12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-07-31 (Mon)
先週の土曜日、久しぶりにたくさんお料理をしたくなって、日伊カップル3組を招いて、家でギリシャ料理パーティーをしました。

ギリシャ料理はギリシャのごはんとミコノスで買った料理本を参考にいろいろ作ってみました。(Salahiさんありがとうございました!)

冷めてもおいしいお料理が多いので、昼間のうちに作って、皆さんが来てからはゆっくりとしゃべり出来るのが、ホストにも優しいです。だって、イタリア料理になると、一旦席を立ってプリモ、セコンドをサーブしないといけないですからね。そうすると、何か楽しい話題を逃すみたいでちょっと席をはずすのが名残惜しい!

以前はこの地域、日本人はほとんど住んでなくって、私が住み始めた4年前は日本人の知り合いゼロ。なので、交友関係もダーリンの友達絡みばっかりで、まるでダーリンのおまけのよう。また、ダーリンの女友達は、人のダーリンでもお構いなくべたべたしてきたり、私とダーリンの間に割って入ってきたりと、ちょっと見ていていい気がしません。

私の友達が欲しい!と思っていたところで、仕事をはじめて、いろいろ交友関係も広がって、その輪はどんどん大きくなって今に至ります。

日本人妻、イタリア人だんなさん、みんな感じのいい人ばっかり。やっぱり、国籍の違う人をパートナーにしているわけですから、心が広い!自己主張が強くなくって、皆さん、ちゃんと人の話を聞いています。普通のことなんですが、イタリアでは、人が話をしていようが、自分の言いたいことを言う人が多いので、ストレスを感じることが多いのです。

今回はまだ数回しか会ったことがない人や、初対面同士というメンバー構成でしたが、会って5分でもう昔からの顔なじみのように和やかな雰囲気!日本語で話すってすっごいストレス発散になります!
だんなさん同士もいろいろ情報交換したりして...(でも、かわいそうなうちのダーリンは、緊急当番だったので、電話で呼ばれて1時間ほど不在でした。昨日も夜中の11時に呼び出されて帰ってきたのは深夜1時。お疲れ様です)

この日、子連れはみつこさんのところだけでしたが、いずれは、みんな子供を作って、子供同士も仲良くなれればいいですね。

とりあえず、次の日曜はMochaccinoさんときっこさんとで、犬をご対面させる予定です!どうなるかな、楽しみ!

いつも応援ありがとうございます。
今日もここをクリックよろしくね!

励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

スポンサーサイト
| ITALIA - イタリア | COM(4) | TB(0) |
2006-07-28 (Fri)

暑い、暑い、暑い、

昼間に車の温度計を見ると37度という、温度計の精度を疑ってしまう今日この頃のイタリア。シャワーを浴びても、タオルで乾かしている間にも、すぐにまた汗をかいてしまっています。

こんなに暑いと、人間だけじゃなくって、食べ物にも、ワインにも被害が...

本来なら、新築の家の地下に造ったワイン貯蔵庫で、若いワインをねかせる予定が大きく狂ってしまって、今のアパートではどう考えても、せっかくのワインを台無しにしてしまう...
貯蔵庫を当てにして、既に知り合いから安く木箱入りのバローロとブルネッロを購入してしまっていたのに、どうしよう...

と、そこで購入に踏み切ったのが、このカンティネッタ(ワインセラー)。
54本のワインがはいります。

cantinetta


お水も冷蔵庫で冷やすと冷やしすぎて、ちょっとがぶがぶ飲めないのですが、このワインセラーで冷やしたお水は、ちょうどいい水温でお腹にも優しいです。
ただ、このワインセラーの配達も遅れまくって、注文から1ヶ月半後。いえ、注文の段階で一ヵ月半かかるって言われれば覚悟はできるのに、毎週のように来週、来週で一ヵ月半伸びるとちょっと印象が悪いと思いません?その間、イタリアはどんどん暑くなってきて、私とダーリンはワインの悪化にヤキモキ。
とにかく、ようやく届いた、ワインセラー、つくりもおしゃれなので、リビングに置いても違和感ありません。

注文したものがぴったり配達予定日に届かないのは当たり前。
先日こんなことがありました。
私の携帯に女性からの電話。
オペレーター:オスカーの件でお電話させて頂いています。
Riccia:オスカー?(オスカーという名前で心当たりのあるのは、ヴェネツィアのパブのお兄ちゃんだけ)誰ですかそれ?
オペレーター:いえ、人ではなくって、芝刈り機です。

思い出した!あのオスカーか!

oscar_grande.jpg


テレビショッピングで見て、とっても気になった自動芝刈りロボットのオスカー君!
広いお庭の手入れは大変だから、このオスカー君で楽をさせてもらおうと思って、テレビショッピングに問い合わせの電話をしたのでした!

