123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-11-30 (Wed)
11月10日木曜日(晴れ)

とうとう引越しの日がやってきました。8時に引越し業者さんが来るのでこちらも早起きをして備え、私はろんまさんをピックアップして新居のお掃除に一足先に出発。ろんまさんは袋を持ってアパートの階段を下りてくる。その中身はフォカッチャ。なんと夜中の1時くらいに私達の為にフォカッチャを焼いてくれたというのです。前日、引越しの片手間でも食べれるようにおにぎりでもつくろうかと言ってくれたのですが、お手伝いをいろいろしてもらって、その上、お昼までなんて申し訳なくってお断りしたら、このフォカッチャ。ろんまさんのこの気配りには頭が下がります。

で、新居到着。工事人がたくさん出入りしていて、どう見ても今日これから引越しする家には見えない。電気配線作業、室内のドアと窓の設置。ドアと窓の枠は既に出来上がっているのではなくって、その場で木を切ってあわせているし…どこの場所から掃除をはじめれるか聞くと、電気担当者が
「うーん、どこも無理かな。朝ご飯でも食べてきたら?」と優しい返事。そこにいても埒があかないので、とりあえず近所のバールでカプチーノを飲む。で、30分後に戻ってもやっぱりまだ何も出来ない。そうこうしているうちに10時くらいになって、ダーリンから荷物は全部積んだから今から出発するというお知らせ。こっちは一部屋もお掃除が終わっていないのに…
どうにか段取りをつけてもらってお掃除をはじめると30分後には引越しトラック到着!建設業者のモレーノは、
「家具とかも入れるの?壁につけられると困るんだけど」
なんて言い出す。
あの-、引越しって家具とかも入るのがふつうじゃないのでしょうか、と思わずなにが常識か分からなくなってしまう。後で分かったことだけど、まだbattiscopaと呼ばれる壁下部の腰板が欠けているところがあるので、そこには家具を置いて欲しくないということだったんだけど、あの日の状態でこの言葉を言われた私は頭が真っ白…ダーリンは途中お買い物があるとかで一緒に来ないし。窓枠も全然進んでいないし、引越しやさんは到着してしまうし、もう頭はパニック状態…
それから間もなくダーリン登場。話をつけて、とにかく引越し強行。木の粉が舞う中、荷物と家具が運ばれる。引越しやさんはこういう状態になれているのか、平然とした顔で引越しを進める。後で聞いた話、家が完成していない中での引越しはよくあるらしい。さすがイタリア。
ろんまさんとせっせとお掃除した場所も、土足でノシノシ歩かれるので、見る見るうちに真っ白けに…あーあ、せっかくお掃除したのに…
でも、一応引越しだけは無事終了!この家でスムーズにいったのはこの引越しだけ!

私達の新居大冒険はまだまだ続く!


ここをクリック! blogランキングに応援ありがとうございました!



スポンサーサイト
| Casa - 家 | COM(2) | TB(0) |
2005-11-29 (Tue)
久しぶりのブログです。引越し延期で途切れていたので、きっと引越し中と察ししていただいたことと思いますが...
そう、無事一週間遅れで引越しは済みました!それも、どうにか無理やりといった状態で。11月8日、山でおいしい空気を吸って、おいしいもの食べて、たくさん歩いてリラックスしたあと、新居に立ち寄ってみると、やっぱり進展なし...翌々日引越しなんですが...
バスルームにタイルを張る人への連絡ミスで、本来なら11月のはじめの週末に終わっていないといけないものが終わっていない...もう引越しは、ずらせないと言っていたので、どうにかタイル作業人を呼び出して夕方の6時半から作業開始。私達も途中8時くらいまでつきあっていたけど、引越し準備をしないといけないので、とりあえずその日は家に帰って準備。本当にいつ引越しできるか分からなかったから、大半がパッキング待ち。まだまだいろいろなものを片付けないといけない状況だったけど、翌日一日で片付けようとその日は早めに就寝。
そして引越し前日。開始するもあまりにもすごい量(私のは片付いていたけど、ダーリンは独身時代も含めて、この家に10年間住んでいたのでかなりの荷物)の上、ダーリンは水道局に再度足を運ばなくてはならない(このことはまた後日お話します)といった状態で、これは助けを頼まなくては翌日の引越しは絶対無理!ということで、引越しになれているご近所のろんまさんにヘルプを求めました。ろんまさんのブログにもあるけど、「引越し一週間前?」といわれたことにダーリンはちょっとショックを受けていた...彼の中ではかなりいけていたらしい。
とにかくろんまさんの助けもあって、とにかくパッキングはその日のうちに終わって、明日は待ちに待った引越し!朝からろんまさんがお手伝いにきてくれるという。本当に心強い味方、ろんまさん、ありがとう!!!
| Casa - 家 | COM(4) | TB(0) |
2005-11-04 (Fri)
やっぱり予期していた通りになりました。それは...

