123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-11-30 (Thu)
insbruck4.jpg


インスブルック二日目はキリンの散歩から。
ちょうどホテルの上が丘になっていていい散歩コース。
ごつめの服しか用意しなかった私には、フェーン現象(地理でこんなこと習いましたよね)の暖かさが恨めしい一日となってしまいました…

メルカートの人も、去年は雪が降ってとってもロマンティックだったわなんて言っていたけど、今年はマーガレットなんて咲いているし…

歩いていると小腹がすくので、メルカティーノでまずは軽く腹ごしらえ。

lacrett.jpg


下にあるのはチーズで上の鉄の部分があつーくなって、下にあるチーズを溶かすのです。
そしてとかされたチーズはこのように


lacretto2.jpg


ポテトの上に乗せられます。
とろとろに溶けたチーズとポテトのハーモニー。サイコウ!


そのあとは、昼間のメルカティーノを散策。

innsbruck.jpg



mercatino1.jpg


ちょっと雰囲気にかけるけど、これはこれで人が少なくって、ゆっくり物色できます。

メルカティーノだけじゃなくって、街の飾りつけも素敵です。


innsbruck3.jpg


インスブルックで有名なもの
それは、

swarpvski.jpg


スワロフスキー
本当は街のはずれのスワロフスキー博物館に行きたかったのですが、キリンがいるのであきらめて、街のギャラリーでお茶を濁しました。


他にもメルカティーノでいろいろ買い食いをして、歩き回っているとさすがに疲れてきて、ホテルに戻っていったん休憩。
この休憩、ちゃんと目覚ましをかけて、お昼寝する予定が、ダーリンが起きない、起きない。
散々待たされて、出かける間際になって、胃が気持ち悪いと…
うんともすんとも動いてくれなくなっちゃいました。
え、物色しただけで、まだ何にも買っていないのに、このままインスブルックとお別れ???悲しすぎる…

ということで、体調の悪いダーリンと、じっとしていないキリンを置いて、いざ一人メルカートへ再出陣!

が、ここはオーストリア。
お店のしまる時間がイタリアと微妙に違う…
6時半ごろに再び街についた私を待っていたのは、閉まってしまったお店達…
メルカートはにぎわっていたけど、特にメルカートで欲しかったものはなかったので(それでも、キャンドルと、ダーリンが欲しがっていたパズルは買いましたが)、結局一人でレストラン探し。一人でホットワイン飲むのも、なんか寂しいし…

20061128194158.jpg


一人で出来ることとなると、写真撮影くらい。
これは赤頭巾ちゃんとおばあさんに化けた狼。
他にも、ピノキオや、白雪姫と7人の小人もいて、町中いろいろなおとぎ話のキャラクターで賑わっていました。

20061130184632.jpg



20061130184852.jpg



ようやく復帰したダーリンを待ってそのままご飯を食べて、まだまだ疲れているということで、これでインスブルックの旅は終わってしまいました…
かなり不完全燃焼…
日中、いろいろ物色していたのは、なんだったのでしょうか…

完全燃焼したのはこの方だけ。


20061128194523.jpg


部屋に戻るなり、倒れこんでいました。
そりゃ、あれだけ引っ張り続ければね…

参加しています。クリックで応援を!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

スポンサーサイト
| Viaggio - 旅行 | COM(12) | TB(0) |
2006-11-29 (Wed)
innsbruck2.jpg


週末にさくっとインスブルックまで行ってきました。

ナビで見ると到着時刻は16時30分!ちょうど一時くらいだったから3時間半の道のり。
が、ダーリンはトラックがビュンビュン通る高速は嫌だということで、トレントまでは下道を通っていきました。すると到着時刻は18時…ダーリンは下道を通っても、30分から1時間くらいの差にしかならないはずで、こんなに違うのはおかしい、ナビが間違っていると断言するので、それを信じることに。しかし、学校にお迎えに行く車などの渋滞と重なって、到着時間はどんどんずれていく…

