123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-09-28 (Sun)

日本では、運転する人は一滴でもお酒を飲むと、罰則対象ですよね。

でも、ここイタリアはもう少しゆるく、血液1リットルにつき、エチルアルコールが0.50グラム内であれば、運転することができます。

で、その0.50g/ℓって、基準が分かったようで分からないような...
ビール一杯とか言われるけど、でも空腹、満腹、性別、体重などいろんな要素があるから、同じものを同じ量飲んでも、人によって数値が変わってくるはず。

せっかくレストランに行っても、お酒を注文できない、もしくは注文しても大丈夫かなと思いながらだと、楽しみも半減。
ディスコなどには、アルコールチェッカーが置いてあったりするみたいだけど、普通のレストランにはそんなのないしねぇ...

そこで、長い間求めていたものをRicciaファミリーはようやくゲットしたのでした!

e-metro.jpg


アルコールチェッカー ETILOMETRO


使い方は簡単。

測定開始スイッチを押して10秒後に"Blow up"とでてくるので、3秒から5秒ほど息を吹きかけるだけ。

で、自宅での食事中にチェックしてみました。

すると、料理完成待ちの間に、アマローネを2口ほど飲んだだけで測ったら、すぐに0.2。

ちょっと、こんなんだったら、グラスワイン一杯でさえもだめだぁ...
知らなければよかった...

なーんて、ちょっと悲観してしまいましたが、そのあとは、自宅だし食事をしながらゴクゴク飲んで二人で一本空けたあと、再度チェック。

すると、0.50!!!
及第点です。

やっぱり食事をしながらだと、ずいぶんと吸収率が変わるものなんですね。

どこまで正確なのかはわからないけど、でもこうやって目安ができただけでもちょっと安心。
もし、アルコール度数が高い時には、車をすぐに出発させずにちょっと待ったりとか、自分たちで調整できますしね。
これからも、ほどほどの酒量で安全運転!

スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(18) | TB(0) |
2008-09-23 (Tue)
今日はダーリンから聞いた小噺

天国にいるイエスさまが、ふと、お父さんの事を思い出します。
お父さん、元気にしてるかなぁ...

そう思うともう会いたくって仕方がありません。
しかし、お父さんの居所を調べるも、誰も知りません。
困ったイエス様、天国の鍵を持っているサン・ピエトロに聞きます。

「あー、お父さんなら、木工仕事がしたいということで、下界に下りましたよ。エルサレムに行くって言ってましたよ」

イエスさまは、お父さんを探しに、一般人となって、エルサレムへ急ぎます。

すっかり変わってしまってエルサレムに驚きながら、父親探しを続けますが、なかなか手がかりが見つからない。

ちょっと希望を失いかけたその時、一人の老婆に会いました。

「年配で、木工細工をしている男の人を知りませんか?」

老婆「あー、この通りをまっすぐいったところにある工房で、老人が作業しているよ。
なんだかね、とっても寂しそうな感じで、息子さんと生き別れになったとか。
その寂しさを紛らわせているのかね、いつも木工細工に専念しているよ。」

イエスさまは確信します、父に間違いないと

その工房へ駆け出しました

工房の扉を開けると、老人が背を向けて作業に専念しています。

目が涙で潤んできたイエスさま、その背中に呼びかけます。

「お父さん!!!」

老人も振り返ります。

そして、息子を抱きしめるため両手を広げて、息子の名前を呼ぶのです!












「ピノッキオ!!!」
| ITALIA - イタリア | COM(11) | TB(0) |
2008-09-18 (Thu)
ちょっと時間が経ってしまいましたが週末旅行の最後。

日曜日の朝、雨が降っていなかったので、前日ちょっと歩いたハイキングコースをお散歩に行きました。
雨が降ってきても、小道が木で覆われているので、雨もしのげます。

こういう山の花を見るとついつい写真を撮りたくなるダーリン。

まずはクロッカス。



と、本当なら、もっともっと花の写真が続くはずだったのに、いつの間にか被写体がチェンジ...

