123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-30 (Fri)
こちらイタリアはすっかり寒いですが、秋の味覚について。



かなり前になりますが、ダーリンが張り切ってきのこをお料理



pioppo.jpg


確か、Pioppinoだったと思う(汗)

きれいに洗って、適当に分けます。
鍋にオリーブオイルとにんにく入れていため、そこにきのこを入れて白ワイン、塩コショウ、イタリアンパセリを入れてやわらかくなるまで煮込むだけ(だったと思う…)最後にバターも入っていたような…

pioppo2.jpg



このままコントルノ(副菜)としていただいてもおいしいけど、これを使って簡単にパスタソース、リゾットも出来てしまう、一度で3度おいしい一品!

pioppo3.jpg


きのこに生クリームを混ぜて、Tagliatelle(タリアテッレ)に絡めたり、

pioppo4.jpg


あるときは、オリーブオイルと玉ねぎのみじん切りをいためてから、このきのこを入れて、リゾットにしたり…

写真にはしていないけど、ブルースケッタにしたり。
用途たくさんなので、たっぷり作っても完食できます。



もうひとつ、秋といえば…

ginko.jpg


銀杏!


NATURA VITAのakiさんが送ってくださった、日本の秋!
akiさんに秋をもらうなんて、オヤジのダジャレみたいですが(笑)

イタリアで銀杏拾いをされて、わざわざ送ってくださったのです!(銀杏に関してはakiさんのブログをみてくださいね)

封筒に鼻を近づけると、しますします、あの香り!
くっさいけど、懐かしいあのニオイが!

ダーリンにも目を閉じて封筒のニオイを嗅いでもらうと…

『GINKGO!(銀杏だ…)』とニンマリ。

ダーリン、大の銀杏好きなのです。変わってますよね。



食べすぎはよくないということで、ちびちび和食に併せていただいています。

wasyoku.jpg


銀杏に、タラの西京漬けに、ワカメスープに、ナスの揚げ煮に、キムチ(和食じゃないって?)!

イタリアで頂く日本の秋。

銀杏が食べれたのもうれしかったけど、でも何よりもうれしかったのはakiさんのお心遣い。
akiさん、どうもありがとうございました。

暖かい気持になった寒い夜の晩ご飯でした。
スポンサーサイト
| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(9) | TB(0) |
2007-11-27 (Tue)
今回もしっかりお買い物してきた我家。
ユーロ高もあって日本でのお買い物はかなり割安。

船便2箱にSAL便2箱分…
ちなみに、SAL便は2箱とも発送から約8日後に届きましたよ。
おまけに、手数料なし!
これって日本だったら当たり前のことなんだけど、イタリアではとてつもない幸運に恵まれたかのようで、後が怖いのは気の性(爆)?

とにかく、かえる君たちも無事みんなに迎えられました。

omiyage1.jpg


これ、右の方は本当は灰皿を上に置くみたいなのですが、キャンドルを置いて、リラックスバスタイムを演出する予定。
お風呂場にいるので、もう一匹のカエル君は濡れないように傘をさしています(笑)


omiyage2.jpg


このスリッパ、分かりにくいかもしれませんが、5本の指が分かれていて、ツボ押し効果もあるお風呂上りリラックススリッパ。
これ、夏の里帰りの時に通販カタログの気になる一品だったけど買わず終いだったもの。そんなこととは知らないダーリンが、LOFTで私にといってプレゼント!恐ろしいくらい趣味が一緒です。
これ、お風呂上りにはいているのですが、とっても気持よくってやめられません!

これは私が本屋を見ている時に、ダーリンが買っていたもの。

omiyage8.jpg


って、本を買うのはいいんだけど、誰が作るんでしょうか...?


そして、これは友達の旦那さんからのプレゼント。
omiyage3.jpg


ダースベイダー!!!

この旦那さん、つぼにはまっちゃうと何でもコレクションするコレクター。おうちに遊びに行ったときに、ダーリンが欲しい欲しいと言っていた事を知ったご主人。その日の夜にゲームセンターに行ってUFOキャッチャーでゲットしてくれたのです。
ちなみに、これ頭がすっぽり入るサイズ。これを付けると、キリン、ビクッとして、逃げ回ってました(笑)って、ニオイで私って分からんのかね?


