-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-09-30 (Fri)
うちのダーリンは、野球のルールも分からないくせになぜか阪神ファン。うちの家族が一人を除いてそうだからである。2年前に日本に行ったときにはちょうど日本シリーズで盛り上がっていて、町じゅう阪神一色。うちの家族の例外(弟の嫁)が巨人ファンなので、面白がってよけいハンシン、ハンシン、タイガースと叫んでいた。
昨日、阪神が優勝したニュースを伝えるととても喜んで、「日本にお祝いのメッセージを打たないと」と言い出す。ふつうにするだけじゃ面白くないということで、キリンを出演させてビデオ撮影。撮影者はダーリンでハンシン、ハンシン・タイガースと適当に歌を歌い、それにあわせてキリンが音の出るおもちゃを噛んでプープー鳴らして相槌を打つ。それを添付して日本の両親とコピーで弟嫁にも送ってあげた。さぞかし喜んでくれたことだろう。
でもその撮影後、ダーリンは寂しそうにしている。日本に行って一緒に盛り上がりたかったらしい。本来ならこの時期は日本にいるはずなのに、今年は新居とキリンでイタリアから離れられない。今年は我慢するけど、来年も優勝してもらわないと困るらしい。でも、相手が何せ阪神だからどうなることやら...

これは2年前の写真です。
hanshin


人気blogランキングへ

スポンサーサイト
| AMORE - ダーリン | COM(2) | TB(0) |
2005-09-29 (Thu)
イタリアに住んでいる外国人に必要なもの。それは滞在許可証(Permesso di Soggiorno)。8日以上イタリアに滞在する非EU圏の外国人はこの滞在許可証取得が義務付けられている。これは旅行者も同じである。町によって、必要書類、対応が違うけど、このヴェネツィアのQUESTURAはひどい。朝8時半までに行って整理券を貰うようにと言われる。で、貰うときに一応、滞在目的とか来館目的を伝えて、それに合ったと思われる窓口の番号を貰うけど、この区別がよく分からない。私が貰った番号は比較的若く、その窓口では私の前には4人待っている人がいるだけだった。ラッキーと思って動かずに待つ。待つ、待つ…4時間経ってようやく私の番が回ってきた。私の時には10分で終了。あの窓口の振り分けはなんだったんだろう…
続いて滞在許可証ピックアップ。約3ヵ月後に出直し。同じように8時半に列に並んで、番号を貰う。待つこと3時間。私の番が来て、2分で終わり。せめて、受け取り専用窓口を作って欲しい。
更新には事前にアポイントを取る。それも半年後のアポイント。その期間中にペルメッソの期限が切れることもある。そうなるとイタリアには残れるけど、国外に出てはいけない。もちろん、許可をもらわないと日本にも帰ることが出来ない。
私の次の更新は3年後だけど、この次の更新の時にはCarta di Soggiorno(滞在カード)が発行されるという。でもこれも係員によって無期限になったり期限付き(10年)になったりといってみないとどうなるか分からないという。
先日友達が申請に行ったときのこと。Ufficio Informazione(案内所)と書かれているその下に張り紙が。Qui non si da informazione(ここでは情報提供しません)。じゃ、何のための案内所なのでしょうか???

人気blogランキングへ
| ITALIA - イタリア | COM(0) | TB(0) |
2005-09-28 (Wed)
昨日はダーリンがきのこ狩りに行ってきた。近所の元おまわりさんのお誘いである。話によると、Friuliの山に行って、急斜面をほとんど命がけできのこを取ったらしい。本当かどうか分からないけど...最後には嵐が来て、パンツまで濡れるほどずぶぬれで帰ってきた。おかげでその収穫はすごかった。約2キロ。おまけにポルチーニまで!ダーリンの足元にあったのを元おまわりさんが見つけた。とっても親切な人で、この貴重なポルチーニを半分私達にも分けてくれた。もちろん夜はこのポルチーニにパルミッジャーノ(パルメザンチーズ)のスライスをのせて、塩、こしょう、オリーブオイルをかけていただく。

