12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-08-28 (Thu)
イタリアに戻ってきてはや1週間。
ようやく落ち着いてきました。
食料品なども全て所定の日本食コーナーに移動させたし。

今回は、機内預け荷物が26キロ、そして持ち込み手荷物が10キロ
ちょっと微妙かなと思いつつ、最悪持って帰ってもらえるように両親を待たせて、チェックインに望みました。
まずはスーツケースの重さを量って、続けて、機内持ち込みのキャリーも計られました。
ぎりぎりセーフと言った感じで、今回は、追加料金はなし(ホッ)

今までの経験から言うと26キロがギリギリのライン

10月の里帰りは日系の航空会社を使います。
これだと、日本から帰ってくるときの機内預かりの荷物が40キロまでOKと言う、海外在住者にとってはなんともありがたい設定です

でも、これはあくまでもこの日系航空会社が運航している区間飲みの対応で、ヨーロッパ間では、追加料金が発生する可能性もあると、チケット購入時に忠告を受けます。
ヴェネツィアまでは日本からの直行便はないので、必ず、パリやフランクフルトやローマなどの空港を乗り継がなければならないので、ちと心配...

と、ここで皆さんに質問です

この日系の40キロの機内預かり&ヨーロッパ乗り換えを経験された皆さん、追加料金を徴収されたことはありますか?で、その時はいくらくらい払いました?

40キロ分張り切って持って帰ろうとして、空港で目の出るような金額を払わされるようなことになったら、ちょっと、いいえ、かなり悲しい
そして、ダーリン御立腹になる様子が目に浮かびます(怖)

皆さんの経験談、教えてくださーい!
スポンサーサイト
| Viaggio - 旅行 | COM(15) | TB(0) |
2008-08-22 (Fri)
久しぶりの更新です。
熱帯日本から無事帰ってきましたよ!


venezia090808_convert_20080822195638.jpg
はベネツィア空港出発直後に撮った写真。
とってもきれいにヴェネツィアが撮れました。ローマで4時間待ちとは知らずに(涙)


仕事をしている時の10日間ってなかなかたってくれないのに、夏休みや楽しい事をしている時の時間はどうしてあっという間に過ぎてしまうのでしょうか...

今回の里帰りは夏恒例、一人里帰り。なので、じぶんのペースで、計画・行動できました。極楽、極楽。
ただ、真夏の日本はやっぱりきつい。
食べたいものリストを全て食べることはできないし...残念無念でござる。
一歩、家をでると、滝のような汗が出てくるし。
とっても暑いから、実家においてあった日傘をさして歩くんだけど、きっと「こんな黒い人が今更なんで日傘」って思われてたんだろうな(笑)

今回のテーマは、友人と家族とたっぷりおしゃべり。っていつも喋り捲ってるんだけどね(爆)
いや、ダーリンが横にいると、視界に入るから集中できないのよね、これでも...

その中でもメインイベントは中学校時代の親友との13年ぶりの再会!音信不通になってしまって、いつもどうしているのかなと気にはしていたけど、どうにか連絡がついたのです。
やっぱり学生時代、苦楽をともにしたせいか、13年ぶりだというのに、全くそのブランクは感じさせない、むしろ、一緒にいると落ち着くと言うか...あっという間に5時間がたってしまいました。

帰国するたびに、姪っ子ちゃんたちの成長振りにも驚かされます。
じぶんの部屋でテレビを見ていると、4歳の姪っ子ちゃんが私の部屋に来たかと思うと、すぐに一階に。
おじいちゃん(私の父)のところに、報告に行ってました。
「Ricciaちゃん、おじいちゃんの家やのに、勝手にテレビ見てんで」
告げ口かい(爆)!

9歳の姪っ子ちゃんも人の事を気遣えるようになっていました。
外出していた時のこと。
「あ、メタボの人や。」
通りすがりの人を見ては言ってました。
なんでも、デブと言うのは失礼らしい。
私からすると、何も言わない方がもっといいと思うんだけど(爆)

家族みんなで温泉旅行に行ったり、兄家族とユニバーサルスタジオに行ったり、弟家族(弟抜き)と崖の上のポニョを見に行ったり、家族サービスたっぷりの夏休み。(本当は、プールもあったのですが、帰国したその日、転びそうになってベッドの角で太ももを強打して、直径15センチくらいの青タンができたのでキャンセル。今も、青タンは残っています(涙))

usj0801_convert_20080822201214.jpg
usj08_convert_20080822200557.jpg
USJのパレード。
バケツから水をかけられて、マジでぬれます!

いつもは、ダーリンとお買い物、お出かけ三昧の台風日本里帰りですが、たまにはこういうまったりしたのもいいものですね。
| 未分類 | COM(15) | TB(0) |
2008-08-06 (Wed)
今年も待ちに待った夏休みが、もうすぐそこに来ています。

あと、2日乗り越えたら、私は一人里帰り!

既に日本での計画が着々と建てられ、日本滞在はあっという間に終ってしまいそう。まだ出発もしてないのに、日にちが足りない、もう少しいたいって感じているくらいですから(笑)

そして、なぜか、日本帰国前の今も、ちょっぴりハードスケジュールな毎日。

暇ーな時はなーんにもないのに、固まる時ってどうしてこう固まっちゃうんでしょうね。

まずは先週、念願だった、じゃじゃさん御一行にお会いしました!