FUNGHI1+2008_convert_20080910210619.jpg

そう、主役はすっかりキノコになってました(笑)
許可が無いとキノコは取れないので、見てるだけ~

FUNGHI2+2008_convert_20080917193103.jpg

↑↓これは、MANINAと呼ばれるキノコ。確かに、手っぽいですよね。
上のほうはなんとなくピンクがかっているのが分かります?こちらは食べれるけど、下の黄色いのは食べれない、食べてもおいしくないそうです。



FUNGHI3+2008_convert_20080917203310.jpg

これはBoletus Elegans。キノコ博士のダーリンが教えてくれました。


FUNGHI4+2008_convert_20080917203736.jpg


FUNGHI5+2008_convert_20080917204013.jpg


FUNGHI7+2008_convert_20080917210227.jpg


こちら↓はMazza da tamburo 訳すとドラムスティック。
これは開いた状態ですが、前日は閉じた状態だったのでまさしくドラムスティックのようでした。
で、この開いた状態が食べごろなのだとか。

FUNGHI6+2008_convert_20080917205019.jpg

さて、この写真を撮ったところで、ダーリンに「キノコ食べたい病」が突発。
で、やっちゃいました、キノコ密猟...
ダーリンの言い訳としては、このキノコは明日になると食べれない代物になる。
確かに前日開いていたものは、翌日にはもうしぼんでいたりしていたからそうなのかな?
ということで、3つだけ持って帰ってきました。

そして、晩ご飯、コトレッタとなって私たちのおなかに納まりましたとさ。


COTTOLETTA+FUNGHI_convert_20080917211812.jpg
| Viaggio - 旅行 | COM(9) | TB(0) |
2008-09-11 (Thu)
旅行と言うと、観光とかよりも食べものがメインの我家。
今回も期待を裏切らないお料理の数々。

Montebellunoのアグリトゥリズモでしっかりお昼を食べたせいか(と言っても、セコンドだけだったんだけどね)、おなかが一向にすいてくれない。
食事前にかるーくお散歩へ...

fontana biois

お天気が悪かったのであまり写真はありません(汗)

小さな村なのに、こんな風にいろんなところに水飲み場があります。
この水飲み場はちょっと変わっています。

fontana2 biois


分かりにくいかもしれませんが、両側の縁が斜めになっていますが、これは洗濯用の泉。
1847年製のもの。
私たちが見たときには、洗濯石鹸があったから、今も誰か使ってる人がいるのかしら?

と、こういう泉を見ると、ダーリン、目が光ります。
泉オタクとかじゃないんです。って、そんなオタクあるのか知らへんけど。

ダーリンのターゲットはキリン君...
そう、こういう泉を見ると、キリンをワシっとつかんで、一瞬のうちに泉にドボンっと入れちゃうのです(汗)
不意打ち過ぎて、キリン抵抗もできず...
もちろん、一回こういう目にあうと、次の散歩から泉の音がすると、思いっきり泉を避けるように歩くキリンでした(笑)

さて、散歩の効果か、ちょっとおなかにスペースができて、夕食へ出陣!
いつものように、プリモいろいろ。

biois 6sep2008

ほうれん草とキノコをパスタ生地で巻いたもの。
旬だけあて、キノコが最高においしかった!

biois 2 6sep2008

カボチャのニョッキと、ナスのオーブン焼きとあともうひとつはハムを巻いてオーブンで焼いたもの。
このほかにも一番最初にスープが来ていたので、もうおなか一杯。


翌日の午前中もかるーく散歩して(これに関してはまた次回!)、帰り道の途中にあるオステリアに寄ってみました。

これは私たちのバイブル、osteria d'italiaを参考にして行ったんだけど、これまた大正解!

OSTERIA+7SEP2008_convert_20080910200532.jpg

ずらっとたくさんのワインが並ぶ店内。
一本頼みたかったけど、帰宅途中で何があるかわからないので、グラスワインを頼むことにしました。

このお店、変わっていて、アンティパストとプリモのみ。セコンドはありません。

OSTERIA2+7SEP2008_convert_20080910201144.jpg
OSTERIA3+7SEP2008_convert_20080910203638.jpg

これが、アンティパスト。
繊細な味で、ちょっと工夫されたアンティパストにダーリンも私もすっかり魅了されました。

プリモは、スープ類、パスタのどちらかもしくは両方をオーダーすることができます。
パスタを注文する時には、テーブルの人全員が同じものを注文するのがこの店の決まり事。
これは、トリュフ入り野菜たっぷりのスープ。トリュフの味が薄かったのがちょっと残念だったけど、優しい味でした。

ZUPPA+7SEP2008_convert_20080910204816.jpg

おなか一杯になった帰り道、ダーリンが一言

「君と結婚して本当によかったよ。

だって、いつもおいしいお店を見つけてくれる。

ありがとう。」



喜んでいいのかなんなのか...
| 未分類 | COM(11) | TB(0) |
2008-09-09 (Tue)
kirin 5sep2008


先週末はダーリン、久々の土・日連続のお休み。
病院は交替で夏休みをとることになっていて、皆さんお子さんがいる家庭なので、やはり7月8月に集中。なので、ダーリンは夏の間、フル稼働だったりするのです。

家でボーっとするのもよかったんだけど、なんとなくどこかに行きたくって。じゃじゃさんご紹介のモンテグラッパの宿に行きたかったんだけど、あいにく満室...

