123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-12-20 (Thu)
あと5日でクリスマス。
プレゼントはもう決まりましたか?

さて、毎年恒例、我家でもクリスマスツリーを飾りました。

といっても、ほんと、毎年同じ飾り…
おっしゃれーな物に変えてみたいのですが、なかなか気に入るものが見つからないし、今までの飾りが使われなくなるのももったいないので、いつまでたってもマンネリ・クリスマスツリー。

でも、今年は、ほんのちょっと去年と違います!

albero di natale


ちょっと見にくいかもしれませんが、緑、青、黄、赤の星型ライトが加わりました!
これ、ダーリンが買ってきたもので、私がお風呂に入っている時に、驚かせようと付けていました。

ツリーの下にはクリスマスプレゼント。

といってもたいしたものじゃないのですが…
先日、ダーリンが欲しがっていたDVDを見つけたので購入。
そのまま包装しちゃうとDVDだってばれるから、まずは大き目の箱に入れて、その中にお米数粒も入れてからラッピング。ダーリン、中身が気になって仕方がないみたいで、毎日振っては、何が入っているのか、開けてもいいのか、聞いてきます(笑)

そして我家のもうひとつのクリスマスツリー

albero di natale vetro


ガラスのクリスマスツリー


これ、実は私たちの日本の結婚披露宴での友人への引出物。

いつでも買えると思って自分たちの分は買わずで4年がたって、今年こそはと思ってお店に行くと、もう取り扱ってないって(涙)
でも、わざわざ取り寄せてくれました!

ようやく私たちの元にもやってきた、ガラスのクリスマスツリー。
この時期にだけ出すのがもったいないくらいのお気に入りです。
スポンサーサイト
| Casa - 家 | COM(9) | TB(0) |
2006-04-12 (Wed)
ニコレッタ&ステファノ邸のご案内最終回です。

私のお気に入りの青いバスルーム。
bagno.jpg


bagno2.jpg


ゴージャスな感じですよね。
ただ、この家にはバスタブがない!(結構イタリアでは普通だったりするのですが、日本人としてはバスタブのない冬は非常につらい!)

続いて、この前チラッと見せましたが、キッチン。

DSC02301.jpg


カントリー風でとってもかわいいし、使い勝手も◎



最後にMansarda(屋根裏部屋)。

DSC02300.jpg

今はピアノとソファー(あとエクササイズバイク)があるだけですが、いずれは大スクリーンを置いてオーディオルームにするらしいです。


以上、これなんと、ステファノが作ったんですよ。
本職はダーリンと同じ獣医さん。でも、節約の為(いろいろ苦労があったのです)、妹の彼氏とそのお父さんと3人で協力して家を修復。もちろん以前ご紹介したタイルも全部ステファノが自分で貼ったのです。
今は、3人で工務店を設立して、ベネツィアの家を修復しています。それも完成まであともう少し!
Arsenale近くということですが、どなたか購入希望の方いらっしゃいます?

 皆さんのおかげでじわじわ順位上昇中!
人気ブログランキングへクリックありがとうございました!


 そしてこっちも始めてみました 


| Casa - 家 | COM(9) | TB(0) |
2006-04-04 (Tue)
ちょっとあいてしまいましたが、ニコレッタ&ステファノ邸のご案内の続きです。


DSC02281.jpg


これは玄関入ってすぐのところで、わんちゃん達の寝どころ。
ちなみに赤いクッションはキリンのものですが、メディーがいたくこれを気に入ってしまって、私達の滞在期間中はキリンはこの赤いクッションで寝ることはありませんでした。キリンが座ろうものなら、メディーがキリンを誘い出して、キリンが立った瞬間に、さっと自分が場所を分捕ってしまう。毎回、同じように騙されるキリンもキリンですが...

DSC02282.jpg

こちらはキッチン。おしゃべりが弾みます。
いつも食後最低一時間はみんなでおしゃべり。
今となっては懐かしい思い出です。



DSC02283.jpg

これは2階。玄関から見上げた眺めです。
ゆくゆくはガラスの壁で囲うそうです。そう、高所恐怖症の私としては、2階に上がるのに、ちょっと勇気が要りました。

ceramica.jpg


標題にも書いたとおり、今回のおうち拝見のテーマは、”タイル”
もともと、出来た時にはタイルはなかったのですが、わんちゃん達が壁にもたれたり、壁に沿って歩くたびに、壁が汚れる...その都度塗りなおすわけにもいかないので、そこで、タイルを張ることを提案!
去年のスペイン旅行で、アンダルシア地方を回ったときに、このタイルにめぐり合い、購入、配達してもらったとのことです。
ちょっとアラビアチックで、一風変った家の出来上がり!
さらにこれだと、汚れもさっとふき取れる!
怪我の功名、わんちゃんに感謝と言ったところでしょうかね

一日一回ここをクリック人気blogランキングへ

 そしてこっちも始めてみました 


| Casa - 家 | COM(4) | TB(0) |
2006-03-29 (Wed)
昨日、3度目がありました。
引越しって何度やってもなれるものではないですね…やっぱり疲れました。