funghi


そしてメインはScaloppinaというお肉料理。オリーブオイルをなべに引いてにんにくを炒め、そこにきのこをいれて塩、こしょう、パセりを入れて炒め、白ワインをいれて40分ほど煮詰める。そこに、塩、コショウ、小麦粉をまぶしたステーキ肉を入れて炒めて出来上がり。とり立てのきのこはとってもおいしかった。
一日仕事を離れ完全にリラックスしたおかげで、ダーリンは超ご機嫌。ここのところ、同僚の緊急当番も担当しないといけなかったので、かなり疲れがたまっていたけど、それも吹っ飛んだみたいだ。機嫌よくご飯を作ってくれた。あとかた付けもやってくれれば最高だったけど。
次はTartufo(トリュフ)が食べたい。やっぱりキリンをトリュフ犬になるように訓練しなければ...
funghi2



人気blogランキングへ
| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(2) | TB(0) |
2005-09-27 (Tue)
我が家に来たときには3、5キロだった体重が今では6キロを超え、足も太く長くなってきて、すごい成長振りを見せてくれる。相変わらず喜びのおもらしはするけど。最近は芸をするようになってきた。ボールを投げると拾ってきてちゃんと手元に持ってくる。前は、投げると拾いには行くが、そのままどこかに行ってしまっていたのに。ご褒美にドッグフードを一つあげると喜んで何度もする。(このドッグフード、普段は嫌がってなかなか食べないくせに、こういうときには喜んで食べている。なぜ???)
またずるがしこさも身についてきたようだ。今までは小さくってソファーに自力で登れなかったのが最近の急成長で、助走をつけると独力でのぼれるようになり、ボーっとテレビを見ていた私の横にきて当然のように横に座っていた。ソファーに上がるのは飼い主の了承があってからというように教育しているので、しかりつけると、その後はダーリンと私がいるときには「僕、まだ小さくって上れませ-ん」といった演技をして、ダーリンがよいしょっとソファーにあげる。でも、家で一匹の時にはどうもソファーに座っているらしい。というのも、キリンの耳の中に入れた薬がソファーについていた。そして今も相変わらず、一人で上れない演技をしてくれている。誰に似たんだか…

人気blogランキングへ
| KIRIN | COM(2) | TB(0) |
2005-09-26 (Mon)
私とダーリンはよく散歩をする。食後の散歩、日曜日の散歩。イタリアは日曜になるとお店はお休み。緊急当番で遠出も出来ないときは近所を歩き回っている。そんな時、ダーリンの昔馴染みに会ったりすると、必ず言われるのが「本当に獣医になったんだ。小さいときからずっと言ってたもんね。」と会う人会う人に言われる。小さいころの夢なんてしょっちゅう変わるから覚えてられないのもあるけど、私は友達の夢なんて覚えいないというのに、ここまで記憶にされるということはよっぽど言い切っていたんだろうなと思う。それと同時に、それを達成できたなんてすごいとも思う。
で、そんな散歩の途中、一軒通りかかるたびに私に話す話がある。ほぼ、毎回だから、何回聞いたか分からない。内容は、その家のだんながよっぽど頭に着たのか奥さんをプールに沈めようとしたらしい。警察も出動して新聞にも載ったそうだ。いわゆる殺人未遂である。でもその後は解決したらしく、表上は仲良く暮らしている。夫婦喧嘩だったらしいけど、激しすぎる。イタリア人の血がそうさせるのか、奥さんがよっぽどだったのか分からないけど、前者だと気をつけないと...とにかく今は平和で奥さんはいつもにこやかにご挨拶してくれる。
散歩中のご近所のゴシップでした。

