123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-10 (Tue)
2009年10月23日午前6時過ぎ、サルミーが息を引き取りました。

6時くらいに、ヒーヒーヒーという鳴き声が聞こえ、一瞬、鳥の鳴き声かなと思ったりもしたのですが、ダーリンがガバッと飛び起きて寝室を出て行きました。私も、ダーリンが動いた事から、あの鳴き声はサルミーかもと思い、後を追うと、ダーリンの腕のなかでぐったりしているサルミーの姿が目に入ったのでした。
そして、そのままダーリンの腕の中で、永遠の眠りについてしまったのでした。
2歳にもならなかったのに。。。

前日は、ちょっと隠れ気味かなとは思ってはいたけど、普通に食欲もあったし、ダーリンが4時くらいにお水を飲みにキッチンに行ったときには、ガリガリ干草を食べていたし、本当に何の予兆もない突然の死。
解剖しようかとダーリンは言ったけど、はっきりした死因が分かったところで、サルミーが戻ってくるわけでもないし。多分、心臓麻痺ではないかとのこと。少なくとも苦しまなかったのが救いです。

怒った時にフッ、フッ、フッと言うことはあったけど、本当に鳴いたことはなくって、サルミーの声を聞いたのは最初で最後。
最後の力を振り絞って私達を呼んでくれたのかな?
最後にもう一度私達の顔を見たいと思ってくれたのかな?
なんて、ダーリンと言ってます。

サルミーの死から20日近くになりますが、サルミーの抜けた穴は思ったよりも大きく、未だにダーリンと二人、サルミーの姿を探してしまう。
朝ごはんの時、ダーリンもキリンも夢の中のところ、私の足元で朝ごはんのお付き合いをしてくれたり、晩ご飯の時には、ソファーの背もたれのところでダーリンからのパンや野菜を待ったり、キリンとおこぼれ争奪戦をしたり。どこもかしこもサルミーの思い出でいっぱい。

でも、泣いてばかりもいられないし、今はサルミーと一緒に過ごした日々を忘れずに前進しないとね。

サルミー、この一年半、安らぎと笑いをありがとう。
サルミーの存在に本当に癒されたよ。
サルミーに出会えてよかった。
まだまだ先のことになるけど、虹の橋で待っててね。

SALIMI LAST
スポンサーサイト
| サルミー | COM(20) | TB(0) |
2009-10-06 (Tue)
皆さんは、イタリアでネットショッピングしてますか?
私は、先日初めてイタリアでネットショッピングを経験しました。

普段はネットショッピングに対して興味はないのですが、ずっと気になっていた商品が半額だっただけに、思い切って購入を決意。
ドキドキしながら待つと、予定より2日遅れで届いたのでした。


le creuset


これを使って何を作ろうか、妄想はどんどん膨らみます。

同じく、ダーリンも芸術家として、どんどん妄想が膨らんでいきます。


いろいろ構想を練って、モデルにもちゃんと指示をして、完成した作品はこれ!















salmilecreuset.jpg


サルミー IN ル・クルーゼ!!!

大作を完成させたダーリンは満足そうな顔をしていたのでした。
そして、いつも写真撮影になるとじっとしないサルミーなのに、今回だけはしっかりモデル気取りなのでした。。。
| サルミー | COM(14) | TB(0) |
2009-06-26 (Fri)
まだまだ続くサルミーねた。

さて、元気になったサルミー。
でも、病気の後遺症が残ってしまいました
それは精神的なもの。
多分、ダーリンと私が羽交い絞めにしながら、無理やりお薬をあげたり、注射をしたりがトラウマになったのか、今までのような人懐っこさがなくなってしまった。。。
今までは、食事中、私のひざにポンっと飛び乗ってきたり、「サルミー」って呼ぶと必ずどこにいても出てきていたのに、もうね、隠れたまま出て来なくなってしまった。ま、大体隠れ場所は分かるからいいんだけどね。

あと、おトイレがなぜかソファーになってるし。。。
あ、ちゃんと、おねしょシートをソファーに敷き詰めていますよ!
ゲージから出してあげると、真っ先に何か食べ物を探しに行って、そのあと、ソファーに上がって、半日分の用足し。で、そのあと自分のゲージの中のトイレでは気持程度しかしない。。。
なんなんでしょうね、これ???自分の家はピカピカ、外ではゴミのポイ捨て平気なイタリア人になってしまったのか???

