12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-05-15 (Mon)
フェリーでお出かけというと、どこか旅行に行ったのかなという感じを受けますが、とっても近い日帰りの散策です。
行き先は...


リド島!

ヴェネツィアのサンマルコからは約15分ほどでリド島に着きます。
昔はヨーロッパのバカンス地として、また、9月のヴェネツィア映画祭でも有名なこのリド島。ところが、私はいつも、アルベローニというリド島のはしっこのほうばっかりで、テレビでよく見るリドには行ったことがない...
そこで、今回、フェリーに乗ってリド島へ!
いつか行こうといっていたので値段チェックしていたのですが、2月に改正されて、トホホホホ。
というのも、車(小型車)は運転手込みで片道10ユーロだったのが、車だけで10ユーロ。そして、人に関しては、Carta Veneziaを所有していれば、(これに関してはまた今度書きます)片道1ユーロ、なければ片道5ユーロ。一緒に行った友達は、ボローニャ在住なのでもちろんCarta Veneziaなんて持っていないので、往復みんなで44ユーロ!でも、ヴェネツィアで車を駐車してその後Vaporettoに乗っても結局その金額かそれ以上を払っていたので、ま、良しとします。
トロンケットを出発して、豪華客船を横に見てどこに行くのかなーなんて想像しながら、フェリーは進みます。
そして、サンマルコ広場へ

DSC00317.jpg


リド発のフェリーとすれ違います。
DSC00318.jpg



DSC00320.jpg

Biennaleの会場になるGiardiniや、

DSC00321.jpg


イタリアでも古いとされるサッカースタジアムを左手に通過して
リド島に到着!
約30分の道のりで、フェリーの中にはバールもあって、なかなか快適。

ヴェネツィア本島での滞在もいいけど、車でヴェネツィアに入られる方は、駐車場代の事を考えるとリド島にホテルを取るのも手じゃないかと、今回思いました。

着いたのはお昼過ぎ。
腹が減っては...なので、明日はレストランについて。

リド島に興味のある方もそうでない方も、ぽちっとひとつよろしくお願いします。
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


スポンサーサイト
| 未分類 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。