12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-07-30 (Wed)
イタリアでの求職は、誰かのツテ(コネ、引き抜き、紹介)、もしくは履歴書を会社に送って、ポストに空きができたら連絡を受け面接となるパターンが多いです。
もちろん、日本的に募集がかけられて申し込むというケースももちろんありますが、こういう形式にすると、不採用となった人達全員に、不採用通知を出さないといけないので、小規模の欠員募集などの場合は、紹介とか手元にある履歴書を元に人探しするそうです。

さて、うちの会社にも、履歴書の持ち込みが後を絶ちません。

その中のお話です。

インターフォンで職探しをしていると告げられると、「では、履歴書を郵便ポストに入れていってください」とお答えしています。
だいたい、皆さん慣れているのか、分かりましたと履歴書を投函して終わり。

でもたまにこんな人が...

求職者:履歴書持ってません。
私: では、後日履歴書持って来て下さい。
求職者: 必要ですか?

履歴書無しで求職???
呆れてしまってなんて答えたか覚えてない...


また別の時には:
私: 履歴書を置いていってください。

求職者: あー、一部しかないので、そちらでコピーとってもらっていいですか?

雇ってもらいたい会社にコピー頼む???

電話でも問い合わせを受けます。

「うちの息子が仕事を探していまして、そちらで雇ってもらえませんか?」
息子の求職に、お母さんが電話してくるし(汗)

「では、履歴書(イタリア語でクリックルム)を郵送か持ってきてください」
数時間後、お母さんがやってきて一言。
「クニクロ持って来ました」(爆)

そして極めつけはこれ!

同僚が以前働いていた会社であった実際の出来事。

面接試験に、お兄さんが付き添ってきた女の子。

面接中はお兄さん、外で待機と思いきや、応接室まで一緒に入ってきます。

そして、質問をしても全てお兄さんが答える...
って、妹の面接なのに(汗)

日本だったら、たとえ付き添ってもらっていても、恥ずかしいから会社からうーんと離れたところで待っていてもらったりしそうなのに。
この兄妹、採用してもらうつもりがあったのかどうか...

あ、日本での経験ひとつ思い出した!
派遣会社から、新卒採用で某局の人事部に派遣されたときのこと。
学生たちは応募カードに簡単に学歴、自己PRを記入し、写真を貼ります。
その中に、ジャケットのポケットに赤いバラを挿して写真を撮っていた学生がいたっけ(笑)
スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(13) | TB(0) |
2008-07-28 (Mon)
イタリアでは、特にうちのように田舎になると、外国料理を出してくれるレストランというのはそれほどありません。なので、外食というと、イタリアン。あ、でも中華は結構どこの町にでもあるかな。当たり外れが思いっきりありますが(汗)

無性に他の国のお料理が食べたくなった時には、自分で作るしかありません。

そんな時の強い見方、Fajita kit (ファフィータ・セット)

messicano1.jpg

この中に、ピタパン、ソース、お肉の味付けの素も入っているので、後は野菜とお肉を切っていためるだけ。

messicano2.jpg

そして、トッピング用に、付属のソースの他、トマトのみじん切り、玉ねぎ・レタスの千切り、チーズ、サワークリームを用意します。

フライパンで温めたピタパンに載せて巻いていただきます。

messicano3.jpg

我家の簡単・なんちゃってメキシカン。
あ、欲張って具をのせ過ぎちゃうと、うまく巻けず、手がべとべとになるので、御注意を(笑)!
| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(13) | TB(0) |
2008-07-25 (Fri)
夏になると必ず行われるキャンペーンがあります。

20080725045234_convert_20080725165701.jpg

(本当は動物病院にあったポスターを添付したかったのですが、壁を塗り替えしたときに取り外したのでなくなってました。。。スローガンはそのままでキリンで代用(笑))

それは「ペットを捨てないで」というものです。

イタリアでは毎年10万匹の犬が捨てられ、うち60%が6月7月8月に集中しているというのです。
すなわち、夏の3ヶ月間で6万匹、一月にすると2万匹ととんでもない数字。
こんなに大きな数字だとピンと来ないかもしれませんが、2分毎に一匹捨てられる計算になります!

犬を飼ったはいいけど、バカンスに連れて行けないとかの理由でしょうが、犬を飼う前にそのようなことに気付かないのでしょうか?
犬にも心があると言う事を、分かってないのでしょうか?

犬は群れのなかで生きる習性があります。
キリンが何か悪さをして受ける罰の中で、一番キリンにとって辛い罰は無視されること。
ほんの一時間ほどのこの罰でも辛そうにしているのに、一生見放されるとなると、どれほど犬たちにとって苦痛か、心があるはずの人間なのに分からないのでしょうか?

