12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-04-11 (Tue)
4月9,10日の2日間、イタリアでは総選挙が行われました。

結果は、10日の夜には出るだろうということだったのが、大接戦だった為、夜の11時半を過ぎても出ず、私はさっさと就寝準備に入りました。

そして、朝起きて、結果は出たかなってテレビをつけると、野党だった中道左派が勝ったと言っている。これは、CAMERA(下院)の話。

SENATO(上院)に関しては、朝の時点では一票差で中道右派が勝っている。そして、海外に住むイタリア人の投票で決着がつくと言う。

最終的に11日の午前中には、海外票の獲得(6席中5席獲得)した中道左派が、両院とも過半数を占めたことになり、うちのダーリンもホッと一息
ベルルスコーニがまた5年政権を握るようなことになったら、イタリアを出ると断言していたし…

でも、寄せ集めの政権、と言うか、ベルルスコーニが自分に有利に働くように作った新選挙法の基、集まることを余儀なくされた連立政権。とりあえず難産の末に生まれたけど、いい方に進むも悪い方に進むも、この連立政権次第。

仲間割れすることなく、国民の真の姿を見て(ベルルスコーニは、イタリアには問題がないって言い切っていたし…)、イタリアを建て直してもらいたいです。

うちのおとなりのおじいさん、多分90歳くらいだと思うけど、おじいさんもダーリンにこう言っていました。

「貧しい人に票を入れるんだよ、間違ってもベルルスコーニに入れちゃいけない。」

よぼよぼのおじいさんだけど、ファシズムを乗り越えた人の言葉は、胸に響きました。

投票した人たちを落胆させないよう、中道左派の皆さん、いい働き振りを見せてください


イタリア総選挙は終わりましたが、私にも一票お願いします!
人気ブログランキング


 そしてこっちも始めてみました 

スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(14) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。