もちろん、キリンにもこんなお土産を用意。



omiyage4.jpg



なんて書いているのかな?





oomiyage5.jpg



キリンにぴったりなお言葉!

これね、着させてあげるとまんざらでもないみたいで結構気に入ってるみたいです、本人。寒くなったからちょうどいいのかな?

omiyage6.jpg


ジャージも着たことだし、ちょっと運動を

omiyage7.jpg


この青いボールの中に、ビスケットなどを入れてあげて、ワンちゃんが転がしながら穴から出して食べる仕組み。
普段はおもちゃに見向きもしないキリンだけど、この遊びだけはサッカー選手なみの足裁き、ヘディングを披露してくれます(笑)
食べ物がかかっているとなれば、真剣勝負!

後は2箱の船便が届けば、旅行が完結。
でも、いつ届くことやら…そして、届く頃には何を入れたか忘れてるんだろうな。(もう既に忘れているって?)
| Viaggio - 旅行 | COM(18) | TB(0) |
2007-11-22 (Thu)
日本滞在中にダーリンの誕生日もありました。

都会の喧騒を逃れて自然の中でゆっくり過ごしたいというダーリンの希望に沿って、今回訪れたのは奈良県吉野。

電車に揺られてのーんびり。
電車の中ではダーリン、子供のようにずっとDSで遊んでました(笑)



yoshino1.jpg


さて、吉野に到着!

ロープウェイに乗って、中心街で、軽くお昼ご飯

yoshino3.jpg


腹ごしらえが済んだら、ハイキングスタート!


yoshino2.jpg


蔵王堂。
立派な木の柱が印象的。
その他歴史のことは聞かないで…(汗)

yoshino4.jpg

yoshino9.jpg



きっとここって春になると桜が咲き乱れて、きれいなんだろうな…
紅葉もきれいなんだろうな…

yoshino5.jpg


何の神社か忘れちゃいました(汗)
yoshino6.jpg


ワビサビ

yoshino7.jpg


西行庵
ここももう少し遅く行けば紅葉がとってもきれいなポイントだったらしい…

yoshino8.jpg


ここが折り返しポイント。既に5キロくらい歩いている私たち。
帰りももちろん歩いて。

本当は帰りに温泉にでもつかってなんて思っていたら、そんな時間は全然なし(涙)
きれいな夕焼けを見て、吉野をあとにしたのでした。



yoshino10.jpg

yoshino11.jpg


紅葉も桜もない中途半端な時期に行ったけど、これはこれで、観光客もほとんどいない静かな時間を過ごせてよかったのかもしれません。と、前向きに考える私。

その日の晩ご飯は二人でお祝いしたのですが、翌翌日、ダーリンの誕生日&私たちのお別れ会があったのでした。

メニューはも・ち・ろ・ん…




compleanno3.17.10.2007.jpg



焼肉!

霜降り和牛がなんともいえません!!!
自分で写真を見て思わず涎が出そうになってるし…



compleanno17.10.07.jpg


姪っ子ちゃんたちからプレゼントを受け取るダーリン。大喜びです。

その中身は…


ポッキー20箱!

これを買っているとき、3歳の姪っ子ちゃんが真剣に心配していたそう。
こんなに食べて大丈夫なの?って(笑)
3歳児に心配される41歳って…


compleanno2.17.10.07.jpg


姪っ子ちゃんったらほっぺにチューのスペシャル大サービス!
チューチュー星人のダーリン、メロメロ!