ドイツにお住まいで、日本からいらっしゃったお姉さま&姪御さんと一緒に、今年のバカンスはモンテグラッパで過ごされているのです。
こんな小さなわが町に来て下さいました。
もちろん、ろんまさんも一緒にディナーへ

もうね、このじゃじゃさんのいぬいぬたちがとってもかわいいしおりこう。

JAJASAN_convert_20080804205632.jpg

Festa dell'Unita'に行ったのですが、すれ違う人、すれ違う人みんな見とれていくくらい、きれいなワンちゃんたち。必ず、何犬?って聞かれてました。ダーリンも初めて見る犬種だったようで。
落ち着きがあって、言うこともちゃんと聞くし、キリンとえらい違い。
これはドイツ式に飼われているからか、それとも血統がそうさせるのか...

残念ながら、キリンとすっきりしたスリーショットは適わず。(喧嘩しちゃいそうなので(涙))
でも無理やりの一枚。

JAJASANKIRIN_convert_20080804205847.jpg

こうやって見るとキリンがとっても小さく見えます。

じゃじゃさんは、想像したとおりの肝っ玉姉さん、とっても気さくで、ついつい初対面ということも忘れるくらい、話が盛り上がりました。気がつくと夜中の1時(汗)
御主人もおおらかで深みのある方。ダーリンとも熱く語ってました。

お二人とも、ほんと、気が休まるというか、暖かく人を受け入れてくれる感じで、この出会いを与えてくれたブログなるものに感謝!
ダーリンは、お二人を訪ねてハンブルグ&化石拾いにバルト海の島に行く気マンマンです(笑)
じゃじゃさんのお勧めは3月の寒いとき。ブルブル震えながら、化石拾いを楽しむそうです。
で、誰が同行するんだ?

(注)ダーリンは貝だけじゃなくって、化石も大好きだったりするのです...


じゃじゃさんとのお食事をきっかけに、日曜日は久しぶりのたけちゃん&マヌーちゃんファミリーとお食事。
そして、昨日は、ヴェネツィア・アシスタント時代に知り合った添乗員さんがいらっしゃって、またまた夕食会。最近起業されたとのことで、これからもイタリアに関わり続けられます。私も何かお手伝いができればいいのですが...また詳しいことが分かったら、こちらのブログでも紹介しまーす!

そして、明日は今の会社の前に勤めていた会社で知り合ったアンナちゃんがトリノから里帰りする、またまたお食事会...
金曜日はわが町のサグラ(お祭り)が始まるので、ダーリンはちょっと行きたそう...

そういえば、いつスーツケース準備するんだろう???
(「今このブログを書いている時にすれば?」という突っ込みは無しで(汗))
| 未分類 | COM(17) | TB(0) |
2008-08-01 (Fri)
ちょっと前まで涼しく、夏はいずこへといった感じでしたが、今は暑い!
寝苦しくって寝苦しくって。
キリンも涼を求めて家の中をうろついています。

さて、先週の週末、この猛暑から逃れるため、またまたCansiglioに行ってきました。

cansiglio luglio2008


土曜日のちょうど夕食時に到着。
お馴染みのレストランへ直行です。

その時の気温、13度!肌寒いほどで、思わずパーカーを羽織ります。

さて、晩ご飯!

まずはプリモ。ズッキーニとリコッタのラザニアとタルト

stella alpina1

これ↓はダーリンが食べた子ヤギの煮込み

stella alpina2

私が食べた豚肉の牛乳煮。

stella alpina3


オーナーが前回ブログに載せた事をとっても喜んでくれたので、今回もアップしてみました。

寒いくらいの夜だったので、掛け布団をしっかりかけて爆睡。
ただ、キリンは場所が違ったので、夜中、部屋の中をうろついていましたが。

さて、日曜日。のんびりゆったり過ごすつもりだったのに、この日はここで移民したトレビゾの人達の集まりがあるというではないですか!
ヴェネト版のニュースでも流れていたみたいで、結構大規模。

ちょっとしたパレードもありました。

trevisani nel mondo

こっちの人って旗好きですよね?こういうパレードになると常に旗が出てくる様な...

trevisani nel mondo2

パレードの次は、教会のお庭でミサをして、その後特設会場で大お食事会というスケジュールだったようです。

私たちは興味なし、むしろこの人ごみがわずらわしくって...

さっさと中心地を離れ、昨日のレストランに向かいます。
また食べるのかって?

もちろんランチの予約はしましたが、その前にその周辺の小道をお散歩。

散歩中、私は転びやすいので、下を見て歩きます。(山の景色を堪能できない人)

でもダーリンは、いつもあたりをきょろきょろ。
きれいなお花、変な虫、化石を常にチェック。

今回はエスカルゴ君を見つけちゃいました。

escalgo.jpg

キノコ探しをしたりと、小道だけではなく木が生い茂ったところ、急な坂も、どんどん進んでいくダーリン。

そして見つけたものは...

tuno.jpg



脱皮じゃなくって、自然に角がポロっと取れちゃうんですってね。
ちなみに、枝が4本あるので、3歳の鹿なのだとか。

kirin  corno

キリンもちょっと興味津々。

そして、少年ダーリン、やっぱりもって帰ってきちゃいました。

こんなんどうすんの???
| ITALIA - イタリア | COM(13) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。