Riccia:『あのー、ホテルのチェックイン18時までって言ってんねんけど。電話せなあかんわ』

この時点で、下道を通る選択をしたダーリンに結構むっときていた私。

ダーリン:『何でもっとハヨ言えへんねん。もういまさら高速行っても遅いわ。』

って、ナビがおかしいって、言ったのはあなたじゃないでしょうか…
そのあとも、ナビではまっすぐって言ってるのに、変なところで曲がったりするから時間がまた押して…何のためのナビなんだか…

でも、高速に乗ってからは非常にスムーズで、ナビ君も心を入れ替えたようで、到着時刻は17時になっていた。(別にすっごいスピードを出したわけじゃありません。だいたい130から140キロくらいのスピード)

とにかく無事ホテルに到着!
荷物を置いたらすぐに夜のインスブルックへ!

街はすっかりクリスマスモード。メルカティーノも始まっていました。

20061128194400.jpg


皆さん、屋台でホットワインやホットドックを買って立ち食い。私たちも食前酒としてホットワインを飲みました。おいしー!
ホットワインは、使い捨てのコップではなくって、陶器のコップを使うのがイタリアではないなってちょっと感心。
買うときに、コップ代を支払って、コップを返却するとお金を返してもらうシステム。イタリアだと、紙コップで渡されて、あちちって言いながら飲まないといけないですもんね。

ホットワイン以外にも、甘いフルーティーな暖かいお酒を飲んだのですが、名前が分からず…パンチでもない、それはなんだったのでしょうか?とりあえずおいしかったです。(二度と飲めない幻のお酒になりそうです)


2日目のインスブルックはまた明日!

参加しています。クリックで応援を!

励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


| Viaggio - 旅行 | COM(9) | TB(0) |
2006-11-28 (Tue)
ようやく平和な時間が戻ってきました
インスブルックの週末の旅はまた写真の整理が出来てからお伝えすると言うことで、今日は日本で買ってきたもの。

いつも日本から買ってくるものは、食料品がメイン。
スーツケースを体重計に乗せて、ぎりぎりの線まで調整します。問屋さんでダンボール4箱分のお菓子、食材を買うわけですから、もちろん入りきりません。なので、船便、SAL便で送ります。今回、SAL便で送ったものは、約2週間後に無事到着
申請金額も20ユーロくらいにしたら、手数料を一切取られることなく受け取ることが出来ました。2ユーロ強の手数料を取られることもあったのに、あれってなんだったんでしょうね

あとは船便2箱を待つのみ。でもこれからクリスマスで、郵便局も大忙しになるだろうから、きっと年明けの配達になることでしょう…

さて、今回の自分たちへのお土産。

石垣島で買ったお皿

ishigaki-piatto.jpg


お魚の形と色がとってもキュート!

石垣と言うか、沖縄というとこれ

shi-sa-.jpg


シーサー。真ん中にあるのは、ヤドカリの箸置き。お皿を買ったときにおまけでいただいたのもです。

続いて大阪のお土産。
大阪と言えば…

takoyakiepron.jpg


これ、ダーリンが去年からずっと欲しい欲しいと騒いでいたもの。
『誰がすんの?』と聞くと、
『Ricciaに決まってるやん』
と言うので、去年はボツ。

今年も同じ質問。
『誰がすんの?』
『Ricciaじゃなくって、ボ、ボク』
と言うことで、購入。
これ、オレンジ色のところはボタンで取り外し可能なミニタオルになっていて、ピンク色の替えのタオルもついているのです。にくいですよね、この気遣い。
で、家に帰ると、すっかり、考えを変えて(と言うか、もともとそのつもりだったのかも…)
『オレンジのときはボクのエプロン、ピンクのときはRicciaのエプロン!』
たこ焼き夫婦って呼ばれることを、彼はわかっているのでしょうか…


そして、お留守番していたキリンには、兄一家からお土産が…

kirin-samurai2.jpg


サムライキリン!

