123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-12-12 (Tue)
昨日の夜の食卓の話題です。

キリンの健康状態について話していて、今日は大きいのをしなかった(食事中の話題じゃないですよね、よく考えてみれば…)とダーリンが状況報告。
何でも、催しかけたときに、放し飼いにされた小型犬がやってきて、キリンの集中力が途絶えてしまったそうです。
キリンはやる気マンマンの臨戦態勢。あわててダーリンがキリンを抑えます。
一方、小型犬の飼い主は遥かかなたで、のーんびり歩いています。
いつもそうだ、とダーリンは言います。
患者さんだからキリンが噛まないように注意を払うけど、一度こういう飼い主には痛い目を見てもらわないと改善されないと。

飼い主の目の届かないところに放された犬は、噛むなどの直接的な被害だけじゃなくって、道路に飛び出して、それをよけようとするバイクや自転車が横転するなんてこともあり得ます。
現に、前の家の近くの交差点で、猫をよけようとしたバイクが転んで大怪我をしました。猫は即死だったそうですが、首輪がついているにもかかわらず、飼い主が名乗り出てこなくって、結局、野良猫扱いになり、バイクの少年は自分で治療費を捻出したそうです。

散歩中の女性が、放し飼いにされている犬が近づいてきたので、自分の犬を守ろうと抱き上げたところ、その犬が噛み付いてきて50針を縫う怪我をしたと、ニュースで取り上げられていました。

で、その犯人の飼い主はなんといったと思います
謝るどころか、シニョーラが、変な行動(子犬を抱きかかえたこと)をとったから、犬が噛み付いたんだと彼的には、犬は仲良くなりたかったところを、シニョーラが邪魔したと…

おとなしい犬がいきなり人を噛んだりしますか?それも50針も縫うような大怪我。
もし、シニョーラが抱き上げなかったら、きっと子犬は大怪我、下手すると死んでいたかもしれません。
この辺でも、よく大型犬が小型犬を襲って殺したなんて事を聞きます。実際、病院にも大怪我をした犬が運ばれてきます。
でも、これって犬たちが悪いわけでなく、ちゃんとしつけていない、ちゃんと監督していない、人間のせい。

犬を飼う前に、適性検査とか講習とかって、出来ないものでしょうかね…(という私が失格していたりして…)

参加しています。クリックで応援を!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

スポンサーサイト
| KIRIN | COM(11) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。