12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-03-29 (Wed)
昨日、3度目がありました。
引越しって何度やってもなれるものではないですね…やっぱり疲れました。

今回はアパートが1階(日本でいうところの2階)だったので、その苦労は倍。
私はてっきりクレーンのようなもので二階に上げるのだと思ったら、違っていました。トラックの後ろのドアが左右に開閉するのではなく、上下(1:4)に開閉し、その下の部分がぴったり地面に張り付いたり、またトラックの荷台の高さに上がったりと、まさにエレベーターの役割をするので、それを利用した荷物の積み下ろし。
今から考えると写真をとればよかったと思いましたが、引越しに夢中で忘れていました…

テラスぎりぎりにまで、トラックをつけて、荷台から2階でスタンバイしている人に家具、ダンボールを手際よく引き渡す。ま、原始的なやり方です。
家具も、一旦ばらしているので、窓から入ってきます。冷蔵庫と洗濯機は階段を使っての移動でしたが…

8時に倉庫に集合して、積み下ろしが終わったのはお昼前。お昼休憩をして、全ての作業(ベッドやタンスの組付けなど)が終了したのが3時半。

そして、私たちはそのまま市役所に住居登録に行ったのですが、新人さんが担当だったので、たかが住居変更になんと2時間!私たちもあまりの長さにうんざりだったのですが、彼女の最後の言葉。
お役所仕事ってほんと、いやよね…
そう思うのだったらなぜ変えようと(改善)しないの?と、言いたくなりましたが…

そんなこんなで、アパートに戻ってきたのは、6時前。
8時にはアポイントがあったので、適当に箱を開けただけで、一日の仕事終了。
うーん、まだまだ住める状態じゃないので、やっぱりステファノの家に帰る。

引越しが無事終わったことで、あとは自分達次第。ちょっと気が軽くなりました。

でも、ひとつ気になることが。
それは私の大事な七輪ちゃんが見つからない…
ダーリンと引越しやさんの一人は、前回の引越しで倉庫に入れたところまでは覚えている。でも、見当たらないし、今回は引越しやさんもそれらしきものを見ていないという。ひょっとしたら荷物に埋もれているだけかもしれないけど…

焼肉好きダーリンの為に、2月の帰国で頑張って持ってきたのに…七輪自体にはたいした価値はないけど、私の苦労と労力を返していただきたい!
すっかり春めいた今日この頃、川原で、焼肉をするつもりだったのに…
でも、これがもし倉庫で盗まれたとしたら、何のために盗んだのでしょう…網も、中の丸い石も取り除いた七輪に意味はないのに。
それよりも、これで料理すると言う真意が分かってないだろうに…

あー、一日も早く荷物を全部解いて、私の七輪ちゃんに再会したい!

一日一回ここをクリック人気blogランキングへ

 そしてこっちも始めてみました 


スポンサーサイト
| Casa - 家 | COM(7) | TB(0) |
2006-03-27 (Mon)
本当は、今回は家の中を紹介しようと思っていたのですが、とっても悲しいニュースが...

ひょっとしたら近々ステファノ牧場のニューフェイスをご紹介できるかもと思った矢先の出来事...

それは、金曜日に手術したDAINO(辞書によるとダマジカ。バンビちゃんみたいな鹿です)が死んでしまったのです。

この話、よく事情を聞くと飼い主の無責任さにムカムカしてきます。

そもそも約3週間ほど前に飼い主から電話があって、鹿の様子が約10日ほどおかしいので、往診して欲しいと... 10日間も放っておくなんて!とちょっとピキッ!

そしてニコレッタが往診して、いろいろ指示。しかし、そのあとさらに10日間ほど放置して、病状がもっと悪化してから連絡。
すぐに手術をしないといけない状態で、飼い主は、じゃ、殺してくれとあっさり言う。

我慢できずにニコレッタは、
「自分達で手術をして、私が今後飼います!」
さすがニコレッタ!