ただ、それって一年前の話...

オペレーターも、一年前の問い合わせだったので、まだ必要かどうか分からないけど、とりあえず連絡してみましたということでした。
もう、他で買ったのでいりませんとお断りしたら、セールストークすることなくあっさり納得して電話を切ってくれました。
一年後に問い合わせに対する回答、呆れていいのやら、忘れられていなかったことに関心していいのやら...

ハイテクを売っていても、いつまでたってもマイペースのイタリアです!

今日もここクリックお願いしますね!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(6) | TB(0) |
2006-07-27 (Thu)
昨日は、記念すべき日となりました!

それは、キリンが初めて一人(一匹)でお留守番ができたのです
今までも5時間くらいなら、ちゃんとこなしていたのですが、昨日はダーリンもお昼休みに帰ってくることが出来なくって、朝8時半にダーリンが家をでてから、私が夕方6時に帰って来るまで、狭いアパートで9時間半を一匹で過ごしたのです!

私の帰宅時のキリンの様子からして、おとなしくしていたようです。

以前は、帰宅後最低5分から10分は私にまとわり着いてFESTAをしていたのが、ここ数日、自分のベッドで待っていて、私が帰ってからようやく立ち上がるようになってきたところで、昨日も、慌てず落ち着いて私を迎えてくれたからです。
やっと今のアパートが自分の家と認識できるようになったのと、キリンを置いて外出しても、私たちが必ず帰ってくるということを理解したみたいです。

そして、ダーリンが帰る時間になると、忠犬キリンとなって、こうやってテラスに出て、今か今かと待っている姿は、もうかわいくって仕方がありません(すっかり親ばか)。




よく出来た犬になってきたのですが、これはひとえにこのアパート生活の効果だとダーリンが言っています。

例えば庭付きの家に住んだとすると、多少犬が吼えても近所の人は何も言わないから、そこまで厳しくしつけることもなくなる。アパートの中だと、共同生活なので、キリンの細かい行動にまで目が行き届いて、その結果、フォローが密になる。

そうかもしれませんね。もしお庭で放し飼いだったら、これほど一緒に時間、行動をともにしなかったわけですから、アパート暮らしの恩恵といった所かもしれません。

10月に3週間日本に帰るのですが、キリンが反抗期に入らないか、また、前の状態に戻らないか、それだけが心配です...
(でも大人になってきているから、大丈夫かな♪)

今日は何位かな?クリックで応援お願いします!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


| KIRIN | COM(10) | TB(0) |
2006-07-26 (Wed)



海を求めて、先週の週末はCaorleに行ってきました。

私はこのCaorleと相性がよくなくって、今まで2回行こうと企画したのですが、2回ともドタキャン。
1回目は、私がパスポートをボローニャに忘れてきて、午前中電車でヴェネツィア-ボローニャを往復してとりに行ったにも関わらず、ダーリンが、「道混んでるから、やめよう」と、あっさりキャンセル。パスポートの立場は...(泣)
2回目のチャレンジは、街に行くまでにお昼ご飯を食べたら、お腹が一杯になって、車が混みそうになって来た為(ダーリンの中では予測=現実なのです)、あっさり引き返し...
ほんと縁がない町でした。

空いていれば、家から約1時間の道のり。でも、この道がいつもよく混むので、日帰りでは(ダーリンが)ストレスを貯めそうなので、宿をとることにしました。

ただ、宿もキリンを受けて入れてくれるところを探すのに一苦労。
ダーリンがインターネットで見つけた宿は...




albergo caorle2



昔の農家を改造してAgriturismoになったところです。と言っても、全室アパートタイプで、何も食事は出ないのですが...
Giovannaとありますが、建てた人の女名を家に名づけるのが、この地方の慣わしだったとか。なので、オーナーのおじいさんがGiovanniさんだったので、この家の名前はGiovannaさんです。

albergo caorle1

中央の台なんだと思います?
これ、暖炉なんですよ。オープンな暖炉で、直接お料理したり、また周りに椅子を持ってきて、団欒したり。くつろぎの空間です。

そして、私たちのお部屋はこんな感じ。

20060726134805.jpg


20060726134831.jpg


とても清潔で、広々していて、2泊三日ではもったいないくらい。こういうところで一週間くらいのんびりすると、心身共にリラックスできるのでしょうね。


立地条件もよくって、Caorleの街まで車で5分ほど。
今回初めてCaorleに行ったのですが、街はこじんまりしていてとってもかわいかったです。
ただ、夕食の後に散策したので、暗かったのが残念。次はお日様が出てる間に、観光してみたいな♪