本当は、人間用のをダーリンにプレゼントしたかったのに、ダーリンはかたくなに拒否。
なので、キリンにこのプレゼントが回って来ました。(いい迷惑…)

でも、ダーリン、今頃になって、やっぱり欲しかったかもって…
カーニバルに、ちゃんちゃんこを着てサムライのカツラをつけて、サムライキリンと歩く!
夢は広がる…けど、ないので、今年も狸の着ぐるみで、サムライキリンとカーニバル。人間と動物の入れ替わり(笑)


kirin-samurai.jpg


来年のキリンへのお土産は犬用浴衣?

参加しています。クリックで応援よろしくね!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| Viaggio - 旅行 | COM(10) | TB(0) |
2006-11-24 (Fri)
久しぶりの更新です。

最近は、妙に忙しくって。仕事で、経理・法律関係の書類を訳し続けているので、帰ってからコンピューターに向かって、何か書くという作業をするパワーが残っておらず。。。
まだまだこの翻訳関係の仕事は終わらず、おまけに会議もあるから次は通訳で、頭が痛い日が続きますが、とりあえず週末はリラックスしてきます。
行き先はインスブルック。ヴェネツィアから車で3,4時間だそうです。
では、いってきまーす!
| 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2006-11-18 (Sat)
木曜日の午前中はダーリンの病院はお休み。手術のために取っているのですが、午前中ゆっくりできる事に味を占めたダーリン同僚達。手術は他の日のお昼休み時間中に入れています(という事は、お昼休憩=お昼ご飯なしで働いている...)

そこで、昨日の木曜日、どうしてもオーブンで焼いた鳥料理が食べたくなったダーリン。お買い物に行って、下ごしらえ。

まず、鶏肉を一匹ゲット。ひき肉、サルシッチャ、いろんなスパイスを加えて、具を作ります。そしてその具を鳥のお尻のところからギューギューつめていきます。
最後は、スペックを鶏肉の周りに巻いて、凧糸でくくります。隙間にちょっとローズマリーも差し込みます。

あとは串に刺して、オーブンで焼くだけ。
このオーブン、なんと鳥の丸焼きができるんです!串で刺したものがぐるぐる回るのです!
初めてこれを見たときには、ちょっと感動。

20061117125410.jpg


そして、鶏肉やスペックから油が落ちてくるのですが、それも無駄にはしません。下に、副菜となるジャガイモを置くのです!ジャガイモにいい味がつきます。

昨日の夜は、ちょっと贅沢にバローロなんて開けてみました。これは、去年の暮れに、友人から1ケースを安価で購入したもので、一年経って初めて飲みました。

20061117125442.jpg


ちょっと豪華な晩ご飯。たまにはこういうのもいいですね。
これはダーリンの担当料理なので、ダーリンの気が向かないと食べれません(涙)
次はいつ作ってくれるかな?
| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(14) | TB(0) |
2006-11-14 (Tue)
ほぼ一ヶ月たってしまいましたが、日本での滞在日記です。

石垣、西表でのんびりしすぎたせいか、実家に帰ってからの毎日は大忙し。
外せない3大ショップから、攻め始めます。
3大スポットとは…
おなじみ、ユニクロ
イタリアにも欲しい、百均ショップ
大阪ならでは、船場の問屋さん

なので、日本に行くときの荷物に、部屋着は入れないし、下着、靴下は最低限にします。帰りの荷物を考えると、こうなります。

そして、今回、兄家族に連れて行ってもらった場所は
京都太秦映画村

かなりべたでしたが、これはこれでダーリンも喜んでいました。外国人には受ける場所かもしれませんね。お侍さんや、町娘が何気に歩いているし…

両親が連れて行ってくれたのは、伊賀上野の温泉。

上野城に行ったり、忍者屋敷を見たり。




ninja.jpg


このときのエピソード。
ダーリンはチューチュー星人私が嫌がるのを知っていてよけいに面白がって、『チューして』と要求してきます。そのたびに拒否するのですが、伊賀上野でのやり取り。
ダ:『チューして』
私:『いや』
ダ:『Dammi un bacetto!』
私:『NO!』
ダ:『ニンジャ(niente) da fare (どうしようもない…)』
どこで、覚えてきたのでしょうか、こんなダジャレ…
自分で言ったことに、一人で受けまくっていたダーリンなのでした…


友達との再会も欠かせません。久しぶりに出る梅田は、大きく変わっていて、すっかりおのぼりさん。いつの間にハービスエントなんていうもんが出来ていて、その設計のすばらしさに、ダーリンと口をポカーン。
そこで、ランチに中華を食べたのですが、このようにきれいに盛られています。
cinese.jpg


洗練された中華!イタリアにやってくることはあるのかしら???