翌日開腹手術。中から出てきたのはビニールのカタマリ!
かなり危険な状態だけど、手術は成功。

ただ、あまりにも長い期間放置されていて体もすっかり弱っていたせいもあり、また、おなかの中で草を消化する為の細菌が全て死んでしまっているので、何とか2日持ちこたえたものの、やっぱりだめだったそうです…

あと、一週間早ければ助かっていたのにと、ニコレッタもステファノもやるせない表情。

ダーリンの病院もニコレッタの病院も緊急携帯電話で、24時間のサービスをお客さんに提供しているのですが、よくあるのが、

犬が10日間ほど調子が悪いけど、最後の最後までアクションを起こさない飼い主さん
とか、
治療中の猫ちゃんで、えさをあげてはいけないとか、このお薬をあげるように診断しても、結局飼い主の都合でそれを守らなくって、病状を悪化させてしまう飼い主さんがよくいます。

自分の体じゃないから、動物が苦しんでいても平気なのでしょうか…

一匹でも多くの動物が、心有る人に飼われますように…

人気blogランキングへ

そしてこちらも始めました!


| Casa - 家 | COM(5) | TB(0) |
2006-03-24 (Fri)
ずっとずっとやりたいとは思っていたのですが、なかなか写真がとれなくって...
それは、お世話になっているニコレッタ・ステファノ邸のご紹介。
あと数日でお別れです。
今日は、お庭です。

DSC02277.jpg


お庭というより、FATTORIA(農場)?
そしてその中の住人は?

DSC02274.jpg

まず、一番大きなロバさん。彼女は、ニコレッタからのステファノの大学卒業祝いのプレゼント。
ロバをプレゼントって、普通は考えられないですよね。

DSC02275.jpg

続いて、つぶらな瞳のジュゼッピーナちゃん。
彼女は去年の年末に誕生。ただ、生まれたと同時にお母さんを無くしたので、ステファノ、ニコレッタがお母さん代わり。
かわいそうに、他の、山羊達から仲間はずれされて、いつも一匹ぼっち。
でも上のロバさんと仲良しなのです!

DSC02276.jpg

そして、アヒルちゃん、ウサギ、がちょう、ニワトリ、黒やぎ、茶色やぎ、白やぎ、たくさんです。

この子達を見ているだけで心が癒されます。

人気blogランキングに応援お願いします!

そしてこっちもはじめて見ました!



| Casa - 家 | COM(8) | TB(0) |
2006-03-22 (Wed)
ダーリンのお客さんの中には、お客さん―獣医の関係を超えて友達づきあいをさせていただいている人がいます。

その中の一人、エリザベッタ&ボリス夫妻はご近所だったということもあって、一緒にお食事をよくします。このエリザベッタおばさんは、ジェノバ出身の方で、とってもお料理上手。ただ、レストランに行っても、自分の方がうまく出来ると難癖つけるので、できれば、外食は一緒にしたくないのですが…

で、そのエリザベッタに教えてもらったレシピ、Zuppa di cipolla(玉ねぎスープ)を昨日試してみました。ただ、彼女の説明は分かりづらく、(イタリア人らしく、頭に浮かんだ材料をポンポン話していくので、卵はどこへ?コンソメはいつ?などと言う質問が常についてまわりました…)これでよかったのかどうか…

まず、白玉ねぎ3つをうす切りして、牛乳(出来ればスキムミルク)に長時間つける。(私は朝、出社前にしたので、一日中、手に玉ねぎのにおいがこびりついていて、ウッときましたが…)
パン(シチリア風のパンと言っていましたが)は、ブルスケッタに使われるようなちょっとしっかりしたパンを薄切りにしてオーブンでこんがり焼いて、オリーブオイルをかける。
耐熱皿に、オリーブオイルを引いてパン、ミルク切りした玉ねぎ、エメンタールチーズのスライス、黒こしょうとバターを重ね、これを2,3回繰り返す。
最後に、塩・こしょうで味付けしたコンソメスープを少し冷まして、卵黄2個をくわえて軽く混ぜて、全体にかける。
これをオーブン150度のオーブンに入れ、徐々に温度を上げていって、最終的には220度くらいにする。約30分で出来上がりです。