焼肉で始まって焼肉で終った私たちのバカンス(笑)

はぁ~、次のバカンスまであと一年…
頑張りますか…
| AMORE - ダーリン | COM(11) | TB(0) |
2007-11-20 (Tue)
またまた日本旅行記を中断して、この数日の出来事です。

というか、日本旅行記とちょっと関連する最近のお話。私、今回はちょっと切れました。

日本から帰るときに、いつも頭を悩ますのがダーリンパパへのお土産。
今まで持って帰ったお土産はどれもお気に召さない様子。
私たちから見るとかなりいける和食器だったのに…
(私たちは100均の和食器なのに、奮発したにもかかわらず…)

で、最近では無難な洋菓子にしています。

今回は空港でロイヤルホテルのお菓子セット(大)を購入。
でも、機内販売でダーリンパパが欲しがっていた、心拍数を図れる万歩計があったので、そちらも購入。
ということで、ロイヤルセットのお菓子セットは我家と半分こにすることにしました。

で、ダーリンパパ、先日の日曜にうちに来てダーリンに一言。

『もらったけど、賞味期限大丈夫だったの?みんな(パパの奥さんとその家族)賞味期限を気にして食べないんだ。』

って、そんな賞味期限を切れたものを私たちがあげるなんて思っているの????

何でも、今までにそういうことがあったらしい…

って、ありえない!
多分、日付の書き方が平成を使っていたり、年・月・日の順序がイタリアでは日・月・年だから、分からなかったのかもしれない。
でも、でも、私たちが賞味期限が切れたものをプレゼントしていたって、ずっと思っていたってことよね?

それをあとでダーリンから聞いたときには、怒りが爆発して、
『そんなん言うんやったら、返してもらってよ。
私が全部食べるから!』

ダーリンもそーだ、その通りだなんて二人でプンプン状態。

それに便乗して、クリスマス・イブの夕食会ストさせてもらう事を宣言!
そもそも、年に一回の行事だけど全然乗り気じゃないし、今年はダーリンが緊急当番で電話で呼び出されると、行かないといけない。そうなると、私一人取り残される可能性も大。ますます行きたくない!!!

と、一ヶ月先のクリスマスの心配をする中、いいお話もありました。

それは、同僚に赤ちゃんが産まれたこと。
でも、この産まれ方が普通じゃなかったのです!




長女を幼稚園に連れて行ってからすぐに産気づいて、旦那さんが駆けつけてくれたけど、救急車が来ない!

でも、もう頭が出かかった状態!!!

で、118(日本の119番)に電話で指示を受けて、なんと、旦那さんが次女を取り出したのでした!

救急隊員が駆けつけたときには、既にお母さんのおなかの上に赤ちゃんが横たわった状態でびっくりしたとか。

こちらでは、新聞にも載ったし、ニュースでも放送されていました。ご覧になった方います?

そして、もし自分だったら…なんて思わず想像しちゃいました。
うちのダーリンだったら、きっと私のこと、犬扱いしそう…産まれた子供の首根っこつかんだりして(爆)


エヴァちゃんと名づけられた元気な女の子。
これからもいろんなサプライズを両親にプレゼントするのでしょうね!
| ITALIA - イタリア | COM(12) | TB(0) |

USJ

2007-11-15 (Thu)
毎年里帰りをすると姪っ子ちゃん一号のゆーちゃん(今は4号までいます!)と一緒にお出かけする私たち。
今のところ一緒に行った場所は、海遊館、映画、キッズプラザ。

今年は、待ってましたのユニバーサルスタジオジャパン!
ゆーちゃんよりも私たちのほうが喜んでいたりして(笑)

幸い、小学校の創立記念日だったので、平日に行くことが出来ました。
怖がりのゆーちゃんが何も乗り物に乗らない可能性もあるので、ゆーちゃんのお母さん、兄嫁も一緒で、4人でユニバーサルスタジオへレッツゴー!

20071106214938.jpg


平日なのに結構な人出。
修学旅行生がとっても多い。よく見てみると、韓国からの修学旅行生も!リッチじゃのう。

20071106215301.jpg


ちょうどハロウィン前だったので、こんな風に飾りつけもハロウィン物がいっぱい!