20060725115942.jpg



でも、ちょうど私たちが行った日は、花火大会がありました!


caorle hanabi


もうすぐ8月。夏休み前のプチバカンスでした。
今、会社では、夏のバカンスの過ごし方が一番の話題。連日、こう暑いと仕事に身が入らず、目前に迫った楽しみに集中しつつあります。ま、暑くなくっても仕事に集中していない人(お役所関係)もいますが...


参加しています。クリックで応援お願いします!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


| Viaggio - 旅行 | COM(4) | TB(0) |
2006-07-25 (Tue)
とうとう、キリンの恐れていた日がやってきました。

それは、本格的な海水浴!

今までも、湖に投げ込まれたり、川に落ちたことはありますが、本格的に泳ぐのは初めて。と、本人とっても嫌そうですが...
でも、この日のために、私とダーリンはキリンもいけるビーチを探しまくったのですから、泳いでもらわないとなりません。

さて、まずは、足から水につけて、海に慣れましょう。

kirin beach1


ちょっとビビってますが、これはまだほんの小手調べ。

続いて、ダーリンが抱っこして海に入っていきます。


kirin beach2


もうこの時点で心臓はバクバク。一応ダーリンの専門は心臓でもあるので、この鼓動にかなり注目してしまったとか。


そして、いよいよ...





kirin beach3



泳いだ!
一匹でも泳げるのですが、あまりの速さに写真が取れません。陸に上がりたくってすっごい勢いで泳ぐものですから...犬掻き選手権があったら優勝間違いなし!


この後何度も海に入れて海水浴の楽しさを教えたのですが、相当嫌みたいです。でもわかります、私も昔運動が嫌いで、体育のある日は、体調が悪いから見学にするって母に言ってたものですから...(もちろんうちのお母ちゃんがそんなこと許してくれませんでしたが)
キリンも、いつかは私たちの親心を理解してくれるかな?



ビーチにいる間はリラックス。でも食べ物の匂いをかぎつけると...

kirin panino


こんなふうにひょっこり起きてきてはおねだり。

いつもは置いていかれるのが嫌なキリンも、苦手な海に消えていく私とダーリンを、すんなりと見送ります。なんともおりこうさんな犬に見えません?

kirin lettino


でも、それ、私のデッキチェアなんですが...

キリンの初海水浴でした!
既に、第二段を考えていたりして...

キリンによく出来ましたクリックを!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


| KIRIN | COM(4) | TB(0) |
2006-07-21 (Fri)



お迎えのカップルに、女の子が誕生しました!3400グラムのちょっぴり大きめの女の子。名前はだんなさんのお母さんのお名前、カルラさんにちなんで、カルロッタ(御姑さんと仲良くしていきたいという意思の表れらしいです。どこもあるのですね、嫁姑問題)

イタリアでは、おじいさんの名前が孫につけられることが慣わしだったとか。なので、おじいさんの名前入りのリネンなどは孫に伝わって、更にその孫に伝わるものだったらしいです。

うちも女の子だったら、ダーリンのお母さんの名前にしようと決めています。お父さんのはちょっと、響きがあまり好みじゃないので遠慮していますが...(お義父さんごめんなさい!)

とにかく、カルロッタちゃんが生まれてから、お迎えさんはとってもにぎやか。ナポリからだんなさんのご両親が見えられているのです!
そして、ついでに、お二人結婚式も挙げることになったので、ナポリからSorpresa(びっくりさせようと)で、親戚も来られて...夜になるとこの小さなテラスに、3,4人立ち話をしています。それも深夜まで。うちともテラスごしに会話をしています。赤ちゃんもテラス越しに見せてもらったし...

ところで、このピンクのFiochetto(リボン)は女の赤ちゃんが誕生したしるし。男の子だと、水色のリボンが家を飾ります。こだわるところは、コウノトリが赤ちゃんをくわえている飾りが、屋根からぶら下がっていたり...