幸いなことに、イタリアでは保護された犬が殺されることはありません。
収容所に送られて、次の飼い主を見つけるか、もしくはそこで一生を遂げることになります。

このブログにコメントをくださるihokoさんはそんな犬たちの収容所でボランティア活動をされています。
収容所の資金源は募金に頼るところが多く、集まった募金をどんなにやり繰りしても、月2000~3000ユーロ(日本円にして、33万円~50万円!)の水道代を払うのは厳しいものがあります。時には滞ることもあります。状況を知ってか、もしくはこの土地に興味のある人の陰謀か、7月からしばらく収容所の水が止められることになってしまいました。

詳しくはこちらを
http://blog.goo.ne.jp/aulin/e/bb7f10eef8929018bcc0160a52305fab

macoromさん、Ayaさんもこの件についてかかれてますので、ご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/macorom/e/c053a73cd03bc1b1eb791dd3769374e8

http://ladolcevita.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_9c97.html#more

夏に水が止められるということは、生き物にとってどういうことか、分からない人間はいないはず。
犬たちだって、自分の意思で収容所に来たわけではなく、わがままな人間に振り回されて、来るしかなかったという事を理解しているのでしょうか?

動物にだって、心があります。
幸せな一生を過ごしたいと思っているはず。
そのささやかな願い叶えるお手伝いができるのは、私たち人間。
どうすれば、全ての人間が心を持つことができるのでしょうか...
そして、「昔こんなひどいことがあったんだよ、今の犬たちは幸せだよね」なんていえる日が早く来ますように...
| ITALIA - イタリア | COM(11) | TB(0) |
2008-07-21 (Mon)
暑くなるとサッパリしたギリシャ料理が食べたくなる我家。
土曜日も、ギリシャ料理をしようと本をぺらぺらめくってはメニューを決めていきます。
サジキといわれるヨーグルトソース、ギリシャ風サラダ、ポロネギを使ったパイにズッキーニの花のハーブライス詰め...
メインはどうしようかと考えていると、目に入ったのがスブラギ(鳥の串焼き)。
でも、ピンと来るレシピがなく。
鳥の串焼き、鳥の串焼き...と考えていると無性に焼き鳥が食べたくなってきた。。。

一旦焼き鳥が頭に浮かぶと、もうギリシャ料理なんて吹っ飛んで、私の中は焼き鳥一色(笑)

そこで、土曜日の晩ご飯は焼き鳥に決定!
普通に家のグリルでの焼き鳥はなんだか物足りない。幸い上の階の住人はバカンスで留守中。
こんないいチャンスは二度とないので、やっちゃいました、七輪@ベランダ!

超御近所さんとなったろんまさん(歩いて3分の距離なり!)も誘い、私は苦手だけど、ダーリンが大好きなレバーとすなずりも準備してきてくれました!

こちらは準備が整ったというのに、ダーリン、キリンの散歩に行ったまま帰ってきません(汗)

そろそろ火をおこさないといけないんじゃない?って時間になっても帰ってこない...

何でもできるろんまさん、さすがに七輪で火を起こした事はない。もちろん、私も経験なし...
でも、よく考えるとイタリア人であるダーリンも七輪で火を起こすなんて、もっと経験ないでしょう(笑)

見よう見まねで火を起こしているところに、ダーリン帰宅。

この七輪だけでは時間がかかりすぎるので、家の中のグリルで下焼きして、仕上げを七輪でするとあっという間に出来上がっていきます。

yakitori1.jpg

火の番、ダーリン
次回は甚平を着て、ねじりハチマキをすると言ってます(笑)

yakitori2_convert_20080721173230.jpg

yakitori3.jpg

ビールにお漬物とオヤジご飯になりましたが、皆でパクパク。ロン君も上手に焼き鳥食べます。

でも、ここはイタリア。最後はレモンチェッロで閉めようとするも、冷蔵庫のリモンチェッロは既に空。
って、どうして空のビンを冷蔵庫に入れ続けるのか?
ダーリンいつもこうなんです。飲み終わったもの、または1cmしか残っていないようなものでも、冷蔵庫に戻すんです。「モーッ!」というと、ろんまさん「うちもだよ」とあっさり。
イタリアではこの飲み終わりもしくは限りなく飲み終わったボトルを冷蔵庫に戻すのって普通なの???

とにかく、楽しくおいしい夜でした!
| AMORE - ダーリン | COM(25) | TB(0) |
2008-07-15 (Tue)
サルミーのために摘んできた草なのに...

DSC02641_convert_20080715195604.jpg



キリンが食べています。

おいしいの???

サルミー:僕にも分けて!