20071106215734.jpg


映画を題材にしているとあって、ブルースブラザーズのショーもあって、ダーリン、ノリノリで聞いています。

20071106215025.jpg


大人だけじゃなくって、小さなお子様向けにスヌーピータウンもあったり。

ここでのハプニング。
ゴムボートに乗っての滑り台があって、乗ってみたいけど濡れると嫌だなと思って、降りてくる人を観察。すると、それほど濡れないみたい。
ということで、チャレンジ!
二人一組なので、私が前に座って、ダーリンが後ろ。すると、ダーリンのバランスの取り方が悪くって、ゴムボートの中に水が入ってくる、入ってくる。でも、ゴムボートは止まらない…
たった数秒のスライドだったのに、終る頃にはお尻びしょぬれ…って、こんなに濡れている人いないんだけど(爆)

そういえば、前回着たときも、ジュラシックパークで思いっきりやられちゃいました。
それほど濡れないだろうと高をくくってカッパをケチったら、与えられた場所が最前列。
見てみると、最前列の人だけカッパを着ていません。
ということは、最前列が濡れないのかな?と思いきや、一番水がかかってくるところだったみたい。
これは、カッパをケチるなという、USJからの見せしめだったのでしょうか(笑)
皆さん、カッパはちゃんと買いましょう!

とにかく、USJでは私たち濡れる運命にあるみたいです…

今回のアトラクションで一番びっくりしたのは、3Dの多いこと。スパイダーマンも3Dのサングラスを付けて乗り物に乗り、揺れたり、燃えたり、急落下したりとスリル満点!

劇場タイプのシュレックでも、3Dのサングラスを付けて見るのはおなじみですが、座席が動くだけじゃなくって、くしゃみをしたら水がかかってきたり、水に入ったりすると上からシャボン玉が降りてきたり。
すごい進化しているのに、びっくり!

肝心のゆーちゃんは怖がってあまりアトラクションに乗らなくって、私とダーリンが二人満喫した形となってしまいました(汗)

来年はどこに行こうか、今から楽しみです。


20071106215608.jpg

| Viaggio - 旅行 | COM(7) | TB(0) |
2007-11-12 (Mon)
台風の後の石垣島を満喫したあとは実家のある大阪へ!

そこで、ずっと楽しみにしていたsanaeさんGiannaさんとのオフ会をしました!

parco-rana.jpg

写真は全然関係ないですが、近所の公園で遊ぶダーリンです…


既に友人宅で、ビール、シャンパン、ワインを飲んできていた私たちはすっかり出来上がった状態で参加。って、6時集合に出来上がっている私たちって…
途中、コンビニで栄養ドリンクで襟を正します(笑)
おかげで緊張どころではなかったかも(笑)
ほら、ブログではコメント交換しているけど、実際にはお会いしたことのない人に会うのって、なんだか有名人にあうみたいでちょっとドキドキしません?

待ち合わせ場所に先にいらっしゃってたsanaeさんファミリー、すぐにわかりました。
Sanaeさん、小学生のお子さんを持っているとは思えないくらい、若くてスリム、そして、おみ足がとてもきれい。
旦那さんもすらっとしていて知的な雰囲気。やっぱり夫婦は似るのかな?

ということは、まずはダーリンにスリムになってもらわないと、私もなれない!(私が先にダイエットをすればって言う話もありますが…)

RYO君も、将来が楽しみなイケメン君!女の子にもてるのも納得!

はじめは友人に勧められた和食レストランに行こうとしたところ、横のイタリアンに目が釘付けになった私たち。ディスプレイにあるピザもちょっと薄げ。
関西でピザというとナポリ風の厚めのピザが多い中で、このローマ風はなかなかないのだとか。
ということで、イタリアンに決定!
お店が決まったところで、Giannaさんに連絡。
休日出勤だったにもかかわらず、駆けつけてくださいました。

Giannaさん、ご自身のブログで『おじさん』になっているなんておっしゃいて、どんな人なんだろうってすっごく興味シンシンだったのですが、
『華やかな出来るお姉さん』でした!
短大の先輩で(あの短大に華やかな人がいたことにちょっとびっくり)、Giannaさん、高校時代はうちの近くも通過していたなんて、ぐっと身近に感じました。

Sanaeさん、Giannaさんともお二人ともとっても穏やかで和やかな雰囲気で、優しく人の話を聞いてくれる。人の話をさえぎってくるイタリア人に慣れていると、この応対に癒されました(爆)

途中から、ダーリン、sanaeさんご主人の会話に参加していると、RYO君,sanaeさん、Giannaさんで、しりとりが始まっているし(爆) しりとりの言葉に『生ハム』とか『モルタデッラ』が出てくるのには笑えました。さすが、生ハム大臣!

