123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-12-13 (Wed)
最近の我が家では、キャンドルがブーム。
食卓を優しい炎で照らします。

今ならクリスマス仕様のキャンドルたてがたくさん売っているのですが、クリスマスの後もつかえるようにと、先日このようなものを買いました。

candella.jpg


食後は、別のものでほんわりと明かりを取ります。

20061212210827.jpg


暗いので分かりにくいですが、クリスマスツリーになっているのです。
電気を付けた状態で見ると…

20061212210731.jpg


これは2年前にザルツブルグで購入したもの。
一年のこの時期しか出番はないけど、かなりのお気に入り!
キャンドルの明かりって癒されますよね。




と、こう書くと、とってもロマンチックムード満点のRiccia家のようですが、そんなに甘いものではない!

キャンドル生活の発端は、先日届いた電気の請求書。
10月11月の2か月分で、10月は3週間日本に帰っていなかったんだから、きっと電気代は少ないと、余裕をこいて開くと…

カタカタカタカタカタカタカタ、チーン!

117ユーロ!

何かの間違いじゃなくって?と目を疑いました。
きっと消費電力を見るカウンターを確認に来なかったんじゃないかと、カウンターを見に行くと、それなりの数字…

3週間不在でこの値段だったら、マルマル家にいたらどうなってたの???

非常に恐ろしくなりました。

で、考えたのが、この家の明かりに問題があるのではと…

我が家は、天井に照明が埋め込まれています。

20061212210633.jpg


多分、この電球が電気を食うのではと、ダーリンが判断。
ちょうど、食事のときにこの電気で真上から照明されると、非常にコウコウとしてちょっとムードもないので、キャンドルくらいがちょうどいい感じ。
雰囲気も出るし、節約も出来るので、我が家はキャンドル照明。

これでも次の電気代が高ければ、どうしようかしらねぇ…
キリンの動きを利用して、自家発電?

参加しています。クリックで応援を!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 



スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(5) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。