DSC00304.jpg


ちなみに白のリボンは結婚。ただ、この白のリボンは長時間置かない方がいいのだとか。というのも、結婚というと、銀製品などのお祝いの品がたくさんあるのが一般的なので、泥棒に狙われるそうです...私の友人も現に結婚式の翌日に泥棒に入られてしまって...

でも、このリボンを見ると、なにか幸せな気持ちになるのは、私だけでしょうか...

日本にもこういう風習があればいいなという方、クリックを!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


| ITALIA - イタリア | COM(8) | TB(0) |
2006-07-20 (Thu)



先週の日曜日、Lago di S.Croce(サンタクローチェ湖)に行って来ました。

コルティーナとヴェネツィアの間のPrealpi(プレアルプス)の中心に位置します。我が家から車で1時間半ほどの道のり。日帰りで行くのにちょうどいい感じです。

DSC00675.jpg


山の空気も満喫し、海水浴も楽しめます(泳ぎませんでしたが...)

午前中お天気は怪しかったのですが、午後からは青空も広がり、また風も出てきてとってもいい感じ。木陰でタオルをひいてお昼寝。気持ちいいです!(キリンが、他の犬と遊びたくって、昼寝の邪魔をしてきますが...)

DSC00679.jpg


風がちょうどいい感じに吹くので、ウィンドーサーフィン、あと、パラセーリングを楽しむ人でいっぱいです。
この風を利用して山からはパラグライダーも楽しめるのだとか。


キリンは、ダーリンからダイビングを強制されて、また水嫌いに拍車がかかったようです。
今週の週末は海に行く予定ですが、キリンの水嫌いは克服できるかな?

キリンの水嫌い克服にクリックで応援を!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| Viaggio - 旅行 | COM(0) | TB(0) |
2006-07-19 (Wed)
先週の土曜日、ステファノとニコレッタが、North Faceなどのアウトレットでお買い物をしたいというので、お供をしてきました。
夕方の出発だったので、そのまま帰ったのでは面白くないということで、近くのアグリトゥリズモで夕食を食べてきました。




ここもやっぱりメニューはなし。
おばさんが口頭で何があるのか説明をしてくれます。
そこで取れるものだけを出してくれるので、メインの御肉料理もありません。あるのは、ハムの盛り合わせ、地元のチーズ、自分の畑で取れた野菜、自分の所で取れた卵で作った卵焼き。パンも手作りです。
なんとも素朴なお料理ですが、素材が全て新鮮、また丁寧に作られているので、とってもおいしい!

DSC00671.jpg


今、なんでも食べれる時代で、こういう丁寧に育てられた食材を味わうのが一番の贅沢なのかもしれませんね。

と言っても、キリンには通じないでしょうね。

DSC00669.jpg


テーブルの下から、「出されたら、なんでも食べます」という顔をして私たちのことを見ています。(人間の子供だったら、とっても礼儀正しい子供ですよね)
久しぶりにキリンに会ったニコレッタ、キリンの成長ぶりにちょっと感動していました。というか、前があまりにもひどかったかも...
秋に私たちは日本に行くのですが、そのときはステファノたちがまたキリンを預かってくれることになっていて、ニコレッタはそれを心待ちにしているみたいです。ペードロもメディーもおとなしめの犬なので、キリンのような動きのある犬が来ると楽しいみたいですね。あと、ペードロのダイエットにキリンはいいみたいです。キリンがいなくなって4キロ増えたとか...
ダイエットしたい方、キリンを貸し出しまーす!
(て言うか、自分がその前にキリンを使ってダイエットしないとね!)

キリンのレンタルご希望の方、クリックを!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(2) | TB(0) |
2006-07-19 (Wed)
7月の第三週末はFesta del Redentore。

これは1500年台にヨーロッパを襲ったペストに対して、ヴェネツィア政府が、ペストの終焉と街の救済を願って神に誓いを立てたのが始まりです。願いがかなえられれば、子孫達がこの恩恵を記憶にとどめて、訪問する教会を建てるということが誓いの内容。話し合いの結果、1577ジュデッカ島に新しい教会建設が着工されたのでした。