人気blogランキングへ
| ITALIA - イタリア | COM(2) | TB(0) |

2005-09-25 (Sun)
今日は秋晴れ、とってもすがすがしい気持ちのいいお天気。家でじっとしているのはもったいない、でも、ダーリンは緊急当番なので20分以内で診療所に戻れるところにしかいけない。ということで、隣町の催し物を見に行くことにした。
木曜日はメルカートになる通りの一部を使って、いろいろなスタンドがある。空手、登山会の勧誘から、女性問題を扱っているグループまでさまざま。学祭のような雰囲気である。ちょっとした、空手の型を見せたりと市民がいろんなスポーツを間近に見るいい機会。そんなスタンドの一つに外国人のスタンドがあった。その街に住む外国人の国籍はざっと見て30ヶ国くらい。もちろん友達のトミーさんが住んでいるので日本もあった。それぞれの国のお菓子を出したり、洋服などを飾っていて、少しでも同じ市民の国のことを知って欲しいという願いがあったと思う。こうやって、どんどん国籍を超えた交流を広げていけば、もっと分かり合える世の中になれるはず。まずはこういう身近なことから一人一人始めていけば、いいんじゃないのかな、と思った午後でした。

ついでにここもクリック!人気blogランキング!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-09-24 (Sat)
イタリアには何をするのにもCODICE FISCALEという財務登録番号が必要で、これがないと銀行口座も開けれない。昔は携帯電話もこれがないと契約できなかった。で、今回緊急にこの番号が必要になったのは、駐在員のOさんの別送品税関チェックの為である。始めは、宛名書きをOさん名義にすればいいということだったのに、時間がたつと財務番号が必要と言い出す。ということで急いで取りに行くも(そのとき行ったのはイタリア人の女の子とOさん自身)、行った先ではここではないという。でも確か二日前に電話で問い合わせたときにはそこでよかったのに。係員によって、自分の仕事を勝手に判断するらしい。で、もう一つのオフィスへといわれ向かうが、渋滞と駐車場不足で時間切れ。結局手ぶらで帰ってきた。翌日再チャレンジ。晴れて財務番号ゲット!早速、税関に連絡する。すると、住民登録票もと言い出す。なぜ、一回にまとめていってくれないのだろう。ということで、市役所へ!お昼休み間近でぎりぎりセーフ。書類を出すと「あ、滞在許可証はまだ正式なものではないのですね。住民登録できません。正式なものが手元に届いたらまた来てください」「でも、これがないと税関から荷物が通関できないって言われていて、おまけにQUESTURAからもすぐに住民登録するように言われてるんですけど」と頑張っても埒があかない。また来て下さいの一点張り。会社に帰って、他の書類で間に合わせられないか税関にお願いしてどうにか一件落着。
そして今朝。経理担当者がOさんの生年月日を確認してきた。というのも、財務番号だと4月生まれになるらしい。(この財務番号は名前と生年月日、出生地を組み合わせたものになっている)じゃ、税関はその間違いに気づかなかったというか、じゃ、本当はいらなかったのかもと思えてくる。
そういえば私のCodice fiscaleもひどかった。一回目は生年月日を間違われ、二回目にいくと、性別を間違えられ、3度目の正直でようやく正しいものがもらえた。また、滞在許可証も姓名が逆になってたり。手書きのものをそのままコンピューターに打ち込めばいいだけの作業をどうして難しくしてしまうのだろう.... でもそんな事を深く考えるとイタリアでは生活できない。イタリア暮らしのこつはあえて深く追求しない事であると私は考えている。
| ITALIA - イタリア | COM(0) | TB(0) |
2005-09-23 (Fri)
ここ数日はとっても忙しかった。というのも、日本から駐在員が来てその手続きで毎日のようにお役所めぐり。一筋縄ではと思っていたが、イタリアはその期待を裏切らない。
まず、イタリアに入国して8日以内に滞在許可証を取得しなければならない。今回は管轄のお役所が変わったということでちょっと不安だったけど、とりあえず書類を持っていく。本来のQuesturaではなく、Prefetturaというところで、ずらっと外国人が立った状態で待っていて、どういう順番なのか検討がつかない。たまたま係員が外に出てきて、「XXXの書類を申請する人」と呼んでいる。前に出て、滞在許可証の件で来たと言うと、社長も必要なのでまたで直してくださいとあっさり玉砕。あれだけ電話で問い合わせたのに...
翌日はお休みということで、翌々日サイドチャレンジ。社長も連れて準備万端。ちょっと待ってまた係員を捕まえる。中に通してくれてコンピューター入力が始まる。早く終わるねと社長はいうけど、でもここで油断は出来ない。やっぱりそのとおり。途中で係員の顔が変わる。なんでも、ビザ申請のときにもらった書類のサインがお役所の前代表のサインなので、これだと古いシステムのQUESTURAに行かないといけないと言う。同じ書類でもサインする人の名前が変わると管轄が変わるというのは納得できないけど、ここで言い合っても仕方がない。もう8日目も近い。QUESTURAにダッシュ。パドバに駐在員は住むのでパドバのQUESTURAに行くも、運悪くちょうどその日IKEAがオープンしてくれたおかげで道は大渋滞。どうにかぎりぎりたどり着いて、事務所からもイタリア人がヘルプに来てくれたおかげでQUESTURAは無事クリアー、滞在許可証もゲット!ヴェネツィアと違いパドヴァは非常に仕事が早い。イタリア人もやればできるのである。
そして次は財務番号登録へ...
続く