そして、ダーリン長年の夢の観覧車。大阪の町を一望します。
hankyu-kanransya.jpg


ちょうど夕暮れ時。
osaka-yuhi.jpg

きれいですよねえ。

このほかにも美容院に行ったり歯医者に行ったりと大忙し。日本の美容院に一度ダーリンを連れて行ったらすっかりはまって、今では私にくっついてきます。歯医者も同じ。前回、行きの飛行機の中で詰め物が取れてしまって、かかりつけの歯医者に連れて行ったら、それ以来、ダーリンのかかりつけにもなってしまって、今回は、親知らずまで抜いちゃいました。
数日ウンウン唸っていたくせに、マッチメーカーのたけちゃんのところに行くというと、ケロッとして、ビールがぶがぶ飲んでるし…

とまあ、こんな感じであっという間に過ぎてしまった日本滞在。もっともっと居たかったな…でも、贅沢は言ってられないので、こつこつ働いて、また来年!

最後に、この建物やビールを見るたびに、ダーリンとウルウルしながらキリンの事を思い出していました。
kirin-building.jpg



20061114230921.jpg



参加しています。クリックで応援を!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 
| Viaggio - 旅行 | COM(18) | TB(0) |
2006-11-13 (Mon)
前回の事故のあとの宝くじのお話。

私が購入したのはSUPER ENALOTTOで、6つの数字を当てるくじ。当選者がいないと、その懸賞金の額がどんどん膨れ上がっていきます。ちなみに今の6つ全部正解したときの懸賞金は4,300,000.00ユーロ(6億4千5百万円)なり!

このくじは、もちろん自分で数字を考えて買うことも出来るし、既にお店で出したコンビネーションを買うこともできます。ただお店のコンビネーションだと、自分と同じ数字を持っている人が複数いるので、その場合は懸賞金を人数で割って山分け。ま、その分、喜びを分かち合える人が増えるのではありますが…




さて、Ricciaは、コンビネーションと、自分で数字を決める両方にチャレンジ。ひとつのカードに、二つの組み合わせを選びます。一組目の6つの数字は、事故を起こした日とか、ナンバープレートの数字などからあらかじめ決めていたのですが、もう1組み目はぜんぜん考えていなかった。で、その場で行き当たりばったりで数字を選んでお勘定。

土曜日、抽選日。いつもは結果はテレビデオで見たりするのですが、今回はたまたまテレビを付けたらこの番組だったので、ついでに見ることに。最初によばれたのが"8"

『キャー、8あるある!』

なーんて浮かれていると、ダーリンが一言。
これはSUPER ENALOTTOじゃないよ。NAZIONALEのくじ。

ま、そのあとは、ぜんぜん当たっていなかったからよかったんですがね。
そして、お待ちかねのSUPER ENALOTTOの当選番号は…

ありました、ありました!コンビネーションで買った中に3つの番号があっている組がありました!ちなみに、6の数字中、3つが当たれば懸賞金の対象です!
自分で決めた数字は、考えた組には当たり番号がひとつもないのに、適当にその場で決めたものには当たり番号2つプラス惜しかったものがひとつ(43をマークしたのですが、44が出たのです(涙))

これをみていたダーリンが、よく自分はくじを買うけどなかなか当たらないのに、初めて買った君が当るなんて…とつぶやいてました。

ま、これは悪運を払い落とすためにやった縁起担ぎのようなもの。
そして、当たったのはたったの13ユーロ弱。おまけにこれって、このコンビネーションを買った人みんなで山分けって言うから、一人一ユーロほど。ぜんぜん元も取れていないし…