同年の七月の第三日曜、Doge(ヴェネツィア総督)がペストの終焉を宣言し、その数日後、木製の臨時教会が作られ、総督が感謝の為の訪問の為に、ジュデッカ島と対岸を船を連ねた橋で結ばれました。

redentore.jpg


1952年、アンドレア パッラディオの設計でレデントーレ教会が奉納されました。着工からたった15年で完成とはイタリア人もやりますよね。

そして、このお祭りは今も続いています。第三日曜日にはレデントーレ・ヨットレースもあります。でもそれよりも、土曜日の花火大会は圧巻。これは1978年から始まったそうです。

fireworks2.jpg


この花火大会、夜の11時半から始まって約45分間続きます。鑑賞お勧めスポットは、水の街ヴェネツィアらしく、水上です。夕方の6時くらいからぼちぼち場所取りが始まります。私たちも5年前にステファノのおじさんの漁船で楽しみました、半分だけ(涙)。
漁船なもので、トイレがない!一応、前方にちょっとした操縦室があって、そこにバケツを持って用を足す…できれば避けたいということで、夕方の5時くらいから必要以上に、水分を取らないようにしていたので、男の人たち(タチション組)をどれほどうらやましく思ったことか…

redentore1.jpg
20060718184342.jpg



みんなで食べ物、飲み物を持ち寄って大宴会が5時くらいからスタートし、ステファノのおじさんの駐艇所に着いたのは夜中の2時。次の日は、海水浴。イタリア人って本当に元気ですよね。

DSC00086.jpg

右横の木箱の中身は5リットルのポンゴワイン。あっという間に空に...

ちなみに、ダーリンと私が出会ったのは9年前のRedentoreの花火大会。聞こえはロマンティック、内容は…
そのときは船なしの鑑賞だったのですが、みんなで食べ物飲み物を持参して、岸に座り込んでピクニック(?)宴会。手は鳥の丸焼きをむしって食べているので油でギトギト、ワインは岸に停留中の船上パーティーをしている人たちに恵んでもらうし…思い出深い出会いです。

いつも応援ありがとうございます。今日もここをワンクリック!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 
| Venezia - Venice - ヴェネツィア | COM(2) | TB(0) |
2006-07-14 (Fri)
数年前になりますが、ボローニャに住んでいたとき、どこかの見本市でラフティングの案内をみつけました。スピンニングというなにか怪しげなものも同時に案内されていて、同僚を募ってチャレンジすることに…
当時は彼氏だったダーリンとその友達も参加。総勢30名ほどの大グループで、ウェットスーツを着用、ヘルメットをつけ、こぎ方のレッスンも受け、いざ、車で上流に移動、ボートを担いで川へ!

ところが、水位はよく見積もっても10センチくらい。
ボートに乗り込んだら座礁するに違いありません!
重装備してレッスンを受けたのはなに?だまされたのかも、と思っていたらインストラクターが時計を見ながら、「あと5分、皆準備して」と注意を促します。


すると遠くからゴオォォォォォォという音が聞こえてくるではありませんか。
電力会社で調整の為、せき止められていた水流が一気に流れ出してくるのです。それを利用してラフティングとは考えたものですよね。

このとき分かったのが、スピンニングとはビーチボードを持って流れていくもの。
limentra-hydro-3.jpg



ボローニャの郊外のラフティングと馬鹿にしていたけど、なかなかスリルも楽しめましたよ。私は前から2列目だったけど、急流で最前列の二人の頭が一瞬、水中に消えてしまったり。二人ともはげ頭だったので、水中ら頭がポーンと飛び出してきたときには海坊主を想像して笑いが止まらなくなったり…




無事、生還(途中、ダーリンと友達は転覆させることを試みていたけど、とりあえず阻止することができました。ふーっ)。
スポーツのあとはやっぱり、栄養補給。
ということで、ポルケッタ(豚の丸焼き)大会スタート!
サルデニアからきたおじいさんが豚一匹を丸焼きしていました。
ワインは飲み放題、豚食べ放題!
ラフティングが主目的か、豚が主目的か分からない一日になり、食べまくり、飲みまくり。
この飲みっぷりに感動したおじいさんは、次から次へと変なお酒を持ってきては私に飲ませてくれる。今となってはおいしかったのかなんだったのかよく覚えていないけど。(ちなみに同僚のブータン人の男の子は、急性アルコール中毒で救急車で病院に運ばれたのでした…)

ダーリンと友達と私は、ボローニャの友達の家に泊まることになっていて、翌朝すごいのどの渇きで目を覚ますも、彼の家には水というものが存在しない!ドイツ人らしく、ビールは所狭しとあるのに…
最低限の水道水を飲んでベッドに戻ります。
十分後、ダーリンも同じ事をしていました。
更に十分後、友達のポンゴもキッチンへ。舌打ちする音が聞こえます。きっと同じことをするだろうと思っていたら、ビンを開けてコップに注ぐ音が…ダーリンも飛び起きて、キッチンへ。朝の7時にも関わらず、また前日の飲みすぎも忘れて、酒盛りを始めた二人なのでした…

みなさんのおかげで、人気ブログランキング、FC2ランキング共に自己最高記録を更新中!
週末もクリックよろしくお願いします!