人気blogランキングへ

| ITALIA - イタリア | COM(0) | TB(0) |
2005-09-20 (Tue)
ダーリンの同僚から頂いた‘子犬のしつけ虎の巻’、私にもしっかり勉強するようにとのお達しが。まずご褒美編。
犬は、例えば、食べ物、なでること、声のトーン、まなざしを通してご褒美を通して習得する。ご褒美の目的は、その振る舞いが繰り返されるよう確固たるものにすることである。
ご褒美の内容
食べ物(犬にとっておいしいもので普段食べないもの、ソーセージなど)
スキンシップ
まなざし、数秒間、目をダイレクトに見る
特に子犬のしつけ中、ご褒美は罰よりも有効!
タブー
他の犬を見て興奮したときに、なでてあげたり、その他、飼い主が示す好意的な行動。(興奮するとご褒美が頂けると思う)
子犬が怖がったり、泣いたり、震えているときに、励ます為に撫でることは恐れに対するご褒美と思う。
犬がうれしくって飛び掛ってきた時に、なでてあげたり手で払いのけるという行動は、飛び掛りを習慣付ける。

次の写真はキリンが帽子を被っておしゃれさんしているのだ。でも、これは、キリン的にはご褒美にはならず、むしろ帽子を被ることはキリンにとって苦痛だったらしい…


kirin cappello2

kirin cappello


人気blogランキングへ


| KIRIN | COM(2) | TB(1) |
2005-09-17 (Sat)
昨日お昼前にダーリンから携帯にショートメッセージが入っていた。キリンが大変だったらしい。おとといから耳を良く掻くので耳の中をよく見ると細長い葉っぱが入っていたとか。このまま放置するとよくないから、取り出さないといけない。結構奥の方なので、起きたままでは処置ができないから、キリンは初麻酔をかけられる事に。ダーリン曰く、麻酔を打った瞬間、「なぜ、何をするの?」と問いかけるような目でキリンに見つめられて、思わず涙が出そうになったらしい。そのあとは、あっけなく取れたみたいだけど。でも、こんな小さなキリン(今日でちょうど3ヶ月!)に麻酔をした事がショックで一日中、ダーリンはブルーだった。いつもそうだ。獣医さんは動物を助けるだけじゃなくって、ときには安楽死で殺す事もある。仲良くなったわんちゃんや友達の犬/猫の時には、しばらくブルーが続く。私は特に現場を見るわけじゃないから、いつもと同じような日を過ごすけど、ダーリンは違う。これからも、キリンが病気になったら、ダーリンは今以上に苦しむんだろうなって思うと非常に気の毒だ。それを思うと昨日の夜、ジェラートを食べる食べないでけんかしたけど、いっしょに食べてあげればよかったかもしれない。(私は一応ダイエット中なので、夕食のあとにはできれば食べたくないのですが、ダーリンがジェラートやの前を通ってだだっ子のようにジェラートが食べたいと言い始めたのです。一人で食べればっていったんだけど、いっしょじゃないと嫌だと。で、私は絶対譲らず怒って家まで帰りました。こう書くとまるで子供をスーパーに連れて行ったお母さんのようだわ。今から考えると、きっとキリンの麻酔の事で混乱していたのでしょう。ちなみに今朝はしっかり謝っていました。素直な僕ちゃんなのです)
| KIRIN | COM(2) | TB(0) |
2005-09-15 (Thu)
