123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-07-14 (Fri)
数年前になりますが、ボローニャに住んでいたとき、どこかの見本市でラフティングの案内をみつけました。スピンニングというなにか怪しげなものも同時に案内されていて、同僚を募ってチャレンジすることに…
当時は彼氏だったダーリンとその友達も参加。総勢30名ほどの大グループで、ウェットスーツを着用、ヘルメットをつけ、こぎ方のレッスンも受け、いざ、車で上流に移動、ボートを担いで川へ!

ところが、水位はよく見積もっても10センチくらい。
ボートに乗り込んだら座礁するに違いありません!
重装備してレッスンを受けたのはなに?だまされたのかも、と思っていたらインストラクターが時計を見ながら、「あと5分、皆準備して」と注意を促します。


すると遠くからゴオォォォォォォという音が聞こえてくるではありませんか。
電力会社で調整の為、せき止められていた水流が一気に流れ出してくるのです。それを利用してラフティングとは考えたものですよね。

このとき分かったのが、スピンニングとはビーチボードを持って流れていくもの。
limentra-hydro-3.jpg



ボローニャの郊外のラフティングと馬鹿にしていたけど、なかなかスリルも楽しめましたよ。私は前から2列目だったけど、急流で最前列の二人の頭が一瞬、水中に消えてしまったり。二人ともはげ頭だったので、水中ら頭がポーンと飛び出してきたときには海坊主を想像して笑いが止まらなくなったり…




無事、生還(途中、ダーリンと友達は転覆させることを試みていたけど、とりあえず阻止することができました。ふーっ)。
スポーツのあとはやっぱり、栄養補給。
ということで、ポルケッタ(豚の丸焼き)大会スタート!
サルデニアからきたおじいさんが豚一匹を丸焼きしていました。
ワインは飲み放題、豚食べ放題!
ラフティングが主目的か、豚が主目的か分からない一日になり、食べまくり、飲みまくり。
この飲みっぷりに感動したおじいさんは、次から次へと変なお酒を持ってきては私に飲ませてくれる。今となってはおいしかったのかなんだったのかよく覚えていないけど。(ちなみに同僚のブータン人の男の子は、急性アルコール中毒で救急車で病院に運ばれたのでした…)

ダーリンと友達と私は、ボローニャの友達の家に泊まることになっていて、翌朝すごいのどの渇きで目を覚ますも、彼の家には水というものが存在しない!ドイツ人らしく、ビールは所狭しとあるのに…
最低限の水道水を飲んでベッドに戻ります。
十分後、ダーリンも同じ事をしていました。
更に十分後、友達のポンゴもキッチンへ。舌打ちする音が聞こえます。きっと同じことをするだろうと思っていたら、ビンを開けてコップに注ぐ音が…ダーリンも飛び起きて、キッチンへ。朝の7時にも関わらず、また前日の飲みすぎも忘れて、酒盛りを始めた二人なのでした…

みなさんのおかげで、人気ブログランキング、FC2ランキング共に自己最高記録を更新中!
週末もクリックよろしくお願いします!

励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。