エリザベッタ曰く、玉ねぎスープですが、どちらかというと、sformato(=timbale(英)、材料とソース・チーズなどを型に入れてオーブンで焼く料理)に近いかも…だって、パンがスープを吸い込んで、スープがなかったもので…

エリザベッタのレシピでは、玉ねぎは一切炒めないのですが、ちょっと軽くフライパンで炒めた方がよりおいしかったかも…

写真は、出来上がったときにおなかをすかせた子供達(ステファノとダーリン)が帰ってきたので、あっという間になくなって撮れませんでした…

そして、とっても好評で、どうやら、レシピも理解できていたようです。

イタリアはここ数日寒さが戻ってきてしまったので、暖まるにはもってこいの一品です!

一日一回ここをクリック!人気blogランキングへ



| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(0) | TB(0) |
2006-03-21 (Tue)
ろんまさんに紹介頂いて、この土曜日にチャネリングなるものにチャレンジしてみました。
モニターとしてなので、無料で占ってもらえる!そして、EDICARDなるものを利用すれば、5ユーロでなんと127分会話できる!そうなると、試してみたいのが人間というもの。

チャネリングってなんだ?全くの素人の私が分かったことは3次元ではなく、タマシイを見る霊視だということ。

日本時間の夕方、約束の時間に電話をかけて、見て欲しいことをざっと話す。うちの場合はやっぱり家の事なので、手短に話すと、「そんなことが起こるんですねえ。」という相手側の反応。ま、普通、信じられないでしょうね。

で、回答は、邪悪なものが見られないので、きっとどっちに行っても(家を手に入れても失っても)最終的にはこれでよかったと思える結果になるはずと言われました。
光しか見えないし、その周りにはたくさんの天使が舞っている(=周りの人が助けてくれるはず)そうです…(うーん、これを聞いた時はダーリンの頭の中で生きているciccioriccio、kakkarockをはじめとする変な生き物が私たちを取り巻いているのでは…とちょっと不安になったりして…)
とにかく、今は成長する時期で、暗くなりがちなダーリンと支えて、私の光の中に招くように努力しないといけないらしいです。(やっぱりたちの悪い厄はダーリンのもの?)

また、私の前世は…
何だと思います?とりあえず人間ではありましたが…)

外に出て楽しみたい、修道女を辞めたい修道女

だからこの世は好きなところに行って、自分の思う通りに生きているらしいです…

はじめはダーリンに内緒で占ってもらったのですが、ちょっと笑えるのでダーリンに話すと、やっぱり反応は

くだらない…

ま、占い師さん(チャネラーさんとでも言うのでしょうか?)には本当にそう見えていたのかどうかは別にして、いつもいいことだけ信じる(都合のいい)私。

終わりよければ全て良しということで…(元修道女の私としては祈ります…)

一日一回クリック!よろしければ、人気blogランキングに一票!
| 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2006-03-17 (Fri)
ダーリンは、疲れがたまったのか、ここしばらく元気がない。夜もゆっくり眠れないという。キリンが門の前でちょこんと座ってお見送りしてくれる姿をみて、涙が出てきたというのだから、かなり重症。
何かしてあげたいなと思うけど、何をしてあげたらいいのか分からない…

で、昨日ステファノが話してくれた。動物病院での状況。
別の同僚ピエロも奥さんが病気で寝込んで、子供の世話、家事をしないといけないということで、ストレスがたまって、その発散を病院でする。で、うちのダーリンは、よくターゲットにされる。人のペースにあわせて働くと、本領を発揮できない人なので、自然と忘れ物をしたり、整理整頓が出来なくなって、そしてまた怒鳴られる…そうでなくても家の事で疲れているのに、この仕打ちはないとステファノは常々気にかけていてくれたのです。

イタリア人は、職場でもお構いなしに怒鳴る(前の会社では電話機が飛んできたこともあります...)。そして、翌日は何事もなかったかのように、とっても明るい顔で平然と職場に顔を出す。
ダーリンにはそれが出来ない。怒鳴るのが解決ではないので、ぐっと堪える。(私にはちょくちょく、怒りますけど…)ただ、堪忍袋の緒が切れてしまった時には最後。切れてしまったら、もう二度と(職場には)戻らないという。