励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 


| ITALIA - イタリア | COM(6) | TB(0) |
2006-07-13 (Thu)
暑い日が続くと、食欲も無くなるし、火を使うお料理もいやになっちゃいますよね。

そこで、うちの夏の定番をご紹介!

Gaspaccioといって、スペインの冷性野菜スープ

トマトは皮をむいて種を取って、ザク切り。ピーマンも種を取ってザク切り、玉ねぎとにんにくも入れます。うちではトマトがメインで、ピーマンと玉ねぎは味を添えるような割合にしています。

それをミキサーに入れて、オリーブオイル、硬くなったパン、酢、塩を加えて攪拌するだけ。
いつも少し多めにパンをテーブルにのせてしまって、硬くなって捨ててしまう経験ありませんか?うちでは夏の間はパンを捨てることは、このガスパッチョのおかげですっかり無くなりました!

出来たスープを冷蔵庫で、数時間寝かせます。

その後は器に入れて、粗みじん切りにした野菜(トマト、ピーマン、玉ねぎ、きゅうり)、クルトン、氷をのせて
いっただきまーす!

DSC00665.jpg


このトッピング、まるでイタリア国旗のようじゃありません?

暑い日はこれで決まり!
人気blogランキング、FC2ランキング(10位に入っちゃいました!)、共にアップ中!今日もクリックよろしくね!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(4) | TB(0) |
2006-07-12 (Wed)
この題名でピーんと来る方、関西出身でしょうね...

先日、と言っても一ヶ月ほど前になりますが、トミーさん一家に夕食のご招待を受けました。
ちょっと疲れ気味で本当はパスしたかったのですが、なかなか食べれないものが手に入ったといわれては、這ってでも行きたくなるのが人情。

で、出されたものは…


DSC00574.jpg


Granso Poroといって、ヴェネツィアの海岸地帯で取れる毛がにで、フランス産やスペイン産に比べて非常に小ぶり。最近ではほとんど見られなくなったという貴重品。ダーリン曰く、もう食べれなくなるかもしれないというお品。
日本のようにボイルして頂きました。身もたっぷりで、オイルなど調味料なしでもしっかりした味で、くるみ割り器を使ってバリバリ砕きます。このときばかりは、おしゃべりなイタリア人も若干、静かになります。カニで無言になるのは万国共通ですね。


DSC00577.jpg


外ではキリンがトミーさんちの愛犬タバタと遊んでいます。タバタはダックスフンド♀でもうすぐ一才。元気一杯で、キリンとも仲良しで、延々と遊んでいました。キリンも本当はカニ食べたかったのかもしれませんが、タバタの相手をしていると、催促しそびれちゃったのかもしれませんね。

DSC00573.jpg


カニは冬と決め付けていたのですが、夏に食べるカニもなかなかいいですね。というか、いつ食べても、やっぱりカニはおいしい!イタリアで、こんなふうにカニを頂くことはあまりないので、とってもラッキーな夕食でした。

参加していますので、クリックで応援お願いします!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(6) | TB(0) |
2006-07-11 (Tue)
昨日の夜のイタリアは大盛り上がり。昨日書いたように、なんてったってイタリアチームの凱旋がローマでありましたもんね。テレビ中継もあって、12時くらいまでずっと見ていました。

ローマの道が大渋滞の為、大幅に遅れた選手のIl Circo Massimoの到着、それでも700,000人の人が今か今かと待ち構えていました!


bus.jpg


選手達は、We are the Championを歌ったり(このときのDel Pieroが超かわいかった。いつも控えめなのに、上半身裸になって叫んでいた!)トロフィーにキスしたり、高く持ち上げて喜びを全身で表していました。

coppa.jpg


と、ここで、こんなにトロフィーを振り回して、落としたりしないのかと、人事ながら心配したりして…

この疑問をダーリンに投げかけた所、

「これ、本物じゃないよ」

えっ、選手達大喜びなんですが…

本物はスイスのとある銀行の金庫の中に納められているのだとか。

で、調べた所、今年から、トロフィー授与の時には本物が贈られるけど、閉会式終了後はFIFAが管理するとの事。で、優勝国には代わりに、レプリカが渡されるんですって。だから、選手達はあんなに、軽々とトロフィーを扱っていたのですね。