Sanaeさんご主人とダーリンは、日本での生活や石垣島について語り合い。
ダーリンもこうやって実際に日本に住んでいるイタリア人の人からの日本情報はうれしいみたい。なんてったって、夢は石垣島移住ですから。その割には、sanaeさんご主人に感化されることなく、相変わらず日本語の勉強に熱が入っていません(笑)

こうやって、ブログで知り合った人と実際に会うってなんか不思議な感じ。ずっとお互いコメントしあっているから、実際お会いしたら『やっぱり想像したとおりの人だった』っていう感じ。
Sanaeさんご主人も驚かれていたようですが、ダーリンもネットでこんなに繋がっていくのかってびっくり。でも、こんな出会いもありですよね。素敵な人達と出会えるんですから。

Giannaさん、sanaeさん、今回はオフ会どうもありがとうございました。とっても楽しい時間を過ごすことができました。また、イタリアもしくは来年の秋、大阪で会いましょう!

| Viaggio - 旅行 | COM(10) | TB(1) |
2007-11-09 (Fri)
おまけと食べ物・ワインに弱い我家。
こんなおまけ本(一回目のみ)を放っておくわけがありません…

それは、今日の新聞Il Gazzettinoにプラス2ユーロでワイン大全集の一冊目が買えるのです!!!

こういう感じのって、一冊目は一ユーロとかで出血大サービスなので売り切れるのも早い!なので、しっかり予約しておきました。

昨日ダーリンに取りに行ってもらったら、1日間違えていた…
ただでは帰ってこないダーリン、しっかりそのほかの号も予約してきたのでした。
2冊目からはきっと15ユーロくらいするんだろな…
新聞社の戦略にまんまとはまるカモ2名なり!

この大全集、全部で12巻、オールカラー。
でもベネトとフリウリ・ヴェネツィア・ジューリアでしか買えないみたい…


とにかく、次のように出版される予定です。

9 novembre 1 - I VINI BIANCHI (11月9日、白ワイン)
16 novembre 2 - I VINI DEL MONDO - vol. I  (11月16日、世界のワインその1)
23 novembre 3 - I VINI DEL MONDO - vol. II  (11月23日、世界のワインその2)
30 novembre 4 - I VINI ROSSI (11月30日、赤ワイン)
7 dicembre 5 - I VINI ROSSI DA INVECCHIAMENTO (12月7日、熟成赤ワイン)
14 dicembre 6 - I VINI DOLCI MUFFATI E PASSITI (12月14日、デザートワイン)
21 dicembre 7 - CHAMPAGNE (12月21日、シャンパン)
28 dicembre 8 - I DISTILLATI - vol. I  (12月28日、蒸留酒その1)
4 gennaio 9 - I DISTILLATI - vol. II  (1月4日、蒸留酒その2)
11 gennaio 10 - SPUMANTI E VINI ROSATI  (1月18日、スプマンテとロゼ)
18 gennaio 11 - DALLA VIGNA AL VINO (1月18日、ワイナリーからワインまで)
25 gennaio 12 - OSPITALITA' DEL VINO (1月25日、ワインのおもてなし)

私は白ワインと赤ワインの号だけでよかったのに、ダーリンが予約してきたのは、それに加えて、世界のワイン、シャンパン、ワインのおもてなし…

本で勉強した後は、ちゃんと自分の舌で堪能させてくれる日は来るのでしょうか???


| ITALIA - イタリア | COM(7) | TB(0) |
2007-11-08 (Thu)
今日はちょっと日本旅行記をお休みして、先週11月4日の第一次世界大戦終戦記念日のポスターに書かれていた詩が印象的だったので、皆さんにもご紹介します。


I bambini giocano (Bertold Brecht)


I bambini giocano alla guerra.
E' raro che giochino alla pace
perché gli adulti
da sempre fanno la guerra,
tu fai "pum" e ridi;
il soldato spara
e un altro uomo
non ride più.
E' la guerra.
C'è un altro gioco
da inventare:
far sorridere il mondo,
non farlo piangere.
Pace vuol dire
che non a tutti piace
lo stesso gioco,
che i tuoi giocattoli
piacciono anche
agli altri bimbi
che spesso non ne hanno,
perché ne hai troppi tu;
che i disegni degli altri bambini
non sono dei pasticci;
che la tua mamma
non è solo tutta tua;
che tutti i bambini
sono tuoi amici.
E pace è ancora
non avere fame
non avere freddo
non avere paura.