ニコレッタがストレスと神経衰弱で寝込んでしまって、苦労を知っているステファノが、昨日、みんなの間に入ってくれました。ステファノはダーリンも寝込むんじゃないかと心配してくれているのです。

ピエロへのアドバイス
もっと自分を抑えて欲しいと。じゃないと、周りの人がいい気持ちで働けない。(私はもうひとつアドバイスして欲しいかった。肉・魚を食べろ!と。ピエロ一家はベジタリアンで、よく病気になるし、とっても短気。これは肉を食べていないからだと私とダーリンは密かに思っている。)すると、ピエロも反省して、直接ダーリンに謝るようなことはなかったけど、来週みんなでアラブ料理を食べに行こうと提案。これが彼の「ごめんなさい」の印なんだって。

ダーリンへのアドバイスは、時々は発散させるように。あと、ニコレッタが針治療に行って、見る見るうちに回復したことから針治療を薦めてくれました。

そして、夜3人での夕食の時にも(ニコレッタはジムに行って不在)、自然とこの会話に。

怒鳴られたらどうするか?

ステファノは、そのときは何も言わずに、翌日落ち着いた時に、反論をはじめるという。

だから私の解決エピソードを話した。
以前、何かでダーリンが私の事を責めた時、ぐっと堪えて言い返さずに(言い返しても聞く耳を持ってもらえないので)、時が来るのを待つ。その時とはダーリンが私のした失敗をした時。そのときは、怒らずに、静かに、
「あんた前、むっちゃ怒ったやろ?そんな怒られなあかんような失敗したと思う?」
するとダーリンは苦笑いしてボソッと一言。
「んーー、いやー、うーん……、怒ってくれてもいいよ…」
「私はそんなくだらないことで怒らへん。だからあんたも今後、怒る前にちょっと考えるように、注意しーや」
というエピソードを披露したら、ダーリンは気まずそうな顔。

ステファノも、「僕もピエロとロベルトにも同じ事をやったよ。で、効果もあったよ」という。ということで、この手をダーリンにお勧めする。

昨日つくづく思ったこと。ステファノみたいな人がこの世に存在してくれるのが救いだなと。自分が大変な時にも、常に他の人の事を気遣う。特に職場の人間関係で、自分が一番下の立場だったら、上の人に意見することは難しいだろうけど、それをやってのけてくれる。彼とはいろいろな面で話が合うし、些細なことでも、私の考える常識がここでも通じるんだと感じる場面が多い。

こんないい同僚がいるんだ、頑張れダーリン!

ここを一日一回クリック!人気blogランキングへ
| AMORE - ダーリン | COM(5) | TB(0) |
2006-03-16 (Thu)
先週、ちょっとショックなことが…お昼を週一くらいで共にするモレーノが3月いっぱいで退職するというのです。理由は、家の近くでいい仕事を見つけたから。ちなみに彼の今の通勤時間は車で約30分強。それほど遠くないのでは、と思うのは私が日本人だからでしょうか…

50人ほどの小さな会社なのに、私が見てきただけでも去年一年間で7人ほどの人が退職・そして代りに入って来たり…小さな会社で7人って多くないですか?日本だったら、今は崩れたけど定年まで就職するのが当たり前なので(だったので)、ちょっとこの数の多さにはびっくり。

でもイタリアではこの転職はふつうみたいですね。ふつうに会社勤めしていても、他の会社への就職活動も平行して、条件の良い所に移る。そりゃ合理的な話ですが、私からすると、とっても不思議。まず、ある会社に勤めている時に、他の会社への就職活動って出来ないですよね。会社を辞めるときって、何か他にやりたいことがあるとか、職場に不満があるわけだから、とりあえず辞めるのが日本人。次の就職先を確保してから辞めるなんて、時間的にも精神的にも無理かも…と思うのは私だけでしょうか?