同僚にプーリア出身の男の子がいる。はっきりした年齢は分からないが、20代前半と思う。確か夏休み前に、Friselleといわれるプーリアの乾パンの話をしていて、もってきてあげるということであった。だいたい、イタリア人の約束は当てにならない。そこに南イタリアとなるともっと当てにならない。忘れていたころにお土産もってきたよと。コーヒーもおいしいからとコーヒーも頂く。今朝、コーヒーを飲んだら確かにこっちで売っているのと違って、こくがあっておいしかった。プーリアからは出ないものらしい。Friselleはおじさんの自作ということで、事細かにどうやって作るのか教えてくれた。
で、よく考えると、この彼えらい長い夏休みを取っていたことになる。8月はじめから9月のはじめまで。うちの会社はmax3週間で一ヶ月は誰も取っていない。よくよく聞くと、バイクで事故をして、家で療養していたんだという。片道一斜線のところを追い越そうとしたところ、前方の車が急に飛び出してきたという。イタリア人ドライバーは忍耐がないのか、待つことが苦手らしく、よく無謀な追越をかけてくる。どっちみち前方が渋滞しているにも関わらず、地道に一台、また一台と追い越す。あおるときも半端じゃない。後ろすれすれに車をつけてくる。思わず急ブレーキをかけてみたくなったりするが、いくら向こうが悪くって保険金が下りても怪我するのは私だから止めて、自分のペースをあくまでも守り抜く。あと、指示器を信じてはいけないとダーリンから言われている。つけっぱなしで走っている人が多いからだ。だから、曲がり角で対向車が指示器を出していても、その車が実際に曲がり始めるまで絶対に行動を起こしてはいけない。これと反対に、指示器を出さずにいきなり曲がることもある。その都度内のダーリンは「La freccia(指示器)はインディアンのものか?」と1人でつぶやいている。
北イタリアでこれだから、南に行くともっとすごいことになっていそうだ。






人気blogランキングへ

| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(2) | TB(0) |
2005-09-14 (Wed)
おとといは暴れん坊将軍になったキリンだけど、昨日は比較的おりこうさんだった。ま、ダーリンが家中ありとあらゆるところに防御の壁を建てたっていうのもあるけど。ただ、最後の詰めが甘かった。電話コードである。食いちぎられて、4分割。電話線だったからよかったものの、電流が通っているようなものだったら、今ごろ感電死だぞと言いながら、恒例となった帰宅後のお掃除。そしてそのあと、キリンを連れて電話コードを買いに行くと、お店の人はキリンのことをかわいいと言ってはなでまわす。そもそもこのお店に来たのは、こやつのやってくれた事の後始末の為なのに、彼はとっても得意げな顔。ダーリンいわく、犬は10分もすれば自分がしたことを忘れるので、現場を抑えて叱らなければ、効き目がないそうだ。だから、電話コードのことで叱ることも出来ず、そしてこのなにもなかったかのようなキリンの無邪気な顔、腑に落ちないことがたまっていく。じゃじゃさんのコメントによると典型的な子犬ちゃん。気長にやっていくしかないのですよね、はあ...
あ、でも、ズボンを噛んで怒られたからか、昨日はいつものように噛んでこずに、ひたすら足を舐めにきていた。これも一歩成長の証と思えばいいのかな?