子供たちが遊ぶ (Bertold Brecht)

子供たちは戦争ごっこをする
平和ごっこをするのはめったにない。
それは、大人たちがいつも戦争をしているから。
君が『バーン』とすると、みんな笑う。
戦士が鉄砲を撃つと、相手の人は笑わない。
これが戦争。
創るべき遊びが他にある。
それは、世界を笑いでいっぱいにし、
涙をなくすこと。
平和が意味すること、それは、
みんなが同じ遊びを好きじゃない事。
そのおもちゃを持ってない子も君のおもちゃを好きだったりする事。それは、君は多すぎるくらいのおもちゃを持っているから。
他の子供たちの絵が(君にとって)くだらないものではないこと。
君のママが君だけのものでない事。
子供たちがみんな君の友達であること。
平和とは…
おなかが空かないこと
寒くないこと
恐れるものがないこと。


ダーリンによると、この詩は1930年代に書かれたそうです。
違いを受け入れること、分け与えること、仲良くすることが大切だと伝えています。
この詩が出来て70年たつことになりますが、今も同じことが繰り返されているのは悲しいことです。

| 未分類 | COM(6) | TB(0) |
2007-11-06 (Tue)
tifone051007.jpg



台風15号が迫ってくる中、ペンションのオーナーからホテルに移ったほうがいいのじゃないかとの提案をうけました。
というのも、ログハウスの造りでは、実際に吹き飛ばされるようなことはないけど、騒音がすごいらしい。
ロフトの部分で眠るのですが、屋根瓦が全部飛びそうな音、怪獣が家をワシっと握ってゆすられているような感覚…
ちなみに、前回直撃した時に滞在したお客さんは皆さん一睡も出来なかったのだとか。

オーナーはダーリンにこの台風を経験させてあげたかったみたいだけど、怖がりの私の事を考えてホテルに移る様に案内してくれました。
ダーリンは最後の最後まで、ペンションに残って台風を見るのだって言ってはったけど…


台風直前に行った焼肉やさん。

yakiniku-yamamoto.jpg



本当は、いつも予約が一杯で入れないそうなのですが、台風でキャンセル続出で入ることが出来ました!ラッキーだったのかなんなのか…
石垣牛を使った焼肉はどの部位も最高!

tanshio.jpg


yakiniku051007.jpg



最後は泡盛でまったりと。

awamori.jpg



台風に備えて栄養補給完了!

さ、翌日はダーリンお待ちかねの台風!

hotel-tifone.jpg



移ったホテルでも、十分台風は味わえました。なんてったって、風で室内のベットが揺れるんですよ!

ガレージに止まっている車も、左右に揺れてるし。

tifone061007.jpg



お昼の11時くらいから停電。
この停電で何が辛かったって、エアコンがつかなくなったこと。
ホテルの小さなお部屋は、暑い暑い!
風がすごいので窓も開けれません。というか、開けちゃうと建物崩壊の可能性もあるので、台風時に窓を開けることは禁止されていました。

夕方になって暗くなっても停電は続きます。
部屋でのキャンドルは禁止されているので、ダーリンと二人ロビーに下りて、蝋燭の光で本を読みます。外を見ると、復旧作業の車両がホテル前を通っていきます!

でも、でも、いつまでたっても電気復旧せず。復旧作業の車を見かけて喜んでは落胆する。これって、無人島に取り残されて、飛行機や船を見かけて大喜びするけど、向こうは気づかずに通り過ぎていって、落胆するのに似ているかも。

でも、さすが日本!こんな台風の後でも12時間後には電気が復旧!
イタリアも見習ってくれないかな!(無理だろうけど…)
| Viaggio - 旅行 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。