でも、ここイタリアでは、私が見てきた中では必ず

退職=転職

なのです。

そして、もし転職先が合わなかったら、古巣に話をつけて、「出戻る」なんてこともあります。その時には、なぜかお給料アップも交渉しちゃう。理由は自分は他の会社で力をつけてきたからとかなんか分からない理由で…

いずれは日本もそうなるのでしょうかね…

人気blogランキングへ
| 未分類 | COM(5) | TB(0) |
2006-03-13 (Mon)
conchiglie.jpg


うちのダーリンは物を集めるのが大好き。太陽の壁掛けと貝殻と化石。特に貝殻は年季が入っていて小さい時からはじめていて、引越しの時には、小学校の時に作成した箱の裏側に貝を貼ったコレクションもでてきたし…

ダーリンの貝好きを知ったのは石垣島。イタリアで海に行くとひたすら寝そべって一日を過ごすのに、石垣島ではビーチにタオルを敷くと、すぐさまどこかに行ってしまう。海に入るのではなく、棒を持ってひたすら海岸を歩くのです。棒はなにに必要かというと、生きた貝などは直接触ると危険だから、こうやって棒を持って突っつくというのです。

台風の直後は、ペンションのオーナーに貝拾いスポットに連れて行ってもらい、そこでもひたすら貝拾い。私もやることがないので、2,3時間ひたすら下を向いて歩いて貝拾い。そしていつもは朝遅くまで寝るのが大好きなくせに、待ちきれなくって早朝貝拾い。おかげで石垣島を離れるときには、その量、ダンボール一箱分!本人曰く、ビーチで女の子に見とれているより良いでしょ?と、それなりの理由をつけては毎日貝拾い。それでもポリシーがあって、死んでいる貝しか拾いません。生きているのは、すばらしい状態であっても、泣く泣く海に返しています。

昨日は、石垣島に行って貝拾いしている夢をみたとのこと。
今年の石垣島行きどころか日本行きが暗雲に乗りかけているので、一層、恋しさが募っているみたいです。
conchiglie2.jpg


conchiglie3.jpg


人気blogランキングへ

| AMORE - ダーリン | COM(6) | TB(0) |
2006-03-09 (Thu)
うちの状況を話すとみんな同情してくれて、同時に口をそろえて、イタリアの不動産購入システムを批判します。

というのも、建設会社が破産した場合、2年に遡ってその建設会社の担当した物件が対象になるというのです。だから、家を無事購入したと思っても、2年間は油断できないのです。

もしもですよ、売買契約が整い、ローンが始まって、生活も落ち着いた1年半後に、建設会社が破産した(!)なんて事になると、住んでいる家にも影響が来るかも…というのです。そうなると、もちろんローンは払いつづけないといけないし、下手すると建設会社の負債を肩代わりするか家を手放さないといけないなんて可能性もでてくるのです。

とっても理不尽…

建設会社の社員、銀行、下請けに優先的にお金は返却され、消費者は一番最後。そりゃ、連鎖倒産を防ぐというのは分かりますが、でも、消費者だって、ありったけのお金を払って、またウン十年の借金(ローン)を背負って、一大決心で家を買ったのに、あまりにもひどい仕打ちですよね。
何軒も家を持っているイタリアの首相のように裕福な人にはそういったことを適用してもいいけど、一般庶民で一軒目の家の人には手厚く保護していただきたいものです。

仮のアパートを探さないとならなくなった時、不動産会社に行くよりは、ツテを辿った方が言いということで、事情を話して、アパートを持っている人を知っているか聞きまわっていたところ、一週間のうちになんと3人もの人が、建設会社が破産してえらい目にあったと彼らの苦労話を話してくれました。

おいおい、そんなに頻繁に起こることなんかい??
と、ダーリンとびっくりしたものでした。

そして何人もの同僚が、建設会社が逃げたとか破産してしまって、本来なら築後10年は保証がある家も、泣く泣く自分達が修理しないといけなくなったと言う話をしてくれました。
建設会社はわざと破産させて、別の名義で会社を設立させる、それを繰り返して、自分達の仕事に責任を持たないというのです。

ここまで聞くと、イタリアで不動産購入はほとんど博打?