でも、これで悪運は去ったんじゃないかなって思えて、ちょっと気持ちも楽になりました(と思った矢先、ダーリンはみんなに私の事故を話しまくっている…そのたびに、悪夢がよみがえる…)

よくないことがあったあとの、宝くじ。気休めかもしれないけど、いい気分転換になりました。
ちなみに今回も6つの数字を当てた該当者はなし。最高は5プラス1(ジョリー)で、賞金は8万4千9百ユーロ弱(1億2735万円)!!!これだけでも十分ですよね!

追記
昨日、換金に行くと約4ユーロ受け取りました。他にも2つの組み合わせで3つ数字が当たっていたらしい…1ユーロしかもらえないと思っていたので、ちょっと得した気分。
そして、ついでにダーリンもくじ購入。昨日抽選会で、またまた3つの数字が当たっていました!ちょっとつきが回ってきた?


参加中。クリックで応援お願いします
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| ITALIA - イタリア | COM(5) | TB(0) |
2006-11-10 (Fri)
11月11日はサンマルティーノの日。

ヴェネツィアでは、昔、窓の近くで、Vino novello(新酒のワイン)と栗を食べ、その窓の下では誰かが栗を投げてくれないか待つお祭りだったそうです。

この古いお祭りで、現在も残っている習慣は、音のするもの(たとえば鍋とふた)をたたいて、お店や通りがかりの人に小銭を要求するのです。そのとき、次の歌が歌われます。

(原文)
S. Martin xe 'ndà in sofita
a trovar ea nonna Rita
nona Rita no ghe gera
S.Martin col cùeo par tera
E col nostro sachetìn
cari signori xe S.Martin

(イタリア語)
S.Martino e’ andato in soffitta
A trovare la nonna Rita
Nonna Rita non c’era
S.Martino col culo per terra
E col nostro sacchettino
Cari signori e’ S.Martino

(日本語)
サンマルティーノは屋根裏部屋にいった
リタおばあさんを探しに
リタおばあさんはいなかった
サンマルティーノは面目をつぶされた
そして私たちの袋とともに
親愛なる旦那様はサンマルティーノ



このときのお菓子はこれ、マントを来たサンマルティーノ。大きなビスケットの上に、チョコレートやキャンディーがのります。

s.jpg


ちなみに、これは去年、ステファノのお母さんが作ったお菓子。Baciチョコが小さく見えることから、このクッキーがどれだけ大きいかお分かりになるでしょうか…これを3人の子供とお父さんのために一枚ずつ作ったステファノのお母さん、立派なヴェネツィアのおかあちゃんです。

今日は、ダーリンパパもお菓子を持ってきてくれました。

s.martin.jpg


いっただっきまーす!

参加中!ワンポチよろしくね!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| Venezia - Venice - ヴェネツィア | COM(6) | TB(0) |
2006-11-10 (Fri)
とうとう、今日恐れていたことが起こってしまいました。



それは、事故。

それは、今朝、いつものように仕事に向かう途中で起こりました。

家を出てしばらく行くとストップがあります。いったんちゃんと停止して、車が行き過ぎるのを待ちます。
左から、車が徐々に速度を落としながら近づいてきます。と、交差点の3,4メートル手前で右折のウィンカーを出してきました。ということで、確実に曲がるものだと思った私は大周りで左折しよーっっっっっっっっとおもって車を発進させた瞬間、その車はそのまま直進してきて、

どーーーーーーーーーーーーん



と、やってしまいました

彼は、交差点を通過した後に、路駐しようと思って、右折ウィンカーを出したというのです。

私もイタリア人のウィンカーはそれほど信じていないので、もし遠くから出していても、よく出している事を忘れて運転している人も多いことから、実際に曲がるまでは信用しないようにしているのですが、今回は交差点直前でウィンカーを出したので、それって曲がる意思マンマンと見なして、発進しちゃったのですよね。