人気blogランキングへ

| KIRIN | COM(0) | TB(0) |
2005-09-13 (Tue)
今日は朝からとっても気分が悪い。そもそもの始まりは昨日から。
昨日、家に帰り、扉を開けると目を疑いたくなるような状態が私を待っていた。どんなだったかというと、まず、リビング一面に土が撒かれていて、土が入っていた薄いプラスティックの容器が噛まれて途切れ途切れになっていた。おしっこの水溜りがあり、足拭きカーペットは所定位置からかなり離れたところに。5cmのキューブのキャンドルは無残な姿に...もちろん、犯人はキリンである。とにかく、ドアを開けた瞬間、キャンキャンじゃれついてくるキリンをよそに私は固まったまま。
ダーリンに電話をすると、「昼間、庭の花を食いちぎったので、すっごい怒ったから、それでかな」という。ダーリンが怒るのはいいけど、その腹いせに部屋をぐちゃぐちゃにして、後片付けをするのは私。なんか、納得いかない。ま、まだまだ小さいからと自分に言い聞かせてお掃除開始。ダーリンも帰ってきて、夜は皆で仲良くお散歩をして一件落着。
そして、今朝のこと。私の興味を引こうといつも後ろから飛びついてきたり、軽く服を噛んだりする。でも、今日だけは違った。出社前のばたばたした時間、忙しく動き回る私。後ろから付きまとうキリン(ダーリンは、出社が10時なので遅くまで寝ているのだ)。ビリッといやな音が...そう、私のズボンに穴をあけてくれた。それも数えるほどしか着ていない服を。さすがに切れる。いつもは、ダーリンからもっと強い声でしかるようにといわれる私が、朝っぱらから大声をあげて叱ると、キリンは自分のベッドに行って縮こまって、わたしを見送った。
今日はどんな状態で私を待っているのか...
| KIRIN | COM(2) | TB(0) |
2005-09-12 (Mon)
ここの名産品は白ワインとオリーブオイルといわしの塩漬け。
いわしの塩漬けは洗ってその上に玉ねぎとケッパ-をのせてオリーブオイルをかけていただくという素朴なお料理をはじめ、フライにして食べます。
白ワインはその名もCinque Terre。さっぱりした辛口でどんなお料理にも合います。前回書いた食後酒のSchiacchetrもお勧め。
オリーブオイルは、軽い感じがして甘味があります。
さらに、うちのダーリンが長年欲しかったというすり鉢。ジェノヴェーゼを作るときにはここにバジリコ、チーズ、松の実、オリーブオイルを入れて擂るそうです。まだやっていないけど。
うちでは、旅行に行くとき必ず保冷パックを持っていきます。どこでおいしいものに出会えるか分からないからね。またダーリンはかなりのお買い物好きで、大量買い。日本に行くと、ダンボールにして3箱くらいのお菓子と食料品を買ってくるのだ。おかげでうちの棚は、中華食材店の日本食コーナー以上の品揃えと品数がある。




| Viaggio - 旅行 | COM(0) | TB(0) |
2005-09-09 (Fri)
ここは、観光地なのですが、なにを食べてもおいしかったです。
海沿いの町なのでやはり魚料理がメイン。ペストジェノベーゼの本場ジェノバにも近いので、ジェノベーゼソースもおいしいし、お肉料理もおいしい。小腹が空いたときには、フォカッチャと言われるパンのようなもの、Farinataと呼ばれるヒヨコマメの粉で作った厚めのクレープのようなもの。できたてがとってもおいしい。
お気に入りのレストランは、イタリアのガイドブックで見つけたレストラン。まず予約をして、町まで迎えにきてもらって車でレストランまで。丘の上にあるレストランは展望も抜群。お料理もおいしい。食後に持ってきてくれた食後酒Schiacchetrは甘くって癖になりそうな味。最後に、絵葉書を持ってきてくれて、切手を貼ってくれて出してくれると言うサービスまで。日本でもいい?って聞くと、ちょっと待っておばさんは店の中に戻っていって、帰ってきたときには大きめの絵葉書と雑誌を持っていた。雑誌はFIGALOで、その時に載せてもらった記事を日本人用に絵葉書にしたらしい。こんなところまで日本人が来るのかなと思いつつ、その絵葉書をつかって両親に手紙を書いた。そういえば、届いたのかどうか聞いていなかったかも。本当に出してくれていたのかしら?