ふつうに家を持つことがこんなに難しいこととは思わなかった今日この頃です。

人気blogランキングへ
| ITALIA - イタリア | COM(4) | TB(1) |
2006-03-08 (Wed)
今日3月8日はFESTA DELLA DONNA(国際女性デー)。
女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱して始まったそうです。

イタリアではこの日、女性はミモザをプレゼントされます。私も例に漏れず、今朝、同僚からミモザをプレゼントされました。こういうところ、イタリアの男性ってとってもマメですよね。
昔、別のイタリア人の同僚(男)とフランス人の同僚(女)と私3人で夕食に行った時、お迎えにきてくれた男の同僚が私達それぞれにバラをプレゼントしてくれたことがあります。イキですよね。

なぜミモザ

インターネットで調べてみると、次のようなことが書かれていました。

3月8日のシンボルフラワーは1946年にイタリアで考えられました。この年、戦後初めての集会が開催され、この日を象徴する花を考えました。赤いカーネーションはメーデーのシンボルです。特にこのシンボルはファシスト政権時代に、この花をジャケットのホールに挿すことで、危険を冒さずに立場を明確に出来たので大活躍したそうです。
ローマの若い女性はこの黄色い香りのある花を好み、そしてちょうどこの時期に開花し、価格も高くないことからミモザが女性の日のシンボルとなりました。この選択は偶然で特に深い意味もなかったのですが、大成功し、時がたった現在でも3月8日に女性達に贈られます。


不思議なものでブログを開始して、初めて知ることがたくさんあります。例えば、私にとってのFESTA DELLA DONNAは、ミモザをもらって夜は女同士でご飯を食べに行く日だったのが、ちょっと見方が変りました。
ブログやってよかったなと思えることのひとつですね。

そうそう、ダーリンからもミモザをプレゼントされました。でもオチが...
ガソリンスタンドでプレゼントされたものの使い回しでした。

人気blogランキングへ
| ITALIA - イタリア | COM(2) | TB(1) |
2006-03-06 (Mon)
なんか今年になってあまりにもついてないので、私はダーリンが厄年なんじゃないかと疑い始めた今日この頃。私は厄年なはずがないと自信満々で、何気なくインターネットで調べると...

ガーン!!!

私も思いっきり厄年!

それもダーリンと私二人揃って大厄だなんていってくれる...(年齢がばれてしまう?)

どうりで、悪いはずだわ。

厄年には新しい事業、家を建てる、結婚、引越しなどを避けるということも言われます。

と、アドバイスもしてくれている。

家を建てたのも引越ししたのも一応去年なんだけど...
それでもこんなについていないって事は、やっぱりダブル大厄の仕業なのでしょうか?節分に豆まきをしなかったのが災いしたのでしょうか???

この週末に荷物をまとめて、今朝引越しやさんが来て、倉庫に一時、家具と山ほどあるダンボール箱を移しました。
我が家ともお別れです。建設がはじまったのがちょうど2年前で、2年間の私達の思いがたっぷりの家。
やっぱり、悲しいな...

これからは、またステファノの家にしばらく居候して、3月末にはアパートで、新生活スタートです。
そして、早くこの一年が終わってくれますように...

人気blogランキングへ
| Casa - 家 | COM(0) | TB(0) |
2006-03-03 (Fri)
先日イタリアの首相ベルルスコーニがアメリカで演説をして大絶賛を受けたと言う話を、昨日友達とした。内容は、戦後、子供と父親がイタリアにあるアメリカ人墓地を訪れ、この人たちがいたから、イタリアの自由があると子供に話したという。その子供が自分だった。そこで拍手喝采。
友達曰く、ありえないだろう。そもそも、アメリカ人の墓地は南部で、ミラノ出身の彼が、その当時そんなに簡単に南に行けたと思わないし、また当時何歳だったんだと。でも、とにかく、よく出来た(作り)話(ネタ)で、これで人はころっとだまされるんだ、と感心していた。

で、思い出したこと。それは建築会社のマウロの話。サントドミンゴにバカンスに行く前に、ダーリンに電話をかけてきて、
「ちょっと、仕事でミラノに行くから10日ほど連絡が取れないかもしれない」
そのとき既にダーリンは風の噂でマウロ一家がサントドミンゴに行くことを知っていたけど、あえて言わず、電話を切った。

