12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-05-28 (Wed)
さて、先週予告していた通り、旅行に行ってきました。

結構ぎりぎりになって宿の予約を始めたため、第三希望全てアウト(涙)

第4希望のシルミオーネに決定!

今回の旅行のコンセプトは温泉でリラックス。
シルミオーネには山ほどホテルがありますが、私たちが選んだのは、普段めったに泊まることのない4つ星ホテル。

sirmione 2


チェントロを入ってすぐのところにあります。

温泉も楽しめるし、観光も楽しめる一石二鳥のシルミオーネ。

sirmione 5


半島先端にある、 Grotte di Catulloは紀元前100年から紀元後100年の200年をかけて作られたヴェローナのVALERIOファミリーのお屋敷。ローマ時代の詩人Catullo Valerioもそこに住んでいたといわれています。ちなみに、ヴェローナ空港の名前もこのCatullo Valerioが使われています。

グロッタと聞いて、洞窟だから寒いかもしれないから上着を持っていかないと。。。なんて思っていた私。貯水システムが発展していたから、グロッタと呼ばれていたみたいですね(ダーリン談)。

sirmione 4


sirmione 3


最高の眺め!

貯水システムとか、こういった建物を紀元前に作ったって、偉大すぎるローマ人。
どこをどうやったら、今のイタリア人になったのでしょうか???

たまーにこうやって外を散策したりしましたが、基本的には手がしわしわになるまで温泉(笑)

sirmione 6


sirmione 7


すっごく小さくって、たくさん人が入ったら身動き取れなさそうだけど、大部分のお客さんは、湖観光したり、もっと大きな総合温泉施設(チケットが宿泊費に含まれているプランがあるのです)を利用したり。そして、ほとんどの人は、温泉に入るでもなく、日焼けに集中。
温泉に入っているのって、ちびっ子か私たち(笑)
サウナもほとんどいないし、いたとしても数分で撤退なので、貸しきり状態。
体の水分が全て飛ぶんじゃないくらい、サウナに入りまくりました。

かなりリラックスできた週末。
キリンとサルミー無しは寂しかったけど、たまにはこういうのもありですよね。
おかげでダーリンの魚の目もきれいになりました!
スポンサーサイト
| Viaggio - 旅行 | COM(11) | TB(1) |
2008-05-27 (Tue)
週末小旅行にあたって、今回は実験的な試みをしました。

それは、キリンを一緒に連れて行くのではなく、ペンションに預けたのでした。。。

キリンは今まで、ステファノの家ではおとまりがあるけど、それ以外は経験なし。何らかの事情があって、ステファノの家で預かってもらえないこともありえるので、手慣らしに2日間のペンション生活。

行き先は、ステファノの奥さんのお友達夫婦が経営しているペンション。ワンちゃんが体調悪くなった時のかかりつけの獣医は、ダーリン友達の経営する病院。ステファノの奥さんもそこで働いているので、とっても心強い。

ficcanaso3.jpg


ここでは、ワンちゃんのしつけ教室もしています。お庭が広いのなんのって。こんなところでキリンも遊ばせれたらな。。。

ficcanaso.jpg


キリンが泊まるのは、この写真のグリーンの囲いの中。
どのような構造か分かる写真を撮るのを忘れちゃったので説明すると、

pensione cane


これは上から見た図で、縦割りでほかのワンちゃんと分けられます。
上段、すなわち一番奥が個別のお庭。
中段部分も個室になっていて屋根と犬小屋があり、奥のお庭と自由に行き来できます。
下段、すなわち、入り口は、3軒にひとつの割合で皆が遊べる憩いの場Tなってます。
こちらは扉がついているので、ペンションのオーナーが扉を開放してあげると皆で遊ぶことが出来ます。

ペンションのオーナーは飼い主から、ワンちゃん情報を聞いて、そのワンちゃんに合ったルームメイトを組み合わせます。もちろん、ほかのワンちゃんに危害を与えるような犬は別の犬舎でほかの犬と交流のないように配慮します。