ristorantemonterosso


farinata

| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(2) | TB(0) |
2005-09-08 (Thu)
ジェノバのあるリグーリア州のトスカーナよりにCinque Terreと呼ばれるところがあります。Cinqueは5、Terreは地、5つの町を総合した名称で、Monterosso, Vernazza, Corniglia, Manarolo, Riomaggioreと言う海沿いの町を指します。
私達は6月の終わりの週末に一番にぎやかなMonterossoに宿を取り、いざCinque Terreへ。夜中についたのですが、道が狭くって、対向車とのすれ違い、駐車に悪戦苦闘。ダーリンは4時間の運転より、最後の10分間で疲れきった様子。次来るときには私の愛車ヴィッツにすると誓っていました。
Cinque Terreの5つの町は電車、船(停船しない町もありますが)で結ばれており、一日に全部見ることが出来ます。また徒歩でも制覇可能。ただ、丘を超えての道のりでかなりアップダウンが激しいです。私達はMonterossoとVernazzaを結ぶ道にチャレンジしたのですが、これがきつかった。翌日から3日間ほどは強烈な筋肉痛。観光客用のコースはManaroloとRiomaggioreを結ぶla via dell'Amore(愛の小道)、これはアスファルト加工がされていて平坦な道で約30分。日本のグループ旅行ではここだけを歩くみたいです。この道は昔RiomaggioreとManaroloに住む恋人達が波が荒くて船が出なくてあえないときに、この道を発見し中間ポイントで逢瀬を楽しんだと言うことから愛の道なのですね。ですので、ここが一番の有名スポットです。期待していったけど、あまりにも整備・観光地化されているのでちょっとがっかり。でも、景色はとてもすばらしかったです。また行ってみたい町のひとつです。でも、次はヴィッツでね。

monterosso


monterosso spiaggia







| Viaggio - 旅行 | COM(0) | TB(0) |
2005-09-07 (Wed)
うちのダーリンが、一時超遠距離になったときに、足繁く通っていたレストラン。オーナーのクリスティーナは若くって、とても明るい。お料理は、伝統的なものではなく、創作料理。大きなワインセラーもあって、ワインの種類も豊富。ここに来ると、ワインはいつもお任せで、聞いたこともないワインを出してもらっては感動させられています。
今回も、レストランの中庭でおいしいワインとお料理を楽しみました。ワインはドロミテ産。そんなところでもワインが作られるんだと、ちょっとびっくり。適度に軽く、冷やして飲んでもおいしかったです。
このレストラン、イタリアで発行されているOSTERIA 2005でも紹介されていました。イタリアのオステリアガイドで、これに従うとあまり外れはありません。皆さんもイタリアにいかれたときには、このガイドブックを参考にしてみてください!

cristina.jpg

vino.jpg

| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(3) | TB(0) |
2005-09-05 (Mon)
一時中断されていましたが、おととしから日本の免許証をイタリアの免許証に切り替えることができるようになりました。たとえ、国際免許が有効でも半年以上イタリアに住んでいると、イタリアの免許でないと国内を運転してはいけないといわれています。それにより、私も免許を切り替えることに。まず、ミラノの日本領事館で日本の免許証の翻訳を依頼。出来上がったものを、Prefetturaと言う県庁で、その翻訳書類が実際に領事館で発行されたものかと言うお墨付きを頂いて、ようやく申請。ここからは3ヵ月後に完成と言うことでしたが、法王が亡くなられたとか様々な理由がつけられ、4ヶ月を過ぎたころには、現在領事館に問い合わせ中という。ちょっと、私の書類は領事館で翻訳され、おまけに県庁でもお墨付きのはんこを貰っているんだけど…といっても通じない。結局5ヵ月後にようやく免許証を頂きました。でもそれを見ると発行の日はきっちり申請日になっている。申請日から10年間有効ということだけど、腑に落ちない。だって、最初の5ヶ月は全く運転していなかったのに。とりあえず有効期限が10年だからいいようなものの、これが3年で切れるとかだったらこの空白の5ヶ月と言うのは非常に大きなウェイトを占める。全く、ひどい話だ。
こちらの車はマニュアルが一般的。本当はオートマが欲しかったけど、ダーリンが「僕が体調悪くなって運転できなくなったら、君が僕の車を運転しないといけない。だからマニュアルも乗れるように」と強制的にマニュアル車を買うことに。
そこで教習所でペーパードライバー講習。こっちの教習所はいきなり車道なのですね。後ろからあおられたりと、かなり怖かった。でもどうにかなるものです。今では、とりあえず、会社、スーパー、銀行までは自分でいけるようになりました。いつかは高速にチャレンジしないと…
| ITALIA - イタリア | COM(4) | TB(0) |
2005-09-03 (Sat)
先日、といってもだいぶ前になりますが、ご近所のろんまさんからドリームバトンを渡されました。そろそろ宝くじがあたって欲しいなと思っているので、願いを込めてやってみます。