真実を知ってしまって、ほっとしたような、ちょっとがっかりのような…できれば、一日くらい本物を持たせてあげて欲しかったですよね。

レプリカの事知ってた方も知らなかった方もクリックよろしくね!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 



| ITALIA - イタリア | COM(6) | TB(0) |
2006-07-11 (Tue)
イタリア優勝!やりましたね!
今もイタリアは勝利の余韻に酔いしれています。

いつもは静かな町も、この日ばかりはブルーのユニフォームを着た人たち、イタリア国旗を持った人たちで大にぎわい。

私たちはポンゴのアグリトゥリズモで観戦しました。どうせ、こんな日に開けていてもお客さんが来ないだろうという事で...

そこで、友達のエレナがScherzo(いたずら)をしようかと...
「Associazione feminile di contro calcio(アンチサッカー女性の会)ですが、今日40席あいてますか?」と、予約を入れようと。結局やめたけど、その話をキッコにして、もしそういう話があったらどうするって聞いたら、もちろん予約入れて、働くよだって。私たちを誘っておいてそれはないんじゃない?女が絡むと友情なんてあっけないものだと感じた一瞬でした。

前半7分で早々とゴールを入れられると、やけ食い、やけ酒の開始!選手には聞こえないのに、罵声も飛びます。

P.K.で決着になったときには、もはやこれまでと思ったけど、結果は皆さんもご存知の通り、やってくれましたね!

24年ぶり、4度目のチャンピオン!

前にもちらっと書きましたが、82年のときにも4強がヨーロッパ勢で、イタリアが優勝。そしてそのときにコンサートのためにローリングストーンズが来伊していて、そして、今回もローリングストーンズが来伊!歴史は繰り返されたのですね。

tifosi


今テレビでイタリアチームがローマで凱旋している模様が放映されています。人、人、人でこの勝利を祝っています。

all



カンナバーロ



このイメージを見たダーリンの一言。
Grazie per questo sogno e per avere riunito i cuori della gente di tutta italia, da qualnque posto provenga.
この夢と、たとえどこの出身であっても、全イタリアの人々の心を一つにしてくれてありがとう。

canto



皆様のおかげでランク上昇中!今日もクリックお願いしまーす!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 



| ITALIA - イタリア | COM(0) | TB(0) |
2006-07-07 (Fri)
うちでは、デザートはほとんど食べません。
まずお互いの体型の為に、甘いものを買わないようにしているのもありますが、ワイン好きな為、それほど甘いものは欲しくならないんですよね。

ところが、うちのダーリンは、急に甘いものが欲しいと言い出します。知ってます、夜中に、私が日本から持ってきたポッキーをこそこそ食べているのは...

食後にも、たまーに甘いものが食べたいとおっしゃるし。

で、用意しておくのが、これギリシャヨーグルト


DSC00628.jpg


パッケージは2段になっていて、下はまーったりとしたギリシャヨーグルト、上の段は蜂蜜とくるみのトッピング。

このトッピングをかけて頂きます。
この3つの組み合わせが、なんともいえないおいしさで、ヨーグルトがデザートに変身してくれます。

DSC00631.jpg

マチェドニア(フルーツポンチ)を下にしてもおいしいですよ。
と言ってもマチェドニアもほとんど作りませんが...(手抜きをしているのではなく、あくまでもダイエットの為です、<汗>)

スーパーマーケットで売ってますので、試してみてください!

皆様のおかげでランク上昇中!今日もクリックお願いしまーす!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 



| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(10) | TB(1) |
2006-07-06 (Thu)
先日のCANEVANDOの後、いつもプロセッコを買うワイナリーに寄って濾過されていないプロセッコを一箱買ってきました。
桃も買ったので、ベッリーニを作ってみました。

ベッリーニはヴェネツィアのHarry's Barで1948年にジュゼッペ チプリアーニが画家Battista Belliniの展覧会の為に考え出したものだそうです。
作り方はとっても簡単です。