キリンのルームメイト候補は、エリカちゃん、シェパードの女の子。3歳だから同い年!
ヴェネツィアに住んでいて、飼い主さんはイギリス人。なので、言葉は英語です。
彼女も人見知りが激しく、ほかの犬と仲良く出来ないのだとか。キリンもほかの犬とあまり仲良く出来ないし…


ちょっとドキドキのご対面でしたが、キリンの方はエリカちゃんのことが気に入ったよう。
エリカちゃんは、逃げたそうでしたが。。。

ficcanaso2.jpg


翌日キリンの様子を知るべく電話してみると、かなり鳴いていたそうです(汗)
あまりにもなきやまないので、怒鳴ったら静かになって、それからは吼えることもなかったそうです(ホッ)

そして、日曜日、キリンをお迎えに行くと、空き室だった右隣にも入居犬がいました。オスのアイリッシュセッター。このアイリッシュセッターは7年来の馴染み客で、ちょっと、気難しくなっているからここ5年はオス犬とは組み合わせないようにしていたそうです。でもキリンなら大丈夫かも…と試してみると、仲良く遊びまわってたらしい。キリンって犬嫌いじゃなかったのかしら?きっと私たちが一緒だと、守ろうという意識が働くのかもしれないですね。

とにかく、キリンも無事ペンション体験を済ませることができました!次もきっと大丈夫でしょう♪

あ、お庭で遊んでいた時間が多かったのと、雨が降って地面がドロドロだったので、我家に着くと、キリンにはお風呂が待っていたのでした(笑)
| KIRIN | COM(3) | TB(0) |
2008-05-21 (Wed)
いつもお散歩に行く川原は、今ベビーブーム。
お母さんガモが子ガモを引き連れて泳いでいる姿をあちらこちらで見かけます。

なんとも微笑ましい風景で、歩くのをやめてじっと見たい衝動に駆られますが、油断禁物。
下手すると、一緒に運河に引きずられそうになります。

そう、カモがいっぱいということは、キリンにとってはもうそこはパラダイス!

この時期、私とキリン二人での散歩中は絶対に放さないのですが、ダーリンと一緒の時には、人がいないのを見計らってキリンを放します。


やっぱり一目散に、カモ軍団に近づきます。

携帯で撮ったので見難いのですが

Foto0042.jpg


相変わらずお風呂と聞いただけで恐怖を感じるくせに、鳥を見るとやっぱり猟犬としての血が騒ぐのでしょうか、どんどんお水に入っていきます。

Foto0044.jpg


向こうの方には、カモご一行さまが。
この日は大雨だったので、水かさも増していて、流石に向こう岸には行こうとしませんでした。

と、ここで、ダーリンが介入したので、キリンの冒険はここまで。

カモご一行様は無事でした。

でも、無事じゃなかったこともありました(涙)

先日、休みの日にうちの近くの学校に入ってキリンを走らせたときのこと。
前方に小鳥の集団がいて、キリンが軽い足取りでその鳥の一匹を襲ったのです。
その時は小鳥はまだ生きていて、草むらに隠れました。
するとキリンも草むらに入って小鳥探し。
ダーリンも負けじと、小鳥探し。キリンよりも早く見つけて逃がしてあげようとしていたのでした。

と、その時。。。

ピー、ピッ、ピッ、ピッ、ピー...シーン

そう、一歩先にキリンが見つけて、とどめを刺したのでした(怖)

私たちが、呆気に取られている横で、キリンは意気揚々。。。ステファノにうわさは聞いていたけど、実際目にしたのは、はじめて。言葉も出ない。
恐るべし、暗殺犬。

サルミーが鳥でなくって良かった。。。
| KIRIN | COM(6) | TB(0) |
2008-05-20 (Tue)
昨日、5月19日は8回目のお付き合い記念日。ダーリンからすると、結婚記念日より重要らしい。いずれにしても、記念日が多いのは、お酒が飲める口実になるからウェルカムです(爆)

