12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-05-12 (Fri)
私の近辺が落ち着かなかったこともあり、注文がのびのびになっていたものがようやく届きました。
私だけでなく、ご近所の奥様方も首をながーくして待っていたものが…









その名もイタこまち!


DSC00313.jpg


日本食を扱っているお店で買うことも出来ますが、なかなか行く機会もないし値段も割高、大量に持って帰るのも大変。
そこで、いろいろ調べて直接業者と交渉して、去年近所に住む友人とで共同購入開始。
聞いたところ、日本からお米の輸出は禁止されているので、日本産の日本米は手に入りません。よく、「錦」というカリフォルニア米や、「SHINODE」(日の出?)といわれるお米を見ますが、やっぱり日本産のものはなし。
で、そこで見つけたのがイタリア産日本米。ピエモンテ州で栽培されています。
ピエモンテ州はこの冬オリンピックの開かれたトリノが属する州で、ワイン、チョコレート、お米がおいしい所と、私の頭の中でインプットされています。
ちなみにインターネットで調べた資料によりますと…
ピエモンテ州は、米の生産において、イタリアで一番、約120,000ヘクタールの農地、5000の生産者がいます。年間の生産量は1,300,000,000キロで世界米生産量のの約0.25%を占めます。
イタリア国内では450,000,000キロが消費され,残りはヨーロッパのほかの国(350,000,000キロ)をはじめ各国に輸出されます。
ここが、日本米を放っておくことがあるでしょうか…
イタリアで普通にスーパーで売っているお米も白ご飯で食べれますが、でもちょっとちがーう!
でも、このイタこまちは、白ご飯がふりかけなしでも、おいしく食べれてしまう。
ダーリンは最近リゾットもこれで作るとおいしいと、イタこまち一辺倒になってしまいまいした。
イタリア在住の方、ぜひ、イタこまち試してみてください!

そのうち、イタ・ひかりなんていうのもでてきたりして…
この記事参考になった方も、フーン、と思って読まれた方も、ひとつぽちっとお願いしまーす!

励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

スポンサーサイト
| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(9) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。