今回はアパートが1階(日本でいうところの2階)だったので、その苦労は倍。
私はてっきりクレーンのようなもので二階に上げるのだと思ったら、違っていました。トラックの後ろのドアが左右に開閉するのではなく、上下(1:4)に開閉し、その下の部分がぴったり地面に張り付いたり、またトラックの荷台の高さに上がったりと、まさにエレベーターの役割をするので、それを利用した荷物の積み下ろし。
今から考えると写真をとればよかったと思いましたが、引越しに夢中で忘れていました…

テラスぎりぎりにまで、トラックをつけて、荷台から2階でスタンバイしている人に家具、ダンボールを手際よく引き渡す。ま、原始的なやり方です。
家具も、一旦ばらしているので、窓から入ってきます。冷蔵庫と洗濯機は階段を使っての移動でしたが…

8時に倉庫に集合して、積み下ろしが終わったのはお昼前。お昼休憩をして、全ての作業(ベッドやタンスの組付けなど)が終了したのが3時半。

そして、私たちはそのまま市役所に住居登録に行ったのですが、新人さんが担当だったので、たかが住居変更になんと2時間!私たちもあまりの長さにうんざりだったのですが、彼女の最後の言葉。
お役所仕事ってほんと、いやよね…
そう思うのだったらなぜ変えようと(改善)しないの?と、言いたくなりましたが…

そんなこんなで、アパートに戻ってきたのは、6時前。
8時にはアポイントがあったので、適当に箱を開けただけで、一日の仕事終了。
うーん、まだまだ住める状態じゃないので、やっぱりステファノの家に帰る。

引越しが無事終わったことで、あとは自分達次第。ちょっと気が軽くなりました。

でも、ひとつ気になることが。
それは私の大事な七輪ちゃんが見つからない…
ダーリンと引越しやさんの一人は、前回の引越しで倉庫に入れたところまでは覚えている。でも、見当たらないし、今回は引越しやさんもそれらしきものを見ていないという。ひょっとしたら荷物に埋もれているだけかもしれないけど…

焼肉好きダーリンの為に、2月の帰国で頑張って持ってきたのに…七輪自体にはたいした価値はないけど、私の苦労と労力を返していただきたい!
すっかり春めいた今日この頃、川原で、焼肉をするつもりだったのに…
でも、これがもし倉庫で盗まれたとしたら、何のために盗んだのでしょう…網も、中の丸い石も取り除いた七輪に意味はないのに。
それよりも、これで料理すると言う真意が分かってないだろうに…

あー、一日も早く荷物を全部解いて、私の七輪ちゃんに再会したい!

一日一回ここをクリック人気blogランキングへ

 そしてこっちも始めてみました 


| Casa - 家 | COM(7) | TB(0) |
2006-03-27 (Mon)
本当は、今回は家の中を紹介しようと思っていたのですが、とっても悲しいニュースが...

ひょっとしたら近々ステファノ牧場のニューフェイスをご紹介できるかもと思った矢先の出来事...

それは、金曜日に手術したDAINO(辞書によるとダマジカ。バンビちゃんみたいな鹿です)が死んでしまったのです。

この話、よく事情を聞くと飼い主の無責任さにムカムカしてきます。

そもそも約3週間ほど前に飼い主から電話があって、鹿の様子が約10日ほどおかしいので、往診して欲しいと... 10日間も放っておくなんて!とちょっとピキッ!

そしてニコレッタが往診して、いろいろ指示。しかし、そのあとさらに10日間ほど放置して、病状がもっと悪化してから連絡。
すぐに手術をしないといけない状態で、飼い主は、じゃ、殺してくれとあっさり言う。

我慢できずにニコレッタは、
「自分達で手術をして、私が今後飼います!」
さすがニコレッタ!

翌日開腹手術。中から出てきたのはビニールのカタマリ!
かなり危険な状態だけど、手術は成功。

ただ、あまりにも長い期間放置されていて体もすっかり弱っていたせいもあり、また、おなかの中で草を消化する為の細菌が全て死んでしまっているので、何とか2日持ちこたえたものの、やっぱりだめだったそうです…

あと、一週間早ければ助かっていたのにと、ニコレッタもステファノもやるせない表情。

ダーリンの病院もニコレッタの病院も緊急携帯電話で、24時間のサービスをお客さんに提供しているのですが、よくあるのが、

犬が10日間ほど調子が悪いけど、最後の最後までアクションを起こさない飼い主さん
とか、
治療中の猫ちゃんで、えさをあげてはいけないとか、このお薬をあげるように診断しても、結局飼い主の都合でそれを守らなくって、病状を悪化させてしまう飼い主さんがよくいます。

自分の体じゃないから、動物が苦しんでいても平気なのでしょうか…

一匹でも多くの動物が、心有る人に飼われますように…

人気blogランキングへ

そしてこちらも始めました!


| Casa - 家 | COM(5) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。