といっても、週末に小旅行がしたいのと、あと外食の気分ではなかったので、家で質素に、それも残り物を食べたのでした(笑)
シャンパンと残り物の組み合わせ。これがいずれは残り物と、テーブルワインの組み合わせになる日も近い。。。

でも、ちょっとしたサプライズが!
プレゼント魔のダーリン、何もせずにはいられなかったみたいで、花束のプレゼント。





ほかのプレゼントだったら貯蓄に回してよ、と夢のないRicciaも、花だとうれしくなってしまう。お花を飾ると家が明るく華やかになりますもんね。


花束についていたリボンを見て、ずーっとやりたかったことをやっちゃいました。


anniversario8-kirin_convert_20080520213650.jpg


キャンディ・キャンディ・キリン!

両耳に付けてあげたのに、首をブルンブルンするから片方取れちゃったし、おまけに上下逆になってしまった。。。

ついでに、サルミーにも。

anniversario9-salmi_convert_20080520231613.jpg


クビにちょこんとリボンがついて、かわいい(自画自賛)

anniversario9-kirinsalmi_convert_20080520230424.jpg


お二人とも、お付き合いありがとう。
記念日ということで、こんな飼い主だけど多めに見てください(笑)
| AMORE - ダーリン | COM(14) | TB(1) |
2008-05-12 (Mon)
先日我家を訪れていたウサギのアルビーゼ君のその後です。。。


予定では週末をうちで過ごして、また病院に戻り、足が完治したらステファノの家に連れて行かれるはずだった、アルビーゼ君。
月曜日、「あーもうアルビーゼ君はいないんだなぁ」と思って家に帰ると、まだいました、アルビーゼ君!
その翌日もずっとダーリンは病院に連れて行こうとせず、そうなると日に日に愛情も増していくばかり。
もう、我家の一員になっちゃいました(笑)
ステファノも、引き取り手がなければ引き取ると言うスタンスだったので、アッサリ満場一致でうちの子となったアルビーゼ。

キリンともなかよしです。

kirin salmi2


キリンの周りをちょこまか動き回ります。
たまにキリンの足の匂いをかいだりして(笑)

キリンも負けていません。

気がつくと、アルビーゼ君を口にくわえています(爆)
たまにアルビーゼ君、宙に浮いてるし。

kirin salmi3


食べてるわけじゃないですよ、なかよしなんです、多分。。。

いつも、アルビーゼ君の背中は濡れています(爆)


キリンにえさをあげると、なぜかアルビーゼ君もキリンのおわんに直行。
キリンも優しいから、アルビーゼ君と仲良く半分子。


kirin salmi1



って、ウサギがドッグフード食べていいの???

もちろんよくないので、今はキリンのえさの時間はアルビーゼにニンジンをあげています。
すると、素早くキリンのドッグフードの方に移動するアルビーゼ君。
またドッグフード食べようとして...と、アルビーゼを離そうとすると、なんとじぶんのニンジンを持ってキリンのおわんの前で食べてます。一人テーブルじゃ寂しくって、相席がよかったのかな(爆)

正式に我家の一員になるにあたって、ダーリンがアルビーゼ君の名前を改名しちゃいました。
その名もSALMI' (サルミーでミにアクセント)。
その意味は野禽獣の肉の煮込み。。。

ひっどーいでしょ?