引っ越し延期!
だって、
まだ家ができていない!!!
全くひどい話だと思いません?

昨日、本当なら引っ越しの日にようやくバスルームが整い、あと、うち壁の壁塗りと、床、ドア、メインのバスルーム(タイルがまだなのだ)、お庭ができれば完成。お庭は百歩譲るとして、せめて床だけでもできればとりあえず引っ越しは強行できるんだけど...来週に期待と言ったところでしょうか。というか、そうじゃないと何のためにお休みを取ったのか分からない。

そこで、家にいてもイライラするだけなので、明日からドロミテに行ってきます。山のおいしい空気を吸って、キリンと散歩して、おいしいもの食べて、建設業者との対決に備えます!本当は、帰ってきたときには家ができていてくれているといいのですが...来週には、完成した家を披露できればいいな...

ということで、いってきまあす!
| Casa - 家 | COM(4) | TB(0) |
2005-11-02 (Wed)
今日11月1日はTutti i Santi(全聖人)の日で祝日。毎日誰かの聖人の日で、例えば4月25日はサンマルコの日、12月26日は聖ステファノの日となっていて、誕生日以外にも自分の名前にちなんだ日をお祝いしたりします。私の名前は聖人でもなんでもないので、お祝いしてもらえる日が少ないから不公平だとダーリンに言うと、じゃ、Ricciaが聖人になればいいと言われるけど死んでからやったらいらんわ...

そして、明日11月2日は、Commemorazione dei Defunti (死者の日)です。日本で言うところのお盆と言ったところで、この日はお花を持ってお墓参りをするのが習慣となってます。

もともとこの2日間は連休になっていたのですが、何でも休みが多すぎるので片方を無くそうという事で国民投票でこの全聖人の日が祝日として存続する事になったという事です。うーん、日本とは逆ですよね。日本ではどんどん祝日が増えていって、今では何の日かよくわからない祝日が多くなっていると感じているのは私だけでしょうか...ま、日本人はこうでもしないと休まないからだとイタリア人には説明しますが...

さて、私たちの休日はノーンビリ落ち着いて過ごしたと言いたいところですが、引っ越しの準備に追われていました。本当はこの11月2日に引っ越しをしようと決めていたのですが(この日にしようと言うと、ダーリンから嫌な顔をされてしまった。なんで死者の日に引っ越しするかなって。日本で言うところの仏滅に引っ越ししようとしたって感じかな?結局、引っ越し業者の都合でこの日になってしまったのですが)、ぜーんぜん無理!フローリングはとりあえず張られたけど、まだ磨かないといけないというし。昨日家を見に行ったときに作業していたマウロに切れるぞって決めていたにもかかわらず、男前でその上申し訳なさそうな顔をされてしまうと、吠えれなくなってしまった...ダーリンは先週の金曜日から2週間、私はあさっての木曜日から10日間休みを取ったけど、意味のない休みになるかも...とりあえず今はコツコツ箱詰めをして、段ボールに囲まれて生活。

あー、早く落ち着きたい!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。