早速ダーリンに電話して、来てもらって、相手方もお父さんを呼んで(21歳だけど、高校に通っていて、携帯は持ってないけど、車は持っている…なんか変な組み合わせ)、示談で済ませました。いったん停止をしていなかった私のミスということで…
(相手側も指示器を出すのが早すぎという過失はあっても、相手の車が通り過ぎるまで待っていなかったということで、私のほうが分が悪いらしい)
車の中にあった用紙に、お互いの情報、保険名、車の破損箇所などを記入して、お互いサインして、握手してお別れ。

午前中はダーリンはオフだったのですが、保険会社に電話したり、書留で書類を送ってくれたりと奔走してくれました。どうもありがとう。
私の車の損傷は、バンパーの上の部分、ちょうどナンバープレートのあたりがこすれたような感じ。ナンバープレートも吹っ飛んでましたが…とにかく、へこみはないので、塗装すればいいみたいで、修理費用は200ユーロ。年末も近づくこの時期に、痛い出費です

でも、お互い体には異常がなかったので、良しとしないといけないですよね。

教訓:何があってもイタリア人のウィンカーは信用しない!

事故を起こしたので、今日はLOTTO(宝くじ)でも買ってみることにしますか…

参加しています。クリックで応援を!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


| ITALIA - イタリア | COM(22) | TB(0) |
2006-11-08 (Wed)
今日は誰かのせいで寝不足。
4時半くらいにダーリンに起こされたのです。

『起きて、起きて!』
『なんなん?』
『なんでもない』
『起こしといて、なんでもないやろ?なんなん?』
『腸がナンタラカンタラ。メスがブツブツブツ…』
『それが私と何の関係があんの?』
『ない、もー、寝るから静かにして』

あのー。思いっきり人を起こしといて、それはないんちゃう?
その後、いびきはかき始めるしで、私は結局、再び眠りに付くことは無くなってしまった

ずーっと前にも、こんなことがあった。
『Riccia、起きて!』
『なに?』
『今から友達が恐竜持ってくるから、早くパジャマから着替えて』
『恐竜?どこにおくの、そんなん』
『庭!(前の家にはちょっとした庭があったのです)。』
『庭、あらされるやん』
『大丈夫、肉食やから(今よく考えると、それって私達の身が危険?)。何でもええから、はよ着替えて』

真夜中に部屋着に着替えだすRiccia夫婦。
寝ぼけているので、なぜこんな真夜中に恐竜がうちに来るのか、そして、なぜ恐竜なのか、底まで頭が回りません。

そして、部屋着のまま、ベッドに横になって、また眠り込んで朝に。

翌朝、ダーリンに聞くと、
『夢見てた』

って、こんな夢で、人の安眠を妨害するのはやめて欲しい。寝言なら、一人でかわいくぶつぶつ言ってほしい。おかげで私は寝不足です。

Ricciaに同情される方、クリックで励ましを!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| AMORE - ダーリン | COM(4) | TB(0) |
2006-11-07 (Tue)
iriomote-casa.jpg


いいとこなんだけど、船に乗ることを考えると引いてしまう西表島。
初めて行った時は船がゆれに揺れて、それも猛スピードで行くものだから、私にとっては1時間ジェットコースターに乗ったのと同じ。(想像してください、ヴェネツィアのMOTOSCAFO<モーターボート>が、時速80キロほどで進むのです!)だから、できれば行きたくなかったけど、お疲れ気味のダーリンのため覚悟を決めて、いざ西表へ!

今回は、行きは大島着だったせいかそれほど揺れもなく快調。ただ、そのあとのバス移動で気分が悪くなってしまって、つくづく西表とは相性が悪いのかも…

今回の西表メーンイベントは








うし

gyusya.jpg


ダーリンの憧れの職業!
早朝は水牛からモッツアレッラチーズを作って、そのあとは、三味線を弾いて牛引きするのが、夢らしい…
もちろん、キリンも台車に乗せて。想像するだけで笑えるかも…


suigyu.jpg


この牛、おじさんが三味線を弾き始めると、歩みが遅くなる。三味線を握っている間は、棒でたたかれないって事を把握しているからだそうで、Furbo(ずるがしこい)牛なのでした。

西表島といえば、マングローブ、カヌーツアー!