そして、10日後、署名してもらわないといけないものの期限が迫ったけど、一向に連絡が取れない。そこで、マウロの弟、モレーノに電話すると奥さんが出て、
「あ、マウロなら、明日帰ってくるよ。だって、美容院主催のサントドミンゴで、美容院はあさって開くからね」
マウロは数日後うちに電話してきて
「ミラノの仕事がようやく終わってね。今は、一般社員だからなかなか自由に電話も出来なくって」
という。見事私達をだませたと思っているらしい。

破産したから二度と旅行に出られない、なら、今がチャンスと思うのも分からないでもないけど、なぜ、美容室主催の旅行に行くかな?小さな町の美容室と言うことは、もう町じゅうの人が彼の行動を知っているということ。(イタリア女は美容室が大好きで、しょっちゅう(週一ペースの人もゴロゴロしています)、行ってはいろいろおしゃべりをしているので、美容室はゴシップねたでいっぱい)。どうしても行きたければ、誰も知らない町の旅行代理店で申し込んで、こっそり行くべきなのに…

で、ここでダーリンが思ったこと。どう考えても人をだませない内容で、見事騙せたと思っている人が存在するって事は、ベルルスコーニの話を信じる人がいてもおかしくないかも。今までは、彼の話を信じる人がいるのが信じられなかったけど、マウロのような人種にあって、ありえるのかもと、思い始めたと…

これはイタリア人の性質なのでしょうかね。でも、もうすぐ選挙が迫っているここ、イタリア。真実を見極める目をもって欲しいものです。

人気blogランキングへ
| ITALIA - イタリア | COM(2) | TB(0) |
2006-03-01 (Wed)
最近、キリンはガレージを出て、ふつうに家の中で日中を過ごしています。というのも、どうせこの家を出ないといけないんだったら、そんなに神経質にならなくっていいかなと…ちなみに、フローリング部分は、あくまでも土足厳禁にしていたけど、もう最近はなんでもあり。自分のものにならないかもしれないのなら、それに、管財人などが土足で家に入って見定めするだろうし。今までは日本式に跪いて、ダーッと雑巾がけをしていたのも一気にやる気がうせて、とっても投げやりな私たち。
キリンももう大暴れすることなく、それなりに落ち着いてお留守番しているみたい。ただ、私達がいないと、何も食べないし飲まない。ちょっと前までガレージでお留守番していたとき、ガレージに入れようとしてもなかなか入ってくれなくって、お菓子で呼び寄せて入れた後、数時間後に帰ったときにはそのお菓子は食べられずのまま。もちろん私達が帰った後は、すぐにガレージに戻りたがって、お菓子をおいしそうに食べていました。孤独に耐えられないキリンなのです。
この調子だと、仮住まいのアパートでもどうにかなるかなとちょっと期待。ダーリンの同僚のおとうさんのアパートなので、より丁寧に扱わないといけない。キリンがドアなどに疵をつけたらどうしようとちょっと心配。そこで、ダーリンが用意したもの。

dap.jpg


D.A.P.( diffusore di feromone appagante per il caneの略)といって、犬用の精神安定フェロモンのディフューザー。使い方は簡単で、電源に差し込むタイプの液体蚊取機(線香じゃないし、XXXマットでもないし、なんていうんですかね?)と同じで、電源に差し込むだけ。母犬と同じフェロモンを放出するらしく、犬が通常いる部屋をそのフェロモンで充満させたら効果が現れて、わんちゃんが落ち着けるらしい。効くのかな?って感じだけど、いいお値段だったので、きっと効くのでしょう。何より、獣医さんがお勧めするくらいだし。
家に帰ってドアを開けると、相変わらず飛び跳ねるFESTAが5分くらい続くけど、喜びと興奮でちびることもなくなったし…まあ、強いて欠点を言えば、なぜか私達のスリッパが、それも片方ずつだけ、キリンの寝床に転がっているくらいかな…(あ、でも決して噛んだりはしていなくって、ただ、このスリッパで安心するみたいです)

DSC02270.jpg


人気blogランキングへ
| KIRIN | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。