それと、キリンとも遊ばなくなってしまったし。。。
そうそう、キリンは、普段は、サルミーにちょっかいを掛けたり、サルミーのゲージを開けるように訴えかけてくるのに、サルミーの不調を感じたのでしょうか、サルミーが不調の時、全くサルミーに触ろうとしなかったんですよ!
で、元気になったら、またいつもどおり、サルミーを追いかけたりしてますが、サルミーがキリンのこと避けてしまっています。

あ~、昔のサルミーに戻ることはあるのでしょうか???
| サルミー | COM(10) | TB(0) |
2009-06-22 (Mon)
復活宣言で触れたサルミーのことに関してのお話です。


SALMIGIU09.jpg


今から1ヶ月ほどまえ、サルミーに異変が起こったのでした。
朝起きると、「出してくれぇ」と言わんばかりにガシガシゲージをゆするサルミーが、ゲージのなかでおとなしくしている。干草もそれほど食べていないし…

ダーリンに言うと、「あ~、きっと急に暑くなってびっくりしてるんだよ」なんてのんきな返事。

でも、母の目はごまかせない。
そのうち、だんだん、大好きだったニンジンもちょっとかじっただけで、見向きもしなくなったし、ぐったりと横たわることが多くなって…

ようやくダーリンも暑さのせいじゃないとわかって、レントゲンを撮ることに。
すると、胃の中になにやら塊発見!
ネコだと毛づくろいのあと、吐き出すことができるけど、ウサギは吐く事ができないので、そのままおなかの中にたまっちゃったようです。
それからは、連日、注射にお薬。クスリも注射器に入れて、口をこじ開けて無理やり注入。消化をたすけるということで、おろしたパイナップルも無理やり注入。
サルミーを羽交い絞めにしての作業。かなり怒っていたけど、これもサルミーの体のためと思って心を鬼にして臨みました。
それでも様態はよくならず。。。
もう一度レントゲンをしてみて、塊が動いていなければ、すぐにおなかを開けて手術。体力がまだ少しでもあるその時じゃないと、手術には耐えられない、例え体力があっても、デリケートな生き物だから、生き延びる可能性は非常に低い…覚悟しておくように…ダーリンはそんな風に言ったのでした。
朝、家を出る前に、最後になるかもしれないなんて思いながら、サルミーをぎゅっと抱きしめたのでした…

お昼くらいにダーリンから電話が!
「サルミー、手術しなくってよくなったよ!塊が動いたんだ!まだまだ油断できないけど、多分大丈夫だよ!」

それからも、注射にお薬にパイナップルをガンガンサルミーに与え続け、今では食欲も戻り、も普通になりました。

ウサギの寿命は10年、キリンは多分16年くらい、かなり高い確率で私たちよりも早く死を迎えます。
まだまだ先なんて思っていた動物たちの死が、これほど近く感じたことはありません。
でも、確実にいつか来る日。
その日まで一緒に過ごせる日を大切に、もしその日が来たとしても(きっと一杯泣くだろうけど)、「キリンもサルミーも充実した幸せな犬生、兎生を生きたよね」って、ダーリンと言い合えるようでありたいです。そして、きっとまた虹の橋で会えるよねって。。。

(以前、コメントをくださった方のブログです。
これを読むと涙が止まらないのですが。。。)
http://bluebear.exblog.jp/1546339/
| サルミー | COM(14) | TB(0) |
2008-09-03 (Wed)
朝夕めっきり涼しくなってきたヴェネツィア地方。
おかげでたっぷり眠れます。

でも、朝になるとガシガシ檻を揺さぶる音が...

そう、サルミーが「出してくれー」と催促するのです。

salmi sep2008

すごいですよ。ゲージの中を飛び回って、柵をつかんで、そして口で揺さぶるのです。
リビングにおいているのですが、寝室まで聞こえてくらい激しい。
ゲージのオレンジの柵がはげているの分かります?

そして出してあげると、一目散にキッチンマットの方に走り出し、何か落ちてないかチェック。
何もないのが分かると、私の後追いを始めます。
キッチンとバスルームを行ったりきたりする私の後をついて、サルミーも行ったり来たり。
お化粧をしていると、バスルームのマットの上にちょこんと座って待ってるし(笑)
たまに先回りされて、足元を確認していないときなんか、さすがにふみはしないけど、蹴っ飛ばしてサルミーも数メートル床を滑っていったり(笑)
それでもめげずに後追いする。
ウサギって臆病じゃなかったんだっけ???

あまりにも邪魔なので、最後はニンジンをあげておとなしく。

salmi2 sep2008

バタバタ忙しい朝だけど、なんだか穏やかな気持になるのです。
| サルミー | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。