1.小さい頃は何になりたかった?

保母さん


2.問1の夢はかないましたか?

途中で夢が変わって、目指すことはなくなりました。今はダーリンとキリンのお世話(しつけ)をする保母さんといったところでしょうか。


3.現在の夢は?

早く引越しをして、犬年の子供を作ること


4.宝くじで3億円当たったらどうしますか?(熱く語ってください!)

2階部分を完成させて(予算上、2階は手付かず)、あと石垣島に家を買ってイタリアと日本半分半分ですごす。そして、それでもあまれば、世界中を旅したい。

5.あなたにとって夢のような世界とは、どんなものですか。

帰りたいときに、実家に里帰りできること

6.昨晩見た夢は何ですか。

会議をしている夢。まさしく今日がその会議だったもので。


7.この人の夢を聞いてみたいという4人は?

うーん、皆さん既に応えられているので、うちのダーリンに聞いてみます。そして、もしよければannaさん、チャレンジしてみてください!
| 未分類 | COM(3) | TB(0) |
2005-09-02 (Fri)
先日、八百屋さんで見つけたもの。前々から気になっていたものだけど、買ったことも、食べたこともなかったまーるいズッキーニ。ブログでお料理も扱っているからには、いっちょ試してみるかと、早速購入、お料理。八百屋さんに聞くと、詰め物をしていただくのが一般的という。私の野菜の詰め物はなすび一本やり。なすびの詰め物をアレンジしてやってみました。
まず中をくりぬいて、くりぬいたものは荒みじんにして、水気がなくなるまで炒める。
ひき肉、調味料、パン粉、牛乳、と上の炒めたズッキーニを合わせて、ズッキーニに入れる。
後は耐熱皿に入れてトマトソース(もちろん自家製です。ロンマのブログで苦労話を見てください)を下に引いて、オーブンで焼く。とっても簡単。
初めてにしてはおいしかったけど、ズッキーニがもう少しやわらかければなおよかったかも。ダーリンのアドバイスは、次はくりぬいた後のズッキーニだけ、レンジにかければいいんじゃないかと言う事でした。
また、チャレンジしてみたい一品になりました。


20050830044536.jpg


20050830044432.jpg

| Vino e cucina - ワインとお料理 | COM(0) | TB(0) |
2005-09-01 (Thu)
今ではすっかり少なくなりましたが、日本にいるときはよく旅行に出かけたものでした。今は、日本里帰りがバカンスになってしまいましたが…ヨーロッパどこも陸続きなので、今住んでいるところからは、ローマに行くよりクロアチアやオーストリアに行く方が断然近いです。で、いまどのくらいの国に行ったのかななんて思っていると、次のような結果が出ました。全部で23カ国。ほとんどヨーロッパですね。ダーリンが好きなキューバや、ブラジル、そして、地の利を活かして東欧にも行ってみたいですね。

worldmap.gif


皆さんも下のサイトで試してみてはいかがですか?

http://www.world66.com/myworld66/visitedCountries
| Viaggio - 旅行 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。