結局いつものVal Bioisへ...

と、その前に、Montebellunoのアグリトゥリズモへ...
写真はないのですが、グリルのおいしいアグリトゥリズモでした。

かわいい2匹の看板犬がお出迎えしてくれます。
キリンも、このワンちゃんたちが気に入ったみたいで、遊びたくってウズウズ。結局相手にされなかったけど(笑)

この2匹のワンちゃん、実は捨てられていたのだそうです。
とっても人懐っこくって、おとなしい、かわいいワンちゃんなのに...

いつも思うんだけど、どうすれば、自分が一日でも飼った動物を捨てれるんだろう。
家庭的な事情もあるかもしれない。でも、せめて、次の飼い主を探してあげたりできないのでしょうか?

この2匹のワンちゃんは、幸いいい家族にめぐり合えたけど、Ayaちゃんが出会ったワンちゃんは、まだトンネルの中。人間のエゴで傷つけられ、一応救助はされたけど、でもまだ落ち着き先が決まっていないのです。

詳しくはこちらを読んでください

La Dolce Vita  新しいファミリーを探しています。

生まれてきたからには、幸せになりたかっただろうに...

どなたか、興味のある方、ぜひAyaちゃんにコンタクトお願いします。
| ITALIA - イタリア | COM(9) | TB(0) |
2008-09-08 (Mon)
我が家の植物委員はダーリン。私に出来る事は出来るだけ触らない事(笑)
せいぜいベランダにあるバジリコやローズマリーにはお水をあげますが、家の中の観葉植物類はいっさい触らないようにしています。


fiori mamma2 2008

これは、ダーリンママの残して行ったもの。
オリジナルは1971年、ダーリンは1994年に株分けしてもらったのです。
オリジナルはその後、ダーリンパパが枯らしてしまったのですが、この分家さんは、我が家で元気にしています。
それにしてもすごい長生きさんですよね。
そして、先日花を咲かせました!

fiori mamma1 2008

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、3つの花を咲かせています。
私たちが付き合い始めた夏に一つの花を咲かせ、結婚の時に2つの花、そして今年3つの花。
なんだか、ダーリンママが私たちの事を祝福してくれているのかななんて思ったりして。
これもダーリンの植物への愛情の結果なのですが...

そして、2年越しのダーリンのラブコールが伝わったのか、こちらもいい感じに育っています。

orchidea sep2008

こちらは2年前、石垣島で頂いた蘭
葉っぱは成長するけど、いっさい花を咲かせない蘭にダーリンたまに切れていたりしていましたが、ようやく、つぼみをつけてくれました!!!
毎日、朝起きては蘭をチェックし、帰宅すると、蘭のご機嫌伺い、寝る前はお休みの挨拶と、蘭に首っ丈なダーリン。
花咲く日も近いかな???
| 未分類 | COM(3) | TB(0) |
2008-09-03 (Wed)
朝夕めっきり涼しくなってきたヴェネツィア地方。
おかげでたっぷり眠れます。

でも、朝になるとガシガシ檻を揺さぶる音が...

そう、サルミーが「出してくれー」と催促するのです。

salmi sep2008

すごいですよ。ゲージの中を飛び回って、柵をつかんで、そして口で揺さぶるのです。
リビングにおいているのですが、寝室まで聞こえてくらい激しい。
ゲージのオレンジの柵がはげているの分かります?

そして出してあげると、一目散にキッチンマットの方に走り出し、何か落ちてないかチェック。
何もないのが分かると、私の後追いを始めます。
キッチンとバスルームを行ったりきたりする私の後をついて、サルミーも行ったり来たり。
お化粧をしていると、バスルームのマットの上にちょこんと座って待ってるし(笑)
たまに先回りされて、足元を確認していないときなんか、さすがにふみはしないけど、蹴っ飛ばしてサルミーも数メートル床を滑っていったり(笑)
それでもめげずに後追いする。
ウサギって臆病じゃなかったんだっけ???

あまりにも邪魔なので、最後はニンジンをあげておとなしく。

salmi2 sep2008

バタバタ忙しい朝だけど、なんだか穏やかな気持になるのです。
| サルミー | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。