3年前にもやったけど、味を占めた模様。(二人乗りで出発して最初の一時間はずっと、悪態をついていて、二度とやらないって言ってたのに…)
今回は違うコースでチャレンジ!ただ、行きは遊覧船で、帰りだけ(7キロ)のカヌーだったので、結構楽ちん。前のときは、まっすぐ行くと14キロ、ただ、私たちはうまく舵取りできず、ジグザグ走行で16キロくらい漕いだけど…

遊覧船を降りると、トレッキングをして、滝を見に行きます。

20061106181628.jpg


20061106181508.jpg


お昼ごはんのあとはカヌー開始!


途中、チェックポイントに降りてはガイドさんの説明を聞いたり。今は廃墟となった集落を見るはずが、台風で見事に道がなくなって、途中、木に登ったり下をくぐったりと、サバイバルなツアーを体験(ダーリンいわく、「ターザンになったみたい、ちょうどチータも横にいるし」…なんで、ジェーンちゃうと、チータやねん…)

canoa.jpg

この写真は、ぬかるみを歩いたので、足がどろどろ。川に入ってきれいにしているところですが、なんか潮干狩りしているみたい

20061107184557.jpg


巨大シジミの貝殻もゲットできてダーリン満足の西表島でした。

参加しています。クリックで応援よろしく!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 
| Viaggio - 旅行 | COM(8) | TB(0) |
2006-11-06 (Mon)
ずっとダーリンが気にかけていたキリンの後ろ足。白い部分の配合の違いでそう見えるのか、片方の動きがよくないように見えること。

すぐにレントゲンを撮ってチェックしたかったのですが、全身麻酔をかけないといけないことと、お客さんが多かったことで、なかなか実行に移せなくいました。

でも、放っておくと、4歳くらいまでしか生きられない可能性も出てくると言われては、腰を上げざるを得ません。手術すると2000ユーロはかかるよ、とダーリンはそれも心配していますが、それでキリンの命が助かるのなら安いもの。本当に足に問題があるのかどうかチェックして、必要であれば早いうちに手術してしまおうということで、先日レントゲンチェック。

これは犬の股関節部がちゃんとくっついているかどうかを見るためなので、犬の全身を伸ばしてレントゲンを撮るので、かなり痛いらしい。なので、全身麻酔をかけて、口からはチューブを入れて呼吸を促すのだそうです。

20061102214044.jpg


病院は木曜日の午前中は、手術の患者さん用に休みにしているのですが、その日は手術なし。で、キリンと、ステファノの犬ペドロもレントゲン検査をしてもらいます。10日ぶりにあった2匹は、遊びたそうですが、お互い麻酔のため最初のご挨拶を交わして、交替で診察。

結果、キリンの足は問題なし!

ペドロ君は、問題ありだけど、手術するほどのものじゃなく、10キロ痩せれば大丈夫(本犬にとっては、大変なことかもしれませんが…)!
と、2匹ともやれやれの結果でした。


kirincondarling.jpg


目覚めてすぐ、キリンはどこにいるのかが分からなくって、挙動不審になったそうですが、ダーリンの姿を見つけると、ダーリンのほっぺをペロッと舐めて、また眠りについたそうです。(それを見たダーリン、泣いてしまったって。)

さ、ダーリンの心配事もなくなったので、後はキリン君、留守番できるようになるまで、容赦せえへんでー!

キリン君に、お疲れ様クリックを!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 



| KIRIN | COM(14) | TB(0) |
2006-11-03 (Fri)
今日の朝車に乗ったら、気温は2度。さむっ。
先週の土曜日は日中27度まで気温が上がったのに、たった数日でこの違い。何を着ていいのか、悩んでしまいます。去年、なに着てたっけ?

