自分で持参してロック

3. バスローブとたくさんのタオル。
言えば貸してくれるのかもしれませんが、多分有料なので、サウナ、レッティーニに敷くもの、温泉から出たとき用、最後に体を洗ったとき様のタオルが必要。多めに持っていっても後悔しないはず。


あとは、のーんびりリラックス!

今日は一日中曇り模様のこのヴェネツィア地方。気温も上がってくれません。
あー、温泉に行きたい!

皆さんもお気に入りの温泉ありませんか?

参加しています。クリックで応援を!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 
スポンサーサイト
| Viaggio - 旅行 | COM(10) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。