Fluteというグラスで、直接作ります。最初に、ミキサーで液状にした桃を入れ、プロセッコを入れるだけ。

Harry's Barで頂くベッリーニはとってもおいしいですが、6年程前で確か一杯2千円くらいしていたような...今は円が弱いからもっとするのかもしれませんね。

うちでは全部ミキサーで大量に作っちゃいます。この前は二人でそれぞれ3,4杯のベッリーニを飲みながら、イタリアの試合を観戦しました。(Fluteグラスはしまったままどこに行ったか分からないので、CANEVANDOでもらったグラスを使っています)

桃のおいしいこの季節、お勧めのカクテルです。
どうぞお試しください!

bellini.jpg



ベッリーニ、飲んだことのある人もない人もここをクリック!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(6) | TB(0) |
2006-07-05 (Wed)
やったー!イタリア、ドイツを突破しましたね!
昨日は手に汗握る試合展開。
ダーリンとテレビにくぎ付けになって観戦していました。

延長戦になってもなかなか勝負が決まらず、もうPKでの決着かと諦めモード。今までの例から行くとPKできっと負けてしまう...
と思った矢先、Grossoがやってくれました。そして駄目押しにDel Piero!
もうダーリンと抱き合って喜びました!(キリンは何のことか分からず、ただ、安眠を妨害されて不機嫌でしたが...)

そしてダーリン、出かける準備を始めています。ブルーのTシャツなんか出してきて...

「さ、Riccaも早く準備して!キリンにも何か青いもの。そうだ、古いリードをつけよう」

嫌がる私にはブログに載せて皆さんにお伝えする義務があるとか、変な説得をつけて、キリンと私無理やり外に連れ出されました。

途中、爆竹が落ちてくるし(別のマンションの2階から下に向けて投げている!!!)

そしてちょっとした大通りに出ると...

festa3.jpg


ちょっと暗くって見難いですが、車車車!
みんな旗を出して、箱乗りになっているし...
クラクションはプープー、中には縦笛吹いている子供も(ちょっと違う?)...





festa2.jpg


パンツにイタリア国旗が描かれているのでパンツ一丁のお兄さんがいたり、自分より大きな国旗を振り回している子供もいたり。旗は旗でもベル○スコーニの政党の旗を振っているお兄さんもいるし...(ま、確かにイタリアの国旗色に「Forza Italia(頑張れイタリア)」だから意味はあってるけど...)とにかく、もうすっかりお祭りモード。

ここまで発散できたら、優勝できなくっても後悔ないかな?って言うくらいの喜び方。もちろん優勝できたほうがいいでしょうが...
ちなみに、4強が全てヨーロッパ勢(フランス、西ドイツ、ポーランド、イタリア)だった82年大会、優勝したのはイタリア。今回もポーランドとポルトガルが入れ替わっただけで、ほぼ同じ面々。と言うことはイタリア優勝再現??

festa4.jpg


次の試合は日曜日、みんなでイタリア応援しましょう!

クリックでイタリア応援よろしくね!
励みになります!人気blogランキングへ

 こちらも応援お願いします。 

| ITALIA - イタリア | COM(6) | TB(0) |
2006-07-04 (Tue)
DSC00598.jpg


一週間前の日曜日ですが、CANEVANDOに参加してきました。
CANEVANDOとは、Valdobbiadene地方、地元のプロセッコと郷土料理のプロモーションのフェスタ。
ガイド付きで20名ほどのグループに分かれてCantinaやブドウ畑を歩きます。(Cantinaとはワイン貯蔵庫ですが、広く言えばワイナリーでしょうか。で、この地方の方言でCANEVEと呼ぶことから、このフェスタをCANEVANDOと呼ぶことになったらしいです)
プロセッコと郷土料理を楽しんで一日を過ごすという集まり。

会社で使っている業者さんが招待してくれたのですが、私にお話が回ってきました。日ごろからワイン好きをアピールして、大正解!
ダーリンとキリンとで参加してきました。

まず受付でTシャツ、帽子、赤いコップ(水用)、ワイングラスと首からかけるコップ入れを受け取って、グループになってスタート!(朝の10時というのがきついですが...)

ガイドさんがワイナリーを案内してくれて、プロセッコと食べ物を楽しみます。

DSC00589.jpg


プロセッコも発泡性のものだけでなく、Fermoと呼ばれるいわゆる白ワインのようなプロセッコも楽しみました。

ところが、3軒周った所で大事件発生!

次の記事を読むまえにひとつここをクリック!

励みになります!人気blogランキングへ >> ReadMore
| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(10) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。