年中毛皮のこの方は、悩まなくっていいんですよね、キリン君


20061102214149.jpg


さて、私たちが再会を果たし(大げさ)、元の生活に戻って10日が経ちます。日中、他の犬たちと、大きな庭でのびのび走り回っていた生活から、アパートお留守番生活。一気に事を進めては失敗するので、ダーリンはまたキリンを仕事に連れて行き、徐々に慣らしていく戦法

先週の金曜日は、2時間ほどのお留守番にチャレンジ。特に、家も荒らされずに、うまくお留守番できました

それもつかの間…

今週の火曜日、第二回目のお留守番チャレンジ

アパートの入り口の鍵を開けようとしたとき、犬の鳴き声が聞こえてくる!
急いで階段を駆け上って、部屋の鍵を開けると、また犬の鳴き声。
ドアを開けると、あまり破壊活動はないけど、興奮しまくっているキリンがいました

近所の人に、留守中ずっと鳴いていたか確認すると、やっぱり5時半くらいから鳴き始めたとのこと。

また、留守番できない犬になってしまったのか、キリン君

ダーリンにこのことを言うと、かなり深刻な顔で悩み始めました

夜、じっくりキリンを観察すると、キリンの様子が変。落ち着きがなく、興奮しまくり

そこで、ダーリン:そういえば今日はやたらうろついてる犬が多かったな。きっと、発情期のメスがおるんやろう。あ、キリンもそれでおかしいんかも…

キリン、いつまでも子供と思っていたら、君も男になっていたのね…(ちょっと寂しい母の心境)

それに加えて、夏時間から冬時間に移行して、初めてのお留守番。私がいつも帰ってくる時間になっても戻ってこないから、心配したのかも…そういえば、鳴き始めたのが5時半くらいだというし(私はいつも6時に帰宅)

まるで謎を解く探偵のように、ダーリンと推理を始めていきます。やっぱり原因が分からないと、傾向と対策が練れないですもんね。

そして、おととい水曜日。念願のDVDレコーダーを買いに行ったときは、キリンには留守番していただきました。車を家の前に止めると、気づいちゃうから、わざわざ遠く離れたところに止めて、息を忍ばせて家に帰ります。そうすると

キリン君、自分の場所に座って待っているじゃないですか

やれば出来る、キリン君!

やっぱり原因は発情期のメスと時差だったのかな?
でも、まだまだ油断は禁物。キリンのお留守番への試練は始まったばっかり。

がんばれキリン!負けるなキリン(何に?)!

がんばれキリンとクリックで応援よろしく!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| KIRIN | COM(4) | TB(0) |
2006-11-02 (Thu)
昨日は、全聖人の日で祝日。
そして、今日11月2日は死者の日です。(ちなみに、今日は祝日ではありません…)


昨日、ダーリンパパがお菓子を持ってきてくれました。
はじめてみるこのお菓子、これは、死者の日のお菓子(FAVE)。

tuttisanti.jpg



ネットで、調べてみると…




ラグーナをわたる葬列は非常に暗い。でも、サンミケーレ島に住人が向かう、全聖人と死者の日はもっと悲しい。そこで、ヴェネツィアでは、全聖人の日に、Favete dei morti(死者の豆)をお互いにプレゼントしあう風習ができました。現在はお砂糖やお酒になっていますが、以前は修道院や貴族の家で本当に豆を配っていたそうです。
さらに、婚約者に対し、死者の日の11月2日に、色とりどりのやわらかいお菓子を贈ったそうです。
恋人は相手に豆(色とりどりのお菓子)の入った袋をプレゼントするなど、死者の日の悲しみに対抗して、親しみやすい風習があるのです。


なので、このお菓子も数日間だけお店に並ぶそう。(よかった、本当の豆持ってこられなくって
でも、日本でも節分になると豆が出てくるように、豆ってどこの国でも祝日に関係の深い食べ物なのですね。(マメになるとか、そんな意味もあるのかな?ないよねえ。)

参加しています。一日一回クリックお願いしまーす
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| Venezia - Venice - ヴェネツィア | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。