DSC02642_convert_20080715200153.jpg


お互い両端からモグモグ

DSC02643_convert_20080715200335.jpg


最後はチュッ
| KIRIN | COM(21) | TB(0) |
2008-07-10 (Thu)
海滞在中には村の農業祭りなんかもありました。

caorlesagra1_20080710044602.jpg


これ、今年が3回目ということで、私たちが行った2年前が初回だったのですね。
一回目のときはそれほど目を引くものはなかったのですが、今回はクラシックカーならぬクラシックトラクター、クラシック自転車の展示があったり、移動遊園地があったりとちょっとレベルアップ!

caorlesagra4.jpg


caorlesagra2.jpg


あ、そういえばバンドも入ってコンサートもしていたな。

そんな中、放送が入ります。
「ロバが逃げました。皆さん注意してください」

ふと見ると、みんなロバ捕獲に翻弄しています(笑)

捕獲後も

「ロバが捕まりました。皆さんの御協力どうもありがとう」なんて放送されてるし。

caorlesagra3.jpg


なんともゆるーい村祭りでした。

日曜日は早めに切り上げて家に帰ったところ...


それまで良かった天気が一転して嵐に。

そして、一旦おさまったかと思ったら次は予期せぬものが降り出してきました!


hyo1.jpg


これ、お向かいのお庭なんですが、白くなってるの分かります?

雹です、雹!

ダーリンは顔面蒼白。だって、車は青空駐車。雹に、それも大きな雹に直撃されたら、ボコボコになっちゃう。。。

雹が降り止んだ時、ダーリン、すかさず車チェック。

そして、見事にやられてました。

hyo2.jpg


そりゃ、こんな大きなの(これでも手の熱で大分溶けたあとです)が降ってきたんじゃ、無傷でいる方が難しいよね。

という私の車は木の下だったので、ほぼ無傷(天井あたりに2つほどへこみがありましたが)。

ちょっとショックな週末の締めくくりとなったのでした。
| ITALIA - イタリア | COM(14) | TB(0) |
2008-07-08 (Tue)
週末、お天気も良かったので、今年初のビーチへ!

今回はキリンも一緒。なので、パラソルやビーチチェアーが備え付けられているようなところではなく、何にもないところに行かないといけません。
私たちが行くところは、バールもないので、食べ物・飲み物も全て持参。
パラソル、ビーチベッド2台、食べ物・飲み物をカートに積んで、砂浜移動!

そんな苦労も全てはキリンのため!

せっかくですので、海に入っていただきましょう!

kirin050708.jpg


もう、水を見ようものならいつもの倍以上の力で引く引く(笑)

でも、そんなことには負けないダーリン。
周りが笑っていてもキリンを無理やり海の中へ。

kirin050708-2.jpg


海から出ようと必死です。


一目散にパラソルの下へ。

ショックから立ち直ると、次は穴掘り。

kirin050708-3.jpg


これなので、ビーチベッドが必要。キリンが穴を掘り始めると、タオルをしいただけでは全身砂まみれとなってしまうのです(涙)

まだまだ掘り続けるキリン。

kirin050708-4.jpg


このままだとベッドのバランスが悪くなりそう(苦笑)

海に入ったり、お昼寝したり、本を読んだり。
とってもリラックスできた1日。
キリンにとっては悪夢の一日だったけど(笑)

そして、私たちのリラックスはここで終らないのでした。

その日は、海の近くに宿をとったのですが、ここが大正解!

アジア大好きなマダムが経営するB&Bは、内装は全てアジアンテイスト。
私たちのお部屋はインドで、他のお部屋はインドネシア、中国(あともうひとつ忘れた...)とそれぞれコンセプトが異なります。

そして、極めつけは...

caorlebb.jpg


大きなお庭の中にある露天風呂!

これが温泉なので、もう最高!
水温が低いから、夏しか使えないけど、家にこんなのがあればと思わず夢を見るのでした...
| KIRIN | COM(16) | TB(0) |
2008-07-04 (Fri)
去年のちょうど今頃、キリンの耳に穂が入って大変でした。

なので、穂が出てくる時期になると、散歩が怖くなります。

そして、今年もやっちゃいました...

穂がいっぱいの道を通り抜けてすぐに、キリンの耳チェック。
特に異常は見られず、進もうとすると、キリンの様子がちょっと変。
キリンは本当に分かりやすくってちょっとでも体に異変があると、私にぴったりくっつくのです。
「また耳に入ったんだ」とすぐ引き返して、車に乗せて病院直行。

すると、今回は多分入りたてだったようで、奥の方に入り込んでなくって、麻酔無しですぐに取れたのでした(ホッ)

spiga.jpg


この穂が、耳の巻き毛に巻きついて、そして散歩しているうちにどんどん耳の中に入り込んでいくんですよね。。。なので、散歩中、散歩後の耳チェックは欠かせません。

そして、耳だけじゃなくって、足も気をつけないといけないのです。
指の付け根辺りに穂が刺さると、これまた大変。

kirinzampina.jpg


足ではないのですが、おなかに刺さっていました(怖)
はじめ気付かなくって、キリンったら変なところずっとぺろぺろ舐めてなんておもっていたら、穂が刺さっていたのでした...

皆さんも、穂に御注意を!

おまけ

kirinzampina2.jpg



キリンの爪は、白、ピンク、黒の三色♪
| KIRIN | COM(9) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。