でも、Salmi'って呼ぶと飛んでくるし(笑)

と言うことで、我家の新しい仲間、サルミーもよろしくね☆
| KIRIN | COM(14) | TB(0) |
2008-05-09 (Fri)
先日ダーリンが作ってくれたご飯のご紹介。
その名もSaltimbocca alla romana(サルティンボッカ アッラ ロマーナ)

伝統的なローマ料理らしいです。
その名前の由来は、お皿からすぐにお口の中に飛んで来て欲しいという願いから来ているのだとか?(参考にしたレシピにはそのように書かれていました)

材料(4人分)
薄切り子牛肉 (直径10cmくらい) 8枚
生ハム 8枚
フレッシュセージ 8枚
バター 40g (我が家では半量くらいにして、オリーブオイルと併用しました)
水 大さじ一杯
塩、こしょう

子牛肉を約5mmの厚さになるまでたたき、塩こしょうします。
それぞれのサルビアの上に、生ハムとセージをのせ、爪楊枝で固定します。
オリジナルはここまで(写真の真ん中が正式です)なのですが、ダーリンはその上にまた子牛肉をのせちゃいました。

saltinbocca1_convert_20080421200911.jpg


フライパンに、バター(30g)を強火で溶かし、片面を数分ずつ焼きます。

saltinbocca2_convert_20080421201301.jpg


お肉をお皿に盛りつけます。
フライパンにお水と先ほど残ったバターを入れてよくかき混ぜ、先ほどのお肉にかけて出来上がり!


saltinbocca3_convert_20080421201508.jpg
| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(8) | TB(0) |
2008-05-06 (Tue)
先週、先々週と連休つづきだったイタリア。でも、ダーリンがお仕事だったため、我家では連休にあやかれず(涙)

でも、春だしどこかに行きたいということで、土・日を利用してCansiglioといううちから車で1時間ちょっとの山に行ってきました。
本当は日帰りでも十分なんだけど、日ごろのストレスを解消しようということで泊まりです。

cansiglio6.jpg


あいにくお天気はよくなく、日曜日の明け方には雨が降ったみたいで、小道は足場が悪くなっていて、残念ながらトレッキングは出来ませんでした...

でも、足場のいいところを選んでちょっとお散歩。

cansiglio3.jpg


春で、お花もきれいです。

cansiglio4.jpg


これはGenziana(リンドウ)。根っこはグラッパに使われたりします。
ダーリンはこのグラッパが大好き。でもかなり苦いです。


途中ハエよけのようなかごも見つけたり。
なんに使われるのかな?
ダーリンはおじさんの家でこんなかごを見たことがあるといいます。
ウサギを中に入れて、草を食べさせていたのだとか。柵があることで逃げないし、また鶏に襲われることもないとか。

キリンを入れてみました!

cansiglio5.jpg



一泊二日にこだわった理由のひとつ、上げ膳・据え膳。
なんとなく入ったレストランが大正解!

cansiglio7.jpg


その辺りで取れる野草を使ったりして、家庭的な優しい味。
お値段もお手ごろとくれば、結局2日連続お昼を食べに行きました。

cansiglio1.jpg


これは、ダーリンが食べた鶏肉と古いパンを具にしたスープのようなもの。名前忘れました。
本来は、ハト肉を使うのが正式みたいですが(実際ダーリンもアーゾロで食べたときはハト肉でした)、ここでは味をマイルドにするために、鶏肉をつかっています。とってもデリケートなお味で、ダーリン大満足!

私が頼んだのは、ジャガイモを生地にしてキノコを巻いたもの。

cansiglio2.jpg


重くなりがちな一品ですが、料理法がいいのか、アッサリ食べれちゃいました。

日曜日のお料理は残念ながら写真に撮ってませんが、土曜日にオーナー自ら山にとりに行ったCarlettiを使ったPasticcio(ラザニアみたいなもの)とOrtiche(イラクサ)とポテトのスープ。

何を食べてもおいしい!

LA STELLA ALPINA
Via Cansiglio, 187
Loc. Crosetta - Fregona (TV)
tel: 0438/585587

ここなら、日帰りでも疲れない距離なので、これからもリピート決定!
| Viaggio - 旅行 | COM(12) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。