12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-06-26 (Mon)
Canal Grande(大運河)の渡し舟をTraghettoと呼びます。使われる船は、Gondolone da parada(パレード用の大きめのゴンドラ)とかbarcheta(バルケッタ)と呼ばれるもので、ま、ゴンドラによく似ています。ぱっと見て違うところはゴンドラの定員が6名に対して、traghettoで使われるものは12人くらい、そして、漕ぎ手は、ゴンドラの一名に対して、2名というのが、ぱっと見て分かることでしょうか。

DSC00565.jpg


1828年には20のSTAZIO(船着場)が存在していたのですが、アカデミア橋とスカルツィ橋(駅前の橋)が出来たため、現在は8つのSTAZIOのみとなってしまいましたが、今でもヴェネツィアの住民、観光客の足として活躍しています。立った状態での乗船も可能ですが、要バランス感覚で、運河に落ちないように気をつけないといけません…(実際落ちた人の話も聞きます)
ちなみに料金は50セント。乗船の時に、漕ぎ手の方に直接支払います。

一瞬にして向こう岸に渡してくれますが、ちょっとしたゴンドラ気分を味わえます。

いつも応援ありがとうございます!今日もここをクリックよろしくね!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


スポンサーサイト
| Venezia